三重県の南部、尾鷲市にあるカフェ、scale-158での日常をお伝えします
by scale-158
カテゴリ
全体
cafe
sweets
cold sweets
cookies
pasta
drink
flower&plant
food
bread
zakka
events
art & design
photo
other works
owase
ippin muse
ukulele club『Pu-ca』
未分類
PROFILE
cafe Scale

開業:2002年2月
形態:カフェ

営業時間 8:00〜19:00
定休日 水・木曜日
住所 三重県尾鷲市宮の上5-11
電話  0597−22−5258

掲載写真の無断使用はお断りします。
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
お気に入りブログ
青空藝術計画
うちの食卓 Non so...
ビバ!ゆるゆる生活
函箱ブログ
隠れ屋アロマサロンHAS...
ことりんご
へうげもの offici...
ロマン座シネマ倶楽部
色ではなく寸法です
Transparent
日菓のあれこれ
ようこそ尾鷲市国際交流協会へ
珈琲日和
シャッター切るのが楽しくて!!
coupe-feti
- PHOTO-SW!T...
Bokuのtempo l...
猫曜日。
東紀州コミュニティデザイ...
海山の材木屋さん
ずいぶん いいもの みつけたね
デザインのひきだし・制作日記
小石原さんの金継ぎ 繕い...
“しりトリオ”のしりとり...
尾鷲子育て情報局
Boku の monol...
映画『ひかりのおと』ブログ
最新のコメント
久し振りに拝見させて頂き..
by omura at 09:34
お疲れ様です。 確かに..
by omura at 18:18
muraさん、お越し頂き..
by scale-158 at 11:11
久しぶりの休日となったよ..
by omura at 17:46
omuraさん ありがと..
by scale-158 at 23:44
大地の揺れる感覚は何とも..
by omura at 11:57
とてもアクティブな方です..
by omura at 23:25
おむらさん。コメントあり..
by scale-158 at 12:23
もう少し暖かくなったら尾..
by omura at 17:42
SAKUさん 私がこの..
by scale-158 at 11:15
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2017年 04月 05日 ( 1 )
本日、4月5日は定休日です

○朝のごあいさつ


今日の尾鷲地方はくもり。


毎週水曜日と木曜日は定休日です。
よろしくお願いいたします。



○渥美幸裕〜Japanese Guitar Song Book Release LIVE〜 in cafe Scale


4月19日(水)、『渥美幸裕』さんのギターライブがカフェスケールにて行われます。

下記のお知らせにも詳しく告知させていただいてますが、30名ほどのキャパシティしかございませんので、予め電話予約をいただくと、確実にお席を用意させていただきます。

電話:0597-22-5258

You Tubeで色々と動画が観れます。
気になった方はぜひ、生でその演奏を聞いてください!
















『日本におけるインスタレーションの原点』


この仕事を始めた2002年以降で、もっとも影響を受けた漫画作品のひとつに『へうげもの』という漫画があります。

『へうげもの』(読み方は『ひょうげもの』)は、戦国時代の戦国武将、『古田織部』が主人公の漫画です。

古田織部というと一般的には『戦国武将』、『武』、というイメージよりも、『茶人』、『美』というイメージを持っている人のほうが多いと思います。

『へうげもの』は、戦国時代において『武に生きるか、美に生きるか』で苦悩する、戦国武将&茶人の古田織部のユニークな人生を描き出しています。

古田織部の師匠は千利休。
みなさんは『千利休』と聞いてまず思い浮かぶのは『茶道』という言葉じゃないでしょうか。

しかし、この『へうげもの』に活写されている千利休や古田織部の姿は、我々がイメージするいわゆる『茶道』とは、ちょっと様子が違うことがわかります。

『茶道』とは厳密には、千利休が言い出したものではなく、千利休の時代には単に『茶の湯』といわれていました。
千利休の時代(戦国時代)よりも後の時代(江戸時代初期)に、『茶の湯』に教科的要素を持たせようと、教育的な概念が持ち込まれて出来上がったのがいわゆる『茶道』であると言ってもいいのではないかと思います。

