三重県の南部、尾鷲市にあるカフェ、scale-158での日常をお伝えします
by scale-158
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
cafe
sweets
cold sweets
cookies
pasta
drink
flower&plant
food
bread
zakka
events
art & design
photo
other works
owase
ippin muse
ukulele club『Pu-ca』
未分類
PROFILE
cafe Scale

開業:2002年2月
形態:カフェ

営業時間 8:00〜19:00
定休日 水・木曜日
住所 三重県尾鷲市宮の上5-11
電話  0597−22−5258

掲載写真の無断使用はお断りします。
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
お気に入りブログ
青空藝術計画
うちの食卓 Non so...
ビバ!ゆるゆる生活
函箱ブログ
隠れ屋アロマサロンHAS...
ことりんご
へうげもの offici...
ロマン座シネマ倶楽部
色ではなく寸法です
Transparent
日菓のあれこれ
ようこそ尾鷲市国際交流協会へ
珈琲日和
シャッター切るのが楽しくて!!
coupe-feti
- PHOTO-SW!T...
Bokuのtempo l...
猫曜日。
東紀州コミュニティデザイ...
海山の材木屋さん
ずいぶん いいもの みつけたね
デザインのひきだし・制作日記
小石原さんの金継ぎ 繕い...
“しりトリオ”のしりとり...
尾鷲子育て情報局
Boku の monol...
映画『ひかりのおと』ブログ
最新のコメント
久し振りに拝見させて頂き..
by omura at 09:34
お疲れ様です。 確かに..
by omura at 18:18
muraさん、お越し頂き..
by scale-158 at 11:11
久しぶりの休日となったよ..
by omura at 17:46
omuraさん ありがと..
by scale-158 at 23:44
大地の揺れる感覚は何とも..
by omura at 11:57
とてもアクティブな方です..
by omura at 23:25
おむらさん。コメントあり..
by scale-158 at 12:23
もう少し暖かくなったら尾..
by omura at 17:42
SAKUさん 私がこの..
by scale-158 at 11:15
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧
6月29日
今日の尾鷲地方は晴れ。

昨日、スケールはお休みだったので、小用で市内を自転車を走っていると、今年初めてのセミの声を聞きました。
どこから聞こえて来るのか自転車で走っていると、駅前の児童公園からでした。

喫茶店は外が“カーッ”と暑くなってくるほうが、繁盛します。
もう[アイスコーヒー]のオンパレードです。

コーヒーは熱いコーヒーを[ホット]、冷たいコーヒーを[レイコー]とオーダーされます。

ある雑誌に書いてあったのですが、[ホット]、[レイコー]というオーダーの仕方は関西人が言いだしたそうです。
“イラち”の関西人は注文の仕方も短縮してしまった、、、みたいなことを書いておりましたが、、、本当ですかね?

ちなみにスケールのコーヒーはアイスコーヒー用のコーヒーを熱湯で、ネルドリップで抽出し、そこに氷をいれて急速冷却したものです。

まず、普通にドリップします。
氷を入れるので、あらかじめ濃いコーヒーを抽出しておきます。
c0092610_1444247.jpg



抽出し終わったら、サーバーに直接氷を入れます。
c0092610_14452328.jpg



かき混ぜます。
c0092610_14465318.jpg



氷を入れたグラスに注ぎます。
c0092610_14473142.jpg


出来上がり。
深煎りの苦〜い味がアイスコーヒーの特徴です。

c0092610_14495576.jpg

[PR]
by scale-158 | 2007-06-29 14:50 | drink | Comments(0)
6月27日
今日の尾鷲地方は晴れ。

気がつけばもう6月も終わり(←って毎月言ってますね、、、)。
7月が来ます。
夏が来ます。

夏と言えば、川遊びと海水浴です。
その後はかき氷です。

特に川は澄んだ水に浸かって、川魚なんかをみていると、とても癒されます。
たくさん泳いで遊ぶ、というより、ちょっと浸かって癒される、、、という感じで楽しみます。

尾鷲市のお隣の紀北町の海山区ではキャンプ場があて、バンガローがありますが、予約でいっぱいで、大人気だそうです。

たぶん、都会の人に好評なのだと思いますが、その人達もたぶん癒されに訪れているのではないかと、、、そう思います。


さて、今日は小さなタルトを2つ紹介したいと思います。

1つ目は[クルミとドライイチヂクのタルト]。
作り方は簡単。
卵に[メイプルシュガー]を溶かし、それだけでアパレイユの出来上がり。
タルトに[クルミ]と[ドライイチヂク]を敷き詰め、アパレイユを流して焼いて出来上がり。
c0092610_1213527.jpg


