三重県の南部、尾鷲市にあるカフェ、scale-158での日常をお伝えします
by scale-158
カテゴリ
全体
cafe
sweets
cold sweets
cookies
pasta
drink
flower&plant
food
bread
zakka
events
art & design
photo
other works
owase
ippin muse
ukulele club『Pu-ca』
未分類
PROFILE
cafe Scale

開業:2002年2月
形態:カフェ

営業時間 8:00〜19:00
定休日 水・木曜日
住所 三重県尾鷲市宮の上5-11
電話  0597−22−5258

掲載写真の無断使用はお断りします。
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
お気に入りブログ
青空藝術計画
うちの食卓 Non so...
ビバ!ゆるゆる生活
函箱ブログ
隠れ屋アロマサロンHAS...
ことりんご
へうげもの offici...
ロマン座シネマ倶楽部
色ではなく寸法です
Transparent
日菓のあれこれ
ようこそ尾鷲市国際交流協会へ
珈琲日和
シャッター切るのが楽しくて!!
coupe-feti
- PHOTO-SW!T...
Bokuのtempo l...
猫曜日。
東紀州コミュニティデザイ...
海山の材木屋さん
ずいぶん いいもの みつけたね
デザインのひきだし・制作日記
小石原さんの金継ぎ 繕い...
“しりトリオ”のしりとり...
尾鷲子育て情報局
Boku の monol...
映画『ひかりのおと』ブログ
最新のコメント
久し振りに拝見させて頂き..
by omura at 09:34
お疲れ様です。 確かに..
by omura at 18:18
muraさん、お越し頂き..
by scale-158 at 11:11
久しぶりの休日となったよ..
by omura at 17:46
omuraさん ありがと..
by scale-158 at 23:44
大地の揺れる感覚は何とも..
by omura at 11:57
とてもアクティブな方です..
by omura at 23:25
おむらさん。コメントあり..
by scale-158 at 12:23
もう少し暖かくなったら尾..
by omura at 17:42
SAKUさん 私がこの..
by scale-158 at 11:15
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:food( 55 )
今週のホットサンドはコレ!
今週のホットサンドは[ドライカレーのホットサンド]です。


c0092610_1110945.png



カレーパンのようでもあり、ナンのようでもあります。

11時以降ならいつでもご注文いただけます。
ぜひ、ご賞味ください。








.
[PR]
by scale-158 | 2013-02-01 11:12 | food | Comments(0)
今週のホットサンド
今週の[ホットサンド]は[マルゲリータ風ホットサンド]です。


c0092610_985083.png



自家製バジルソースとトマト、チーズ、ハムをサンドしました。

[ピッツァ・マルゲリータ]風のホットサンドです。
コーヒーとも良くマッチします(今時「マッチする」とか言わないのかな?(^^;))

11時以降ならいつでも食べられます。
どうぞご賞味ください。


※ホットサンドは、定休日明けの金曜日にメニューを更新します。










.
[PR]
by scale-158 | 2013-01-25 09:11 | food | Comments(0)
今週のホットサンドはコレ!
毎週金曜日に更新します、[今週のホットサンド]。
今週は[サーモンとクリームチーズのサンド]です。

c0092610_116227.png


サーモンとクリームチーズをサンドしたものです。
[ホットサンド]とは言え、サンドしてプレスして焼くのではなく、焼いたパンで具をサンドしています。(意味わかりますか?)


ところで!このブログの下の方にtwitterの表示欄があるのをご存知でしょうか。
twitterでつぶやいた事がブログとFacebookに連動して投稿されるようになっています。

そちらのほうでは毎日の日替わりランチを告知しております。
これからは『今週のホットサンド』も更新していきます。

どうぞそちらもご覧下さい。

Facebookはもう少し勉強して、[スケール]の専用アカウントを作ろうかなあ、と思っています…。





.
[PR]
by scale-158 | 2013-01-18 11:16 | food | Comments(0)
新しいこと
おはようございます。
今日の尾鷲地方の朝は、とっても寒いです。

