三重県の南部、尾鷲市にあるカフェ、scale-158での日常をお伝えします
by scale-158
カテゴリ
全体
cafe
sweets
cold sweets
cookies
pasta
drink
flower&plant
food
bread
zakka
events
art & design
photo
other works
owase
ippin muse
ukulele club『Pu-ca』
未分類
PROFILE
cafe Scale

開業:2002年2月
形態:カフェ

営業時間 8:00〜19:00
定休日 水・木曜日
住所 三重県尾鷲市宮の上5-11
電話  0597−22−5258

掲載写真の無断使用はお断りします。
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
お気に入りブログ
青空藝術計画
うちの食卓 Non so...
ビバ!ゆるゆる生活
函箱ブログ
隠れ屋アロマサロンHAS...
ことりんご
へうげもの offici...
ロマン座シネマ倶楽部
色ではなく寸法です
Transparent
日菓のあれこれ
ようこそ尾鷲市国際交流協会へ
珈琲日和
シャッター切るのが楽しくて!!
coupe-feti
- PHOTO-SW!T...
Bokuのtempo l...
猫曜日。
東紀州コミュニティデザイ...
海山の材木屋さん
ずいぶん いいもの みつけたね
デザインのひきだし・制作日記
小石原さんの金継ぎ 繕い...
“しりトリオ”のしりとり...
尾鷲子育て情報局
Boku の monol...
映画『ひかりのおと』ブログ
最新のコメント
久し振りに拝見させて頂き..
by omura at 09:34
お疲れ様です。 確かに..
by omura at 18:18
muraさん、お越し頂き..
by scale-158 at 11:11
久しぶりの休日となったよ..
by omura at 17:46
omuraさん ありがと..
by scale-158 at 23:44
大地の揺れる感覚は何とも..
by omura at 11:57
とてもアクティブな方です..
by omura at 23:25
おむらさん。コメントあり..
by scale-158 at 12:23
もう少し暖かくなったら尾..
by omura at 17:42
SAKUさん 私がこの..
by scale-158 at 11:15
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2017年 04月 13日 ( 1 )
本日は定休日です。
○朝のごあいさつ

おはようございます。
毎週水曜日と曜日は定休日です。

よろしくお願いいたします。


さて、いくつかお知らせがあります。



○『popcorn theater』にマイクロシアターとして登録しました。

『popcorn theater』にマイクロシアターとして、cafe Scaleが登録されました。


以前からこのブログでも度々書いてきましたが、『popcorn theater』を利用する事で、それまでは難しかった少キャパシティの空間でも映画の自主上映が可能となります。
(詳しくは『popcorn theater』のHPで確認して下さい)

HPの『こんな場所がシアターに』の『カフェ』をクリックしていただくと、『cafe Scale』を確認していただけると思います。

カフェスケールでも、今後、映画の自主上映を企画していきます。

ぜひ、みなさんも、『popcorn theater』に会員登録していただき、『cafe Scale』のメンバーになっていただき、今後の上映のスケジュールなどをチェックしてください。

第1回上映は、近々企画します。




○『ステキフェス presents Weekend Shuffle vol.4 〜cafe scale 15th anniversary special〜』



c0092610_07594107.jpg


日時:2017年4月15日(土)  19:30スタート
会場:カフェスケール(尾鷲市宮ノ上町5-11)
出演DJ:RYOTA,、北野工作員、ケイイチロウ スペシャルゲストDJ Nozomu Kitazawa
料金:1,000円(ワンドンク付き)

カフェスケール15周年記念イベントのひとつです。
DJイベント。スケールにしては珍しくお酒もメニューにのぼります!



○『渥美幸裕〜〜Japanese Guitar Song Book Release LIVE in cafe Scale〜』


昨年の『日和祭』にライブで登場していただいたCTH(Conguero Tres Hoofers)。
ギター、パーカッション、タップダンスという個性的な構成のユニットで、『日和祭』を大いに盛り上げてくれました。『日和祭』でCTHのライブを観て、CTHのファンになった人、多いと思います(私もその一人です)

そのCTHのギタリスト、渥美幸裕さん、ソロアルバムがリリースされました。

ソロアルバムリリース記念として、リリースライブツアーが組まれています。

そのライブツアーの会場の一つに、尾鷲市はカフェスケールが会場となっております。




c0092610_08441892.jpg

c0092610_08444472.jpg




東紀州は4月19日から始まりますが、カフェスケールが最初の会場となっております。

4月19日(水) カフェスケール 尾鷲市
4月20日(木) サンサロカフェ 新宮市
4月21日(金) 木花堂 熊野市
4月22日(土) 大泰寺 勝浦町
4月23日(日) わかやまマジカルミュージックツアー 和歌山市


カフェスケールでのライブの詳細は以下の通りです。

日時:2017年4月19日(水) 18:00開場、19:00開演    
会場:カフェスケール 三重県尾鷲市宮ノ上町5-11  
料金:投げ銭
予約連絡先:0597-22-5258