もう1つは[オレンジのタルト]です。
以前、この[オレンジのタルト]を[ブラッドオレンジ]でつくって紹介しましたが、今回は普通のオレンジでつくりました。
c0092610_1219499.jpg


夏にはこういう一口タルトをたくさん作る予定です。
[カデンツ]に並ぶかと思いますので、時々見にきてくださいね。
[PR]
by scale-158 | 2007-06-27 12:21 | sweets | Comments(2)
6月23日
今日の尾鷲地方は晴れのちくもり。

自然の多い東紀州地域では、今の時期、蛍が見れます。

わたしも数年前、[三木里地区]に蛍を見に行ったことがありますが、“光が宙を舞う”というのはとても幻想的なものです。

光のリズムは自然のリズム。

いつまでも見入ってしまいます。

昔の人が月や蛍の光を楽しみ、詩を詠む、という気持ちが理解できます。

この地方で体験できる貴重な体験です。

貴重な体験と言えば、梅雨明けからお盆にかけて、祖母の庭では貴重な体験ができます。
それは[セミの羽化]です。

祖母の庭にあるみかんの木では1日に何十匹とセミが羽化しています。
c0092610_1521719.jpg


セミは日が昇る前に完全に羽化するようです。
日が昇ってしまうとまだ開ききっていない羽が日光でダメになってしまうのと、明るいうちにまだ飛べない状態だと鳥に食べられてしまうからです。
c0092610_1562513.jpg


ですので、夜の8時くらいからもう土の中から出て、木に登っているようです。
そして夜中にはもう飛んでいくようです。
c0092610_1592821.jpg


セミは年によって多い年と少ない年があるようですが、今年はどうなのかな?
また楽しみです。

(ちなみに上の写真は一昨年に撮影したものです)
[PR]
by scale-158 | 2007-06-23 15:10 | owase | Comments(0)
6月21日
今日の尾鷲地方は快晴。
とても暑い一日でした(このブログを更新している夜の時間帯でもまだ蒸し暑いくらいです)。

今日は[cafe Scaleの小さな世界]を飛び出して、ちょっとしたお出かけをしました。
天気のいいこの日に、わたくし、理由あって[須賀利地区]に行ってきました。
[須賀利地区]はもちろん尾鷲なのですが、海を隔てた所に位置しています。

尾鷲港から巡航船が出ていて、それを使えば20分で着く事ができます。
車で行くと、一度お隣の紀北町に出て、ぐるーっとまわってまた尾鷲の[須賀利]に着きますが、陸路をつかうと40分近くかかります。

下の写真は巡航船の中からみた遠ざかっていく尾鷲港です。
c0092610_23194887.jpg


しばらく巡航船に乗っていると色々な風景が楽しめます。
海から見た[熊野古道センター]のある[向井地区]や、途中でみられる養殖の網や島など。
c0092610_23215096.jpg


なぜ[須賀利地区]に来たかと言うと、7月の中旬に発行される[owasebon]の取材をするためです。
次号の[owasebon]は須賀利特集なのです。
c0092610_2326886.jpg

わたくしの他にも数人のライターさんが須賀利に行き、取材をしました。
みんなそれぞれ、心に残る楽しい体験をしたようです。
c0092610_23274592.jpg

[須賀利]が[owasebon]で特集されるとどんなふうになるのか、次号の発行を楽しみにしててくださいね。
[PR]
by scale-158 | 2007-06-21 23:29 | owase | Comments(0)
6月20日
今日の尾鷲地方はくもり時々晴れ。
かろうじて雨は降っていません。

昨日は[スコーン]をつくりました。
[スコーン]とはイギリス生まれの伝統的なお菓子で、お茶ととっても相性がいいので、イギリスのティータイムにはかかせないお菓子です。
c0092610_16531661.jpg

