三重県の南部、尾鷲市にあるカフェ、scale-158での日常をお伝えします
by scale-158
カテゴリ
全体
cafe
sweets
cold sweets
cookies
pasta
drink
flower&plant
food
bread
zakka
events
art & design
photo
other works
owase
ippin muse
ukulele club『Pu-ca』
未分類
PROFILE
cafe Scale

開業:2002年2月
形態:カフェ

営業時間 8:00〜19:00
定休日 水・木曜日
住所 三重県尾鷲市宮の上5-11
電話  0597−22−5258

掲載写真の無断使用はお断りします。
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
お気に入りブログ
青空藝術計画
うちの食卓 Non so...
ビバ!ゆるゆる生活
函箱ブログ
隠れ屋アロマサロンHAS...
ことりんご
へうげもの offici...
ロマン座シネマ倶楽部
色ではなく寸法です
Transparent
日菓のあれこれ
ようこそ尾鷲市国際交流協会へ
珈琲日和
シャッター切るのが楽しくて!!
coupe-feti
- PHOTO-SW!T...
Bokuのtempo l...
猫曜日。
東紀州コミュニティデザイ...
海山の材木屋さん
ずいぶん いいもの みつけたね
デザインのひきだし・制作日記
小石原さんの金継ぎ 繕い...
“しりトリオ”のしりとり...
尾鷲子育て情報局
Boku の monol...
映画『ひかりのおと』ブログ
最新のコメント
久し振りに拝見させて頂き..
by omura at 09:34
お疲れ様です。 確かに..
by omura at 18:18
muraさん、お越し頂き..
by scale-158 at 11:11
久しぶりの休日となったよ..
by omura at 17:46
omuraさん ありがと..
by scale-158 at 23:44
大地の揺れる感覚は何とも..
by omura at 11:57
とてもアクティブな方です..
by omura at 23:25
おむらさん。コメントあり..
by scale-158 at 12:23
もう少し暖かくなったら尾..
by omura at 17:42
SAKUさん 私がこの..
by scale-158 at 11:15
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧
8月31日(野菜の日)
なんとまあ、今日で8も終わり!?
明日から2学期ですね。
夏休みの宿題は終わりましたか〜。


今日の尾鷲地方は晴れ。

まだセミが鳴いています。
でも夜になると心地よい虫の音が聞こえてきます。


さて、昨日で長い長い衆議院選挙が終わりました。
思えば、尾鷲市は、市会議員選挙、市長選挙、衆議院選挙と毎月のように選挙をしていました。

これで、みんなおさまるべきポストにおさまり、仕事に専念できるのでしょうか…。
(日本のトップのことだけをとってみても、こんなにもトップがころころと変わる国も珍しいですよね。)


この選挙の争点の一つとして、年金の話を挙げる人がいました。


年金が上がるとかなんとか…。


ま、私はまだ年金がどうのこうの言う年齢ではありませんが、自分がかけている分の年金は保証してほしい気はしますが、それ以上は別に望みません。

財源が乏しいこともよく分かっていますから。


私の場合、おそらくこの先、定年退職とかそういうのには縁がない一生が続くと思います。
隠居、という言葉とも縁がないと思います。
年をとっていても働いていたいと思うし、何かを作る人でいたいと思います。

退職金がいっぱいあるとか、年金がいっぱいあるとかそういうことよりも、それよりも大事なことは、自分が働く場所があるか、自分が周りから必要とされる人であるかどうか、そして、充分に動ける健康な身体であるかどうか、です。

定年後、特に趣味もなく、老後を『健康を気遣うだけの人生』になっている人をいっぱい見てきました。

健康に気を遣うのはいいと思いますが、健康な身体で何をするか、が大事だと思います。

私は今、仕事で料理を作ったり、コーヒーをいれたり、スイーツを作ったりしています。
最近はパン作りにも手を出しています。

私はこれと同じことを、年をとってもしていたいと思いっています。


同じ高齢者でも、同じような健康状態でも、『元気な人』と『そうでない人』の差は何なんでしょう。

[葉っぱビジネス]で一躍有名になった徳島県上勝町。

よくテレビなどでも取り上げられていますが、上勝町で[葉っぱビジネス]に参加しているおじいちゃん、おばあちゃんは実に元気です。

いつも笑顔があふれています。
パソコンだって使えます。

これってやっぱり、やりがいというか生き甲斐というか、そういうことと直結していると思うんですよね。
そしてそのやりがいや生き甲斐が向上心を生んでいると思うんですよね。

そしてお金も稼げる。

上勝町のあるおばあちゃんは稼いだお金をお孫さんにあげるそうです。
年に数回しか合えない孫。その1年に数回の間にお金を貯めて、お盆やお正月にお孫さんにおこづかいをあげるのがなによりの楽しみなのだそうです。