来月で11周年を迎える[スケール]。
今年も色々なことに挑戦していこうと思っています。

まず、今年から始める新しいことは[ホットサンド]。


今日から[今週のホットサンド]を始めます。
毎週金曜日にメニューを変更していこうと思います。


まずは、こんなポップを作りました。

c0092610_7342442.png


週代わりで、[ホットサンド]を提供していこうと思います。

[今週のホットサンド]の手始めは、[コンビーフとキャベツのホットサンド]です。


モーニングの都合上、11時以降の提供となりますがよろしくお願いします。










.
[PR]
by scale-158 | 2013-01-11 07:42 | food | Comments(0)
特産品・商品開発の難しさ
今日の尾鷲地方は晴れ。
昨日はぐずついた天気で、肌寒かったですが、今日は温かくなりそうな気配です。

さて、先に写真を。

写真は[ビーフシチュー]です。

c0092610_10275897.jpg


先週のランチに登場しました。
寒い時期はこういうのがメニューに上がったりします。
ぜひ食べていただきたいなあ、って想いながら作ってます。


さて…。

ちょっと今から書くことは、『あくまで素人が思うこと』として話を進めたい…といういきなり弱気な姿勢での書き始めなのですが、私自身専門的な人間ではないので、いち意見として…ということです。


先日、インターンで尾鷲に来ている青年と話をしました。

その彼は、尾鷲の[夢古道おわせ]にインターンに来ていて、よく[スケール]には[夢古道おわせ]の店長と一緒に朝ご飯を食べに来ていたので面識はあったのですが、個人的にたくさん話をしたのはこれが初めてでした。

現在は大学の3年生ということで、専攻は、林業や水産業に関する環境科学・経済学らしいです。

尾鷲の[おわせひのき]に興味を持っていて、色々と商品化出来ないかを一人で、あるいは諸先輩方の協力を得て考えているそうです。

で、この度、[おわせカンパニー]というサイトを立ち上げ…いわゆる起業ですが、まだ登記はしていないそうです…尾鷲ひのきを使った商品のオンラインストアを開設しています。

ホームページ→おわせカンパニー

学生のうちからこんなふうに出来るなんて、すごいなあ、と単純に感心してしまいます。

[おわせカンパニー]、もしくは林業についての考察もありました。
はんわしの「批評家気取り



私はインターンの彼と話をするうちに、一つの想いを投げかけてみました。

「思い込みから商品開発をしてないか?」

ということです。

「間伐材を利用しなければならない」
「地元産の尾鷲ひのきを使わなければならない」
「林業の危機をなんとかしなければならない」

というところから出発し、あれやこれや、あの手この手と商品開発をしてみる。
商品は出来上がっても、ニーズが無ければ意味がないし、販促ルートがなければ流通にも乗らない。
そもそもその商品の知名度が無い…

これでは「尾鷲ひのき、間伐材を使わなければならない」という『焦り』が生み出した、民芸品の成れの果てではないのか…

そういう気がしてしまう、、、、ということをインターンの彼に話しました。

なにも無下に彼の活動を否定しようとしてそう言ったわけではなく、、、、(というか彼の活動に全く否定する要素はありませんし応援しているくらいです)、、、、『今までそういう先行事例を目にしてしまったので』ということで、率直な意見を投げかけてみました。

林業の実情、そして、地元産の素材を使った特産品作りの現場の苦労も知らない私ですが、いち消費者のニーズとしてどうしても伝えておきたかったことでした。

例えば、『全てひのきで作りました』というモデルハウスがあります。

床も壁も天井も、家具も…

モデルハウスなので、極端な施行例を具体化してみるのもありだとは思うのですが、そのやり方は私は極端すぎて逆に魅力を遠ざけてしまっているように思えてしまうのです。
(これはあくまで個人的な感想です)