かつて岡倉天心が書いた『茶の本』では、茶道は儒教や禅の要素が取り込まれていると海外に紹介されましたが、『へうげもの』を読んでいると、当時の『茶の湯』には、あんまりそういう要素は観られないような気がしてしまいます。

千利休は、その時代においての主流である、『大きい』『広い』『高い』『明るい』『新しい』『贅沢』『豪華』『派手』なものこそ価値がある、という価値観を否定し、自らの価値観である『小さい』『狭い』『低い』『暗い』『古い』『質素』『地味』なものに美を見出し、それを広めようとしたことがわかります。

一方で、弟子の古田織部には、彼の天性のユニークさを見抜き、自分と同じ道をなぞり、同じ価値観で自分の美を見出すのではなく、今までにない新しい価値観をもって自分の美を見出せと諭します。

古田織部は師匠の目指した『わびさび』を理解した上で、自分の価値観である『ひょうげ』を広めようと奮闘します。

漫画を読んでいてふと思ったのが、『茶の湯とはインスタレーションではないのか』ということです。
(その中で古田織部がやろうとしていたのは『一発ギャグ』だと個人的には理解しているのですが…←あくまで『へうげもの』の古田織部の話です)

徳に古田織部の茶の湯は、今でいうところのインスタレーションアートとしての楽しみ方に溢れた創意をしているように思えます。

Wikipediaで古田織部の頁を開いてみると、そこに

織部について加藤唐九郎は「利休は自然の中から美を見いだした人だが作り出した人ではない。織部は美を作り出した人で、芸術としての陶器は織部から始まっている」と述べた。司馬遼太郎は「おそらく世界の造形芸術史のなかで、こんにちでいう前衛精神をもった最初の人物ではないかとおもう」とその芸術志向を評している

と書かれています。

司馬の言う通り、古田織部は茶の湯を通して前衛的な芸術活動を行っていた、という理解で漫画を読んでみると、なるほどそういうことか、と思うことがたくさんあります。

古田織部が『アーティスト』『アートディレクター』であるなら、その一方で師匠の千利休は『デザイナー』『デザインプロデューサー』なのではないかと思うようになりました。

古田織部が最初の前衛精神の持ち主なら、千利休は最初のデザイン精神の持ち主なのではないか、と……

そういうことを頭にいれながら、例えば茶の湯とか、もてなしとか、カフェとか、アートとか、デザインとかを見てみると、その歴史や価値観の変遷や、または、『系統』とか『系譜』のようなものが見えてくるような気がして、それがとても面白くて、もっと『そのあたりのこと』を知りたい、という欲求が生まれてきました。

そのことに端を発し、『古美術とは何か』とか『骨董とは何か』とか、アノニマスデザインや日用品のデザインに興味を持つようになり、一時期、その辺りの本を取り寄せ、1週間で何冊もむさぼるように読んでいた時期がありました。

さて、なんで、こんな話を書いているかと言うと、先日から書いているNさんのことに繋がるからです。

Nさんの担当教授は『生活工芸』という分野について本を書かれています。
(生活工芸という分野についてはまた改めて書いてみたいと思います。)

私はその担当教授が書かれた生活工芸に関する本を偶然持っていたので(本を取り寄せ、むさぼるように読んでいた時期に買った本の一つです)、もしかしたら、Nさんは『芸術×人類学』という分野以外にも『アートとデザイン』『クラフトとプロダクト』『民藝と民芸品』『工芸と工業品』などのマッピングにも詳しいのではないかと思い、その辺も色々と聞いてみました。

その辺に関しては私の考えをフォロー(補足)してくれるくらいやはり詳しかったですし、この分野に関して肯定的に考察を聞いてくれる人がそもそも少ないので、個人的には「面白いことを考えてますね」と言ってくれただけで嬉しかったです。


