三重県の南部、尾鷲市にあるカフェ、scale-158での日常をお伝えします
by scale-158
カテゴリ
全体
cafe
sweets
cold sweets
cookies
pasta
drink
flower&plant
food
bread
zakka
events
art & design
photo
other works
owase
ippin muse
ukulele club『Pu-ca』
未分類
PROFILE
cafe Scale

開業:2002年2月
形態:カフェ

営業時間 8:00〜19:00
定休日 水・木曜日
住所 三重県尾鷲市宮の上5-11
電話  0597−22−5258

掲載写真の無断使用はお断りします。
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
お気に入りブログ
青空藝術計画
うちの食卓 Non so...
ビバ!ゆるゆる生活
函箱ブログ
隠れ屋アロマサロンHAS...
ことりんご
へうげもの offici...
ロマン座シネマ倶楽部
色ではなく寸法です
Transparent
日菓のあれこれ
ようこそ尾鷲市国際交流協会へ
珈琲日和
シャッター切るのが楽しくて!!
coupe-feti
- PHOTO-SW!T...
Bokuのtempo l...
猫曜日。
東紀州コミュニティデザイ...
海山の材木屋さん
ずいぶん いいもの みつけたね
デザインのひきだし・制作日記
小石原さんの金継ぎ 繕い...
“しりトリオ”のしりとり...
尾鷲子育て情報局
Boku の monol...
映画『ひかりのおと』ブログ
最新のコメント
久し振りに拝見させて頂き..
by omura at 09:34
お疲れ様です。 確かに..
by omura at 18:18
muraさん、お越し頂き..
by scale-158 at 11:11
久しぶりの休日となったよ..
by omura at 17:46
omuraさん ありがと..
by scale-158 at 23:44
大地の揺れる感覚は何とも..
by omura at 11:57
とてもアクティブな方です..
by omura at 23:25
おむらさん。コメントあり..
by scale-158 at 12:23
もう少し暖かくなったら尾..
by omura at 17:42
SAKUさん 私がこの..
by scale-158 at 11:15
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
塩をもうひとふり
今日の尾鷲地方は雨。
多分、今日一日はこんな感じかな…。


先日、京都に行った時に[京都シネマ]という映画館で、[マザーウォーター]という映画を見ました。

出演は[小林聡美][もたいまさこ][市川実日子][小泉今日子][加瀬亮][光石研][永山絢斗]。([永山絢斗]という俳優、『[瑛太]に似てるな〜』って思っていたら、[瑛太]の弟でした。そりゃ似てるわけだ)

出演者を見てもわかる通り「あの辺」の「まったり系」映画です。


そうです。あれです。
[かもめ食堂]とか[めがね]とか[プール]とか、あの辺のキャストの映画の第4段です。


映画の舞台は京都。
見覚えのある風景が映画に出て来るというのはいいですね。


京都が舞台の映画を京都で見る。
なかなか良かったです(内容も良かったです)


[小林聡美]は「ウイスキーしか置いていないバー」の店主の役。
あのバー、現実にあったら行ってみたいです。

[小泉今日子]は「コーヒー店」の店主の役。
どうしても私は職業柄この役に感情移入して見てしまいます。

[市川実日子]は「お豆腐屋」さん。
最近、[市川実日子]が大好きです。

[加瀬亮]は、修理も行う「家具職人」。
バーでウイスキーの飲む姿がカッコイイ。希有な役者ですね。



ストーリーは、まあ、「あってないようなもの」ですが、このスタッフとキャストの映画は不思議なもので「それでも見れてしまう」というところなんですよね。

でもしかしやはり1作目の[かもめ食堂]を越えるものはないですね。
[かもめ食堂]は奇跡のような映画です。

実は開店記念日の2月22日には毎年[かもめ食堂]を夜になったらカフェでこっそり上映して(プロジェターで壁に投影するだけだけど)見る、というのがここ数年の私の恒例儀式です。

[かもめ食堂]はこの仕事をする人にとっては、年に1回は見ておかないといけない映画だと私は思います。



ところで、この映画(マザーウォーター)は上の4人の男女の間を、[もたいまさこ]と1歳くらいの男の子が渡り歩いて映画が進んでいくのですが、どうしても私はその1歳くらいの男の子(役名は「ポプラ」)に甥っ子を重ねてしまって、ニヤニヤしていました。


なんとゆーか、タイミングというか、見た場所というか。
そういう要素も加わって個人的には大変楽しめた映画でした。


ご近所で上映がある方はぜひ、ご覧下さい。



映画は夜遅くの上映だったのですが、カツカツのスケジュールで映画館に飛び込んだので食事をしてませんでした。
映画が終わる頃にはお腹ペコペコ。
(上映中に何度お腹が鳴ったことか…)

幸い、[京都シネマ]が入っている[cocon烏丸]は夜遅くまでパスタが食べられるお店が入っているので、上映後、すぐにそのお店に飛び込んだのは言うまでもありません。

近くに「ウイスキーが飲める店」があったらそのままハシゴしていたかもしれません。
(おとなしくホテルに引き上げましたが)



さて、今日ご紹介はパスタです。

写真は[天然真鯛のペペロンチーノ]です。


c0092610_12553427.jpg




鯛、という食材は現在尾鷲では「地元食材」としてPRしています。
(尾鷲では鯛の養殖が盛んなので)

市としては、[鯛カレー]というメニューを発案して尾鷲のお店で売り出そうとしていますが、私個人としては(これは批判ではありませんが)、カレーというメニューで鯛の良さを引き出せるかどうか、ということに関してはちょっと疑問が残ります。

むしろカレーという個性の強いスパイスによって淡白な味の鯛の魅力が打ち消されるのではないかと思います。

もう少し、軽く火を通しただけででその味の良さを引き出せると良いのですが…


と、いうわけで、軽くオリーブオイルで火を通して、ペペロンチーノと合わせました。

前回も[カラズミのペペロンチーノ]を作りましたが、こういう感じで地元食材を使っていきたいと思ってはいるのですが、なにぶんコストが、ね。


ところで(まだ続くのか)、[ペペロンチーノ]で意外に難しいのが「塩加減」。
特に具材に鯛などの淡白な味のものを合わせる場合、少し強めに塩を使いたいところです。

「あともうひとふりの塩」。これがまた意外に難しいものだったり、意外に勇気が要るものだったりするのです。
[PR]
by scale-158 | 2010-11-22 14:04 | pasta | Comments(2)
Commented by yukie5e at 2010-11-25 13:02
カラスミも鯛もだぁーい好物です。
いつかなんとか尾鷲に遊びにいかなくてはー!
Commented by scale-158 at 2010-11-26 08:13
yukieさん
じゃあ来年のお歳暮は『カラスミ』を(マジか!?)
<< (有機的に)繋がっていけ お菓子が充実 >>