それはどちらかというと『マニア向け』の域ではないかと、そう思っています。


ひのきである必然性と消費者のニーズ…
もしくは『世界遺産 熊野古道』というイメージと合った商品開発。

今までの商品開発の取り組みはどうもその辺が抜け落ちている気がしてなりませんでした…


すいません、モデルハウスのことを持ち出してしまったことで、製材や林業の話とごっちゃになってますが、あくまで、『地元材を使った特産品の開発』レベルの話です。林業全体の話ではありません。


『間伐材は安く手に入るからそれを使わない手はない』というおこぼれ的な発想ではなく、『商品を開発することによって間伐する費用を工面でき、またそういった対価を還元することによって、山や森の管理が行き届く』という循環的なレベルの利用と、ニーズに合った、知名度、付加価値のある商品開発の話のレベルを上げていかなければならないのでは、と思うのです。



インターンの彼と話していると伝わってくる情熱や、スマートな語り口、ものごとを『ファンクショナル・アプロ−チ』としてとらえるだけの包容力があることを感じて、彼にある種の期待を込めて色々な質問をしました。

そしてその質問の返答を通して彼の口から語られることは、、、手探りながらも、、、私自身も学ぶところ大きいと感じました。
(私の場合、趣味的な要素が多分にありますが)


彼のホームページやブログで書かれていることひとつをとっても、私の言おうとしている素人の意見でさえ、ひとつのファンクションとして受け入れて考えてくれて、なんらかの回答やアクションが得られるだろういう洗練さを感じますし、また、そういう期待をもってしまいます。

何より、尾鷲の素材を使って尾鷲の商品を作ろうとしている人…しかも県外の人間で、まだ学生という身分…がいるというのは、尾鷲の人間にとって、嬉しい事ですし、応援しないわけにはいきません。


先日まで書いてきた日記の続きですが、私は正直、民芸品に興味がありません。
特に伝統的であればあるほと興味がありません。

ですが、ちょっとした発想の転換で、、、、むしろその『発想の転換そのもの』に、、、、興味の無かった民芸品に興味をもったりもします。

既成概念にとらわれない、というか、とても単純な発想すぎて逆にだれも思いつかなかったようなアイデア、そういうものが、インターンの彼らの活動の中から出てくる、もしくはそのヒントが見つかるのではないか、と、そう思うのです。


インターンの彼のホームページにある[ユカハリ]という商品、いいアイデアだなあ、と思います。
床全体をひのきにするのではなく、『サイズを小さくして』一部にひのきの床を作る。いいと思います。(大きいものとして使う、という発想から出てみる、という点で、良いアイデアだと思います)


あと、例えば震災時の避難所での簡易パーテーションや、簡易的な暖かみのある床を一時的にでも作り出すなどの利用も出来るのではないかと思いました。
(ど素人が考えることなので、すでに考え尽くされたアイデアかもしれませんが…)

例えば、[ベンチ デザイン]という語句でネットで画像検索してみたり、[坂茂]という人の取り組みの中から、何かヒントが得られないかな、なんて思います。













.
[PR]
by scale-158 | 2012-12-29 10:42 | food | Comments(0)
エキサイティング・ホットサンド
今日の尾鷲地方は晴れ。


思い立ってジョギングを始めてから少し経ちますが、ちょっと走ることには慣れてきましたが、体重はなかなか減りません…

何せサンドイッチとかホットサンドを食べまくってますから……(^^;)

かと言って食べるのは趣味でもあり、楽しみでもあり、仕事でもあるので、なかなか辞めるわけにもいきません。
摂取量を控えるよりも、消費量を増やすことで、減量、または現状維持を保ちたいと思います。
(ほんまかいな)

しかしまあ試食ばかりしてないで、本当にちゃんとメニュー化させたいですね…。
(正月空けにしようか…なんて)


今日はまたまた、サンドイッチ、ホットサンドの紹介です。
(食欲を刺激する可能性がありますので、ダイエット中の人、要閲覧注意です、笑)