です。
料金はいわゆる『お気持ち料金』となります。
ドリンクを注文の際は、別途ドリンク代がかかります。

カフェスケールでの今回ライブは、入場制限30人となっております。
予めの予約をおすすめいたします。






『黒磯へ、5』


先日から黒磯へ行ってきた日記を書いていますが(と、言っても宿泊した『chus』のことしか書いてませんが…)、なぜ、黒磯に行ってきたか、カフェ好きの方にはすぐにピンときたと思います。

はい。『cafe SHOZO』に行ってきました。

『cafe SHOZO』のことを説明する前に…

奈良県に『くるみの木』というカフェがあります。
カフェ好きの間では有名なお店ですよね。
私も行ったことがあります。

『くるみの木』の何がすごいって、今でも人気のコンセプトをすでに30年以上前から確立していたことです。(30年前から今のように人気があったわけではないことは、『くるみの木』のオーナーが自身の著書で書かれている事です)

手作りとか、オーガニックとか、ナチュラルとか……『スローライフ』とか『スローフード』とか『ロハス』とか、まだそんな言葉や価値観がなかった時代。
今では当たり前になっている『カフェ』と『雑貨屋』の併設が認知されていなかった時代。
『アノニマス』という価値観がなかった時代。

高度経済成長からバブル時代へ向け、人口も経済も衰え知らずの日本。
拡大しつづける日本。
大きく、派手で、ブランド志向だった時代。

そんな時代において、自分の価値観を守り続け、自分の好きを貫いた『くるみの木』のオーナー。

そんな『くるみの木』は、2000年前後におこった『カフェブーム』の、違った角度で再評価を得たのではないかと思います。

今でもこそ評価の高いその審美眼や価値観ですが、始めた当初は周囲に理解されなかったということをオーナーである石村さんの著書にて知りました。

価値観とは『ある』ものではなく『育てる』ものであり、長い時間を経て根付かせるものである、と。

そんな『くるみの木』は今や、カフェだけでなく、レストラン、雑貨屋、宿泊、オンラインストアなど、様々な展開をみせています。

それが元々は一人の主婦だった人が成し得たということが、世の女性が共感を得て、憧れているところだと思います。
(あるいはビジネスモデルとしている人もいると思います)

『くるみの木』の石村さんがなし得た様々なことは、奈良にたくさんの人を呼び寄せる結果となっています。


さて、西が『くるみの木』なら、東は『cafe SHOZO』かな、と私は思います。
(やっと本題に戻ってきました…)

『くるみの木』は奈良県、ということで行ける距離ということで行ったことがありますが、『cafe SHOZO』は栃木県、ということで、なかなか行く機会に恵まれませんでした。

本当ならこの仕事を初めてすぐに行くべきだったのかもしれませんが、このタイミングになってしまいました…。
(しかし、『chus』がオープンしたのが3年前、ということを考えると、3年前以前に行ってたら『chus』に泊まれませんでした)


『cafe SHOZO』は雑誌でも度々取り上げられるのでよく記事は読んでいました。

『cafe SHOZO』は30年ほど前、菊地省三さんが始めたカフェ。
アパートを改装してできたカフェだそうです。
(確かにその名残はありました)

部屋の一室に焙煎機が置いてあり、建物全体がコーヒーのいい香りに包まれていました。

雑誌でも時々インタビューをお見かけする菊地省三さん。
若い時分に世界中を旅し、色々な『いいもの』に触れたそうです。
そういう『いいもの』を旅を通してインプットした彼は、自分が生まれ育った町にもそういう『いいもの』があるといいなあ、と思い、自分が得て来た『いいもの』の価値観を黒磯でアウトプットさせました。

カフェだけでなく、空き家を改装した服屋さん、雑貨屋さん、アンティークの家具屋さん、古本屋さんが開店していました。

c0092610_21550758.jpg

cafe SHOZO

c0092610_21551850.jpg
cafe SHOZO

c0092610_21553811.jpg
cafe SHOZO


c0092610_21555055.jpg

cafe SHOZO
c0092610_21560468.jpg
cafe SHOZO


c0092610_21561198.jpg

『SHOZO ROOMS』アンティークの家具屋さん。

c0092610_21565372.jpg
古本屋さん

c0092610_21565968.jpg

c0092610_21571028.jpg

c0092610_21571790.jpg

c0092610_21573526.jpg

c0092610_21574373.jpg

c0092610_21575512.jpg

c0092610_21581083.jpg

c0092610_21581886.jpg



黒磯の町を歩いていただけでも、色々な空き家が次々と違うお店へと姿を変えていました。
それらの全てが菊地省三さんの手によるものではありません。
たぶん、2000年以降、インデペンデントで、『何かしたい』という思いを持つ人が『ここならできるかもしれない』ということで黒磯で集まり、実践しているのかもしれません。

私が宿泊した『chus』、たぶん、『黒磯で、ゲストハウスのような感じで泊まれたらいいね』とう発送で始まったんじゃないかなあ、と思います。

つづきます。


[PR]
by scale-158 | 2017-04-13 08:47 | Comments(0)