Nさんが来てくれた日は、ウクレレクラブの自主練習の日でしたが、ちょっと時間をいただき、Nさんに尾鷲での『漂着物』に関するフィールドワークがどんな感じだったかとか、スケッチや様々な記録を見せて頂いたり、フィールドワークの簡単なエピソードを話てもらったりしました。



c0092610_10221090.jpg

c0092610_10221780.jpg


『芸術×人類学』とか、民俗学とか、人文学とか、そういうことに少しでも興味を持ってもらえたら、と思ったのですが、どうだったのでしょうか…

とりあえず、『人文学カフェ』の第1回としてはとても面白いことができたように思いました。


NさんのHPです↓



Nさん、どうもありがとうございました。










【カフェスケールからのお知らせ】


○ライブのお知らせ


昨年の『日和祭』にライブで登場していただいたCTH(Conguero Tres Hoofers)。
ギター、パーカッション、タップダンスという個性的な構成のユニットで、『日和祭』を大いに盛り上げてくれました。『日和祭』でCTHのライブを観て、CTHのファンになった人、多いと思います(私もその一人です)

そのCTHのギタリスト、渥美幸裕さん、ソロアルバムがリリースされました。

ソロアルバムリリース記念として、リリースライブツアーが組まれています。

そのライブツアーの会場の一つに、尾鷲市はカフェスケールが会場となっております。




c0092610_08441892.jpg

c0092610_08444472.jpg




東紀州は4月19日から始まりますが、カフェスケールが最初の会場となっております。

4月19日(水) カフェスケール 尾鷲市
4月20日(木) サンサロカフェ 新宮市
4月21日(金) 木花堂 熊野市
4月22日(土) 大泰寺 勝浦町
4月23日(日) わかやまマジカルミュージックツアー 和歌山市


カフェスケールでのライブの詳細は以下の通りです。

日時:2017年4月19日(水) 18:00開場、19:00開演    
会場:カフェスケール 三重県尾鷲市宮ノ上町5-11  
料金:投げ銭
予約連絡先:0597-22-5258

です。
料金はいわゆる『お気持ち料金』となります。
ドリンクを注文の際は、別途ドリンク代がかかります。

カフェスケールでの今回ライブは、入場制限30人となっております。
予めの予約をおすすめいたします。





○cafe scale レンタサイクル

カフェスケールではレンタサイクルをしています。

c0092610_14221319.jpg




料金は一日800円です。カフェご利用の方には割引もあります。
手荷物をカフェで預かることもできます。
車でお越しでレンタサイクルのご利用の方には、そのままカフェスケールの駐車場に車を駐車したままでご利用できます。

カフェスケールでは自転車で回れる『尾鷲グルっと自転車マップ』を配布しております。
合わせてご利用ください。


c0092610_14215843.jpg





c0092610_14214636.jpg








○ウクレレクラブ『Pu-ca』(プーカ)、メンバー募集中



c0092610_14212057.png






カフェスケールでは、趣味で弾くウクレレクラブ『Pu-ca』の活動を行っております。
活動、と言っても毎週1回、金曜日の夜にカフェにウクレレを持ち寄って練習をするだけのクラブです。
お茶を飲みながら、ゆっくりとウクレレの練習をしています。参加費などは無料です。お気軽にご参加ください。

2ヶ月に1回、プロの講師の方をお招きしてグループレッスンも行っております。
こちらはワンドリンク付きの有料レッスンとなっております。

たのしいグループレッスンです。見学だけでもけっこうですので興味ある方はぜひ来店ください。


c0092610_14284289.jpg



↑グループレッスンの様子



 〜ウクレレ自主練習〜
  日時:毎週金曜日 19:00〜
  会場:cafe scale
  料金:参加費は無料。但しドリンクを注文する場合はドリンク代がかかります。
  内容:各自ウクレレを持ち込んでの自主練習。
  備考:貸し出し用のウクレレあります

[PR]
by scale-158 | 2017-04-05 10:35 | Comments(0)