↓[スモークサーモンとクリームチーズのサンド](パンは全粒粉のパンでサンド)
c0092610_1124781.jpg


↓[アボカド・シュリンプ](アボカドとエビのサンド。パンは全粒粉のパン)
c0092610_1152656.jpg


↓[マルゲリータ風ホットサンド]
c0092610_1171993.jpg


↓[焼きそばホットサンド]
c0092610_118851.jpg


↓[ポテトサラダのホットサンド]
c0092610_11205350.jpg


↓[鴨肉と山芋のバルサミコソテー。のホットサンド]
c0092610_1192147.jpg


↓[ハンバーグのホットサンド]
c0092610_1110699.jpg



ホットサンドは、主に、[大林千茱萸][大沼聡子]さんが書かれた[ホットサンドレシピ100]という本を参考にしています。

漫画家の[羽海野チカ]さんが帯文と本の中で3コマ漫画を描いている、ということに惹かれて購入したのですが、これがまたすごい本でした。

『そんなものまでサンドして焼くの?』っていうレシピのオンパレードです。

エキサイティングで、アクロバティックで、エンターテインメントなレシピ本です。








.
[PR]
by scale-158 | 2012-12-03 11:35 | food | Comments(0)
それからはサンドのことばかり考えて暮らした
今日の尾鷲地方は、晴れ、
ポカポカと温かいです。

さて、[吉田篤弘]さんの著書で[それからはスープのことばかり考えて暮らした]という小説があります。

『スープのことばかり』というタイトルなんですが、この小説の主人公はサンドイッチ屋さんで働き始めます。もちろんスープも作るんですけど…。


最近、津にある[奥山銘木店]という本屋さんでサンドイッチの本を買いました。それからアマゾンで[ホットサンドレシピ100]というホットサンドの本を買いました。

[スケール]はランチが日替わりの一品で、14時以降は基本的に食事が出来ません。
最近の[スケール]はちょっと客足が遠のいていて…特にお昼以降の時間が暇です。

で、打開策、というわけではないのですが…半分趣味も兼ねてのことですので…サンドイッチやホットサンドをメニューとして充実させて、午後のフード関係のメニューにテコ入れしようと思っています。


そういうことで、ここのところ、毎日ホットサンドを作っては試食しております。


c0092610_14215494.jpg

[バジルソースとトマトとハムとチーズのホットサンド]

c0092610_14251945.jpg

[B.L.T サンド](ベーコン・レタス・トマトのサンド)

c0092610_14272297.jpg

[ドライカレーのホットサンド]

c0092610_14292287.jpg

[コンビーフとキャベツのホットサンド]

c0092610_14305135.jpg

[ゆで卵とマカロニのホットサンド]……炭水化物 in 炭水化物

c0092610_1441942.jpg

[スモークサーモンとクリームチーズのサンド]

c0092610_14444110.jpg

[ナポリ](トマト、モッツァレラチーズ、バジルソース、バジル)

c0092610_14454736.jpg

[豚キムチとモッツァレラチーズのホットサンド]


こんな風に色々と試作しては試食しているので、最近は朝食や昼食がサンドイッチやホットサンドになることが多いです。太らないよう注意しなければ…

でも濃いコーヒーとも良く合って、特にこの時期にはいいです。元気がでます。



とりあえず12月くらいから、『今週のサンドイッチ(もしくはホットサンド)』みたいに、週替わりでメニューにしていきたいと思います…。

その時はまたよろしくお願いします。










.
[PR]
by scale-158 | 2012-11-21 14:52 | food | Comments(0)
ゆるいテンポに乗って
今日の尾鷲地方は雨。

ブログ、2、3回書いてはブラウザが落ちてしまって全削除(笑)
もう嫌。

いや、気を取り直して…。

最近[蜜]というユニットがお気に入りなのですが(ユニット名もいいですよね)、中でも[サマーバケーション](村田和人&竹内まりや)のカバーが、夏の終わりの哀愁があって、とてもいい感じです。

夏の終わりはゆるいテンポの曲がいいですよね。
(基本的にはいつもゆるいテンポですが…)