パンでもなく、クッキーでもない。
少し、トースターで焼いて、クロテットクリームやジャムをつけていただくのが一般的です。

以前にもこのブログで[スコーン]は紹介しましたが、今回は3種類作ってみました。
一つ目は前にも紹介した[プレーンのスコーン]。

二つ目はシナモンパウダーとレーズンを入れた[シナモンレーズンのスコーン]↓
c0092610_1654109.jpg

三つ目はクルミを入れた[クルミのスコーン]です。↓
c0092610_1654451.jpg


[シナモンレーズンのスコーン]と[クルミのスコーン]はクリームやジャムがなくてもそのままで食べれます。
特に[シナモンレーズンのスコーン]はお勧めです。
トースターで焼くとシナモンのいい香りが、、
[PR]
by scale-158 | 2007-06-20 16:57 | sweets | Comments(0)
6月18日
本日の天気は雨。
ちょっとお暇なカフェスケールでした。

スーパーの店頭からはイチゴが消えました。
もう旬が過ぎてしまいましたね、、、。

と、いうわけで、最近はイチゴに変わるフルーツでスイーツを作っています。

昨日は[チェリーのクラフティ]というタルトをつくりました。

アメリカンチェリーを[キルシュワッサー]といチェリーのリキュールに浸けてます。
c0092610_22565937.jpg

そのキルシュ浸けのチェリーをタルトに並べてアパレイユを流し込み、焼きます。
c0092610_22581931.jpg


母が『5年日記』というのをつけていて、その日のランチメニューやケーキメニューを書き留めているのですが、昨日[チェリーのクラフティ]というスイーツを作って、その『5年日記』を見てみると、なんと1年前のその日も[チェリーのクラフティ]を作っていました。

なんともおもしろい偶然で、驚きでした。

1年前はその他にも[イチヂクのタルト]を作っていたと記述してありましたが、今年はまだ[イチヂクのタルト]を作っていません。
スーパーなどにはイチヂクが並んでいますが、まだまだ値段が高くて手が出せません。

イチゴが無くなってしまうのはなんとも寂しいですが、色々なフルーツを使ってレパートリーを増やしていきたいと思います。
[PR]
by scale-158 | 2007-06-18 23:04 | sweets | Comments(0)
6月16日
本日の尾鷲地方は晴れ。
本格的に梅雨入りして、ちょっとじめじめした感じが続いていますね。


写真は[ラムレーズン]です。
レーズンをラム酒に3日間浸けたものです。

先日、北海道に行ったお客様から[レーズンバターサンド]をいただいたので、自分でも作ってみようと思い、まずはレーズンをラム酒に浸けて冷蔵庫で寝かせました。
c0092610_22545236.jpg


あとはバタークリームをつくってそこにラムレーズンを入れ、クッキーにサンドしていただきました。
とても美味しかったのですが、写真を撮るのを忘れました、、、。

余ったラムレーズンを使って新しいスイーツを作りました。
写真は[ラムレーズンのチーズタルト]です。
c0092610_2322160.jpg


ラム酒に浸けた、レーズン、ほんとに美味しくて、いい香りで、そのままでも食べれます。
火を通していないので、アルコール分は抜けていないので、お酒の弱いわたしは食べ過ぎるとダメですが、、。

今度ラムレーズンを作った時はアイスクリームに入れて楽しみたいと思います。
[PR]
by scale-158 | 2007-06-16 23:18 | sweets | Comments(0)
6月13日
今日の尾鷲地方、午前中は晴れ。
午後からはいつ雨が降ってもおかしくない曇り空でした。
さきほど、午後の6時から雨が降り始め、ちょっとむしむしします。

今日はスケールで見られる植物達をご紹介します。

まずは[ヤマアジサイ]
c0092610_1941830.jpg

薄紅色がなんともかわいいです。
c0092610_1985917.jpg


次に[センニチソウ]
赤々と咲いています。
c0092610_1928419.jpg

近年は種植えをしていないのですが、どこかしらの鉢から生えてきます。
下の写真は[ワイルドストロベリー]ですが、この鉢の右端に[センニチソウ]の茎が見えます。
きっとこの鉢は去年の[センニチソウ]の種が飛んできたのでしょうね。
c0092610_19382712.jpg