さて、前の日記で、尾鷲に無いものを書きましたが、無いものを挙げだすとキリがないですし、無いなら無いで工夫する楽しみもありますし、遠出する時にフラストレーションを発散する楽しみもありますから。

尾鷲に無いからこそ、よそにお出かけした時のワクワク感や楽しみは何倍にもふくれあがります。


去年の10月、東京に行った時……行く直前に読んでた本に[ペコリーノチーズ]という食材が載ってたのですが、「ペコリーノチーズってなんぞなもし」ってなもんでしたが、[東京ミッドタウン]内にある食料品店でチーズのコーナーを見ていると当然のようにありました。(買って帰りました)

その[東京ミッドタウン]内にある食料品店には、いろんなペーストやコンフィチュールなどの瓶詰めがズラッと並んでいて、それを見てるだけでテンション上がりますし、ラベルを見てるだけでも楽しかったです。

『へぇ〜、こんなもののペーストがあるのか』みたいな感じで。
色んな発見があります。(私が知らなさすぎなのかもしれませんが)


ミーハーで田舎者の私は、東京駅構内にある[DEAN & DELUCA]に入るだけでもテンション上がってしまいます(笑)
あっちへフラフラ〜、こっちへフラフラ〜、ってなもんで、集団行動が出来ないと思います。

ディスプレイを見てるだけでも楽しいですから…。



さて、



この仕事(カフェの仕事)に就いてからは、遠出した先での行動範囲に変化がありました。
調理器具のお店や、輸入食料品店や、料理の本のコーナーに立ち寄ることが多くなりました。

食器を見たり、テーブルクロスを見たり、家具屋さんに行ったり。

カフェの仕事をしていると、出先でもカフェのことを考えてしまいます。
で、カフェの仕事って、細かいところまで気を使えば、それはもう果てしないものです。

コースター、ランチョンマット、カトラリー、コーヒーカップ、音楽、観葉植物、本、調理道具や掃除の道具。

いっぱい見るところがあります。
店先に置く花や植物や、それらを置くインテリアなどなど…

トータルで考えなきゃいけないので、考えることもいっぱいです。

楽しいからいいんですけどね。


さて、私はコンフィチュールやペーストなどの瓶詰めモノは作ったり売ったりしていませんが、毎日少しずつバジルを収穫して何日かに一回のペースで[ジェノベーゼソース]を作って、瓶詰めにしています。(作ったあとは冷凍保存しています)



c0092610_1265972.jpg



瓶詰めのソースを瓶詰めのまま売り物にはしていませんが、ソースを使って料理をしています。

昨日はバゲッドに[ジェノベーゼソース]を塗ってランチの時にパスタと一緒に提供しました。

[ジェノベーゼソース]、オリーブオイルをたっぷりと使っているのでとってもオイリー。
バゲッドに塗ったり、ピザ生地にぬったりしてそのまま焼くと、オリーブオイルは必要ありません。


c0092610_127162.jpg




ニンニクも少し入っているので、ちょっとしたガーリックトーストのような感じです。








.
[PR]
by scale-158 | 2012-09-02 16:00 | food | Comments(0)
Ride On Time
今日尾鷲地方は晴れ。
かすかにセミの鳴く声が聞こえます。
もう梅雨明けしたのでしょうか…


雑貨店で扱っているノートの中でも、西日で背表紙が焼けてしまって、変色してしまったものがあります。
そういうものを商品として売るわけにはいかないので、棚から降ろしました。

ただ、背表紙が変色している、というだけなので、もったいないので自分用のノートして使う事にしました。

先日、他所の文具店にて、新しいペンも買ったので、新しいノートと新しいペンを使って日記を書くことにしました。

日記、と言っても長い文章を書く日記ではなく(それはブログに書きます)、その日に食べたもの、その日に見た映画、その日に読んだ本、、、その日の新聞の気になった記事、読んでる本の中の気に入ったフレーズなどをちょこっとメモするだけの日記です。

以前も同じようなことをしていた時期もあったのですが、ある時点で途切れてしまっていたので再開することにしました。

一日に何を飲食したかを書き出すと、ちょっと反省する部分も出てきます。
特に夜食と称して、結構遅い時間に何かしら食べてしまっています。

私も30代になり、ちょっとお肉がついてきているのを気にしています。

もともとが痩せ体型なので、かなりタイト目な服を持っているのですが、それらが着られなくなるのは避けたいので(経済的にも、ね)、一日の飲食のバランスを良いものにしていきたいなあ、と思っています。

あと、私は『早食い』なので、その辺もちょっと改めたいと思っています。
もっとよく咀嚼して食べるよう心がけたいと思っています。


さて、昨日の日記では[バジル]を使ったパスタを紹介しましたが、今日は[バジル]を使ったピザの紹介です。

写真は、ピザ生地に[ジェノベーゼソース]と[モッツァレラチーズ]を乗せて焼いたものです。

c0092610_1222350.jpg


もう一つ作りました。
生地にオリーブオイルを塗って、モッツァレラチーズとトマトとバジルを使った、いわゆる[ピザ・マルゲリータ]です。

c0092610_1225377.jpg


生地も自分で作りました。
いわゆるピザ生地ではなく、[高山なおみ]さんのレシピにあった[薄焼きパン]を使っています。

この[薄焼きパン]、結構簡単で、薄く伸ばしたパン生地をフライパンで焼いて出来ます。
[ナン]みたいな感じですね。

その[薄焼きパン]を使って2種類ピザを作りました。


………うーん、でも、2種にせずに、[ピザマルゲリータ]と[ジェノベーゼソース]を一緒に使って作ったほうが美味しかったかも、と思いました。



※タイトルは[山下達郎]さんの曲の曲名から。特に意味はありません。[山下達郎]さんの歌は夏にぴったりなので、なんとなく今日のタイトルにしてみました。








.
[PR]
by scale-158 | 2012-07-18 12:33 | food | Comments(0)
My favorite things
今日の尾鷲地方は晴れ。
少しもやがかかったような空です。

最近[冷水希三子]さんという人が書いた[おいしい七変化 小麦粉]というレシピ本を読んでいます。

このレシピ本のコンセプトは小麦粉をベースに色々な料理を作ってみよう、というものです。

手打ちのパスタとか、うどんとか、パンとかの炭水化物たっぷりの料理から、お肉料理、お野菜を使った料理までレパートリーの守備範囲が広くてとても面白いレシピ本です。

私が何よりこのレシピ本が面白いと思うのは、使われている写真です。

普通、レシピ本の使われる料理の写真は、ライティングばっちりで、色鮮やかで、『しずる感』というものにウェイトを置いて撮られるものだと思うのですが、このレシピ本に使われいる写真は一種独特な感じがします。

濃い影がくっきりと映っていたり、素朴な盛りつけで済ましていたりするのです。

一番面白い、と思ったの『章立て』に使われる写真は、逆光の木々を写したものや植物のアップだったりするのです。

私、レシピ本で、風景写真や植物写真を使っているレシピ本を初めて見ました。

でもそういうところが『フィーリングが合う』感じがして、とても好きです。

載っている料理も挑戦したくなります。

レシピ本の命は料理のレパートリーや解りやすさだとは思うのですが、こういう、ちょっと細部に独特のセンスが漂っていると、それだけでなんだかファンになってしまいます。

それはきっと私が、本の装丁とかデザインが好きで、なおかつ料理を作る仕事に就いているから、そういう点に目が行ってしまったのだと思います。



写真はその[冷水希三子]さんのレシピ本を参考にして作った[クロックマダム]です。

c0092610_12444014.jpg


ベシャメルソースをパンに塗って、チーズを乗せて焼きます。
その上に目玉焼きを乗せて出来上がりです。

ベシャメルソースも『小麦粉料理』ですからね。

レシピ本に載ってる写真もまさにこんな感じなんです。
ちょっと意識してみました。





タイトルはジャズのスタンダードナンバーから。






.
[PR]
by scale-158 | 2012-05-06 12:47 | food | Comments(0)