続いて[ツキミソウ]
スケールの横の空き地に群生しています。
c0092610_19474116.jpg

その名の通り、日中よりも夜間にその花びらを開かせています。
暗闇の中でほんの少しの月灯りの中でぼや〜っと浮かび上がるようにその色を放っています。

ここからはハーブ系
写真は[グレープフルーツミント]です。
c0092610_21233597.jpg

上の方の葉はもう大きくなりすぎましたが、下からまた小さい葉が育っています。

最後に[バジル]
姉がプランターごとプレゼントしてくれました、笑
c0092610_21251477.jpg


肉厚な葉で、香りもGood!です。
[PR]
by scale-158 | 2007-06-13 21:39 | flower&plant | Comments(0)
6月11日
今日の尾鷲地方は晴れ。
ここ数日、突然の雷と激しい雨の繰り返しで、なんだか気分も上り下がりの激しい日が続いています。

さて、先日[ラビオリ]生地の作り方を紹介したので、今回はその生地を実際に使ったメニューをご紹介したいと思います。

つくるメニューは[ラビオリ、クタクタブロッコリーのクリームソース]です。

まずはブロッコリーを手で細かくちぎって下ゆでしておきます。
c0092610_15213044.jpg


ゆであがったブロッコリーをフライパンに移し、バターを入れて水分が少なくなるまで炒めます。この時さらに木べらでブロコッリーをトントンと叩いてさらに細かくします。
c0092610_15434533.jpg


次に生クリームとパルメザンチーズを入れて熱を通します。
c0092610_1547056.jpg


[ラビオリ]をゆでます。
c0092610_15533717.jpg


ゆであがった[ラビオリ]をフライパンの移し、ソースとなじませます。
c0092610_16103010.jpg


別に下茹でしておいたアスパラを入れます。
c0092610_16192755.jpg


全体の温度が一定になるよう弱火で混ぜます。
c0092610_16245650.jpg


お皿に盛りつけて出来上がりです。
c0092610_1642415.jpg

c0092610_1650186.jpg


手打ちのパスタとしてh、フェットチーネ、ラザニア、ラビオリがありますが、[アーリオオーリオ]などの[オイル系]よりも、トマトソースやクリームソースなどを使った[ソース系]がよく合います。
[PR]
by scale-158 | 2007-06-11 16:56 | pasta | Comments(0)
6月8日
今日の尾鷲地方の天気は晴れ。

今日は[ラビオリ]というパスタを紹介します。

と、その前に[パスタ]そのものの定義についておさらいです。
[パスタ]とは小麦粉と卵とオリーブオイルで作られる生地のことです。

その生地をもとに、スパゲッティ、フェットチーネ、ラザニア、マカロニなどが作られるのですが、それらの総称として[パスタ]と言います。

[ラビオリ]とはパスタの生地にひき肉を詰めたものです。
(さしずめイタリア風の餃子といったところでしょうか)

本場イタリアでは小麦粉は[デュラムセモリナ小麦]というイタリア産の小麦を100%使ったものだけをパスタと呼称する[パスタ法]なるものがあるそうです。
(スケールでは、デュラムセモリナ小麦がないので、普通の薄力粉を使っています)


さて、では手打ちパスタでの[ラビオリ]の作り方です。

まずは手作業で生地を作り、それを[パスタマシーン]で伸ばします。
c0092610_14202527.jpg

(パスタマシーンがない場合はめん棒で伸ばします)



次にひき肉を等間隔で置いていきます。
c0092610_1442107.jpg

写真のひき肉は合い挽き肉に卵をいれてじゅんぶんに練ったものです。
中に詰める具材は肉だけでなく、茹でた野菜やチーズをいれても美味しいです。



さらにもう1枚、板状に伸ばしたパスタを上にかぶせます。
c0092610_14534896.jpg


包丁やピザカッターなどをつかってカットします。
c0092610_1595870.jpg


これでラビオリの生地は出来上がりです。
c0092610_15551652.jpg

次に更新する時はこのラビオリを使ったメニューをご紹介します。
[PR]
by scale-158 | 2007-06-08 15:56 | pasta | Comments(0)