やりがい、生き甲斐、目標、向上心。

そういうことがあれば、生き生きと生きているるものなんだなあ、と、上勝町の人たちを見ているとつくづく思います。

人間ある程度は働いたほうがいいと思います。
何かしていたほうがいいと思います。

『何もしなくていい状態』におかれると人間は『何もできなくなってしまう』のだと思います。

老後の、年金や医療費を今から気にするよりも、健康で丈夫な身体を作る、そして、一生続けられる仕事や趣味を見つけることのほうが大事だと思います。


そういえば、大学受験の時、複数受験するうちの一校が福祉の学科で、推薦入試のための小論文対策で、福祉に関する小論文を書いていた際、やはり同じように『これからの福祉はいかに生き甲斐、やりがいを見つけて生きて行くが重要』ってことを書いたことを思い出しました。

ま、結局福祉の学科には進まなかったわけですが、その時から、福祉や老後についての考えはあまりぶれていないことに気づきました。


さて、そんな話はさておき。

またまた[ベーグル]に挑戦しました。
前回挑戦した時は、表面がツルンとキレイに焼けましたが、パリパリの食感になってしまったことが心残りでした。

今度は、逆に、ちょっと表面がシワシワになってしまい、これもちょっと残念です。

c0092610_138888.jpg


写真は[プレーンのベーグル]とそれにパンプキンシードを乗せて焼いたもの、ブラックペッパーをふって焼いたものです。

そして[パンプキンシードのベーグル]に、レタスとオニオン、サーモン、クリームチーズをサンドして食べました。
c0092610_1383050.jpg



c0092610_13101030.jpg

朝からお腹いっぱいです…。

また今度挑戦してみたいと思います。
[PR]
by scale-158 | 2009-08-31 13:17 | bread | Comments(0)
8月28日(TVCMの日)
今日の尾鷲地方はくもり。


突然ですが、9月に連休をいただきます。

その連休を利用して東京へ行ってきたいと思っています。
遊びではなく、一応仕事です。

もっと言うとこれから仕事の幅を増やしていくために東京へ行ってきます。

まだ具体的にどうこう言えませんが、まだまだ[カデンツ]には可能性を秘めているので、その可能性を最大限に引き出すために、東京へ行ってきます。

思えば、カフェ[スケール]の横にあるスペースを使ってテイクアウト専用の焼き菓子店[カデンツ]をオープンしたのが2007年。

その時も、テイクアウトのお店のレイアウトや、どんな雰囲気のスペースにするか模索するため、4泊5日かけて、京都と岡山の店をいっぱい回りました。
(岡山には色々とお店を手がけた知り合いがいて、その人の案内で色々と回らせてもらいました)

もっと遡れば、2002年に[スケール]はオープンしたわけですが、その時も京都の町家を改装したカフェを何軒もまわりました。


ま、色んなお店を回るのは趣味でもあり、仕事でもあり、ライフワークでもあります。


話は変わって初めて神戸に行った時のこと。

どうしても[ポルコバッチョ]というお店に行ってみたかったのですが、あいにくとお休みでした。

しかしどうしても諦めきれず、その数ヶ月後にまた神戸に行き、そのお店を訪ねました。

そのお店は輸入食料品店なのですが、ほぼ『オリーブオイルの店』と言ってもいいほどに、オリーブオイルが陳列棚を占める率が高いお店です。

初めてそのお店のことを知ったのはやはり雑誌にて『オリーブオイル専門店』と紹介されていたからで、その記事を読んで以来、『それでどうやってお店が成り立つの?』と、ずっと気になっていたからです。

私の中で『どうやってオリーブオイルだけで商売ができるのか』という疑問がふくらんできて、いてもたってもいられず、直接この目で確かめたかったのです。

やはり、直接行ってみて良かったと思う点がいくつもありました。
言葉では言い表せませんが、あえて言うなら『いい店は絶妙な場所にある』という感じでしょうか。

『場所』というのは、ただの立地のことを言うのではありません。
街の空気、そしてその街を形成する人。

完全にその街を形作るものの一つになりきっていました。

つまり『ハマっている』のですが、『ハマる』『ハマらない』を見ぬくのはやはり感性というかセンスというか頭の良さというか嗅覚の良さ、というか、そういうものが必要なのだろうなあ、と思いました。

それ以来でしょうか、『その形態でどうやって商売をやっているの!?』と思う店には直接行ってみたい、と思うようになったのは。

そして、その店と街の関係について着目せざるをえないようになりました。

何度も言うようにそれは、仕事とは関係なく、私の趣味であり、ライフワークでもあります。
そのライフワークの成果の発表の場が、仕事場でもあるのです。




あまり休みのとれない職業ですが、休みがとれたら、そういうお店(珍しい形態の商売方法のお店)をピックアップしては回るようにしています。


今度の東京行きも、気になるお店を回るつもりです。
今、紙とエンピツを手に、書き込みをしています。


宿泊場所は兄夫婦の家です。

9月の東京は暑いのかな?涼しいのかな?

カフェもチェックしとかなきゃ。

さて、今日ご紹介は[ラザニア]です。
c0092610_15282813.jpg


[ラザニア]、まかない用にしか作ったことがないのですが、これから、ランチメニューにすることができそうな気がします。

と、いうのも、[スタンドミキサー]と[パスタマシーン]の併用で、かなり効率よく[ラザニア]が作れるようになったからです。

↓[スタンドミキサー]と[パスタマシーン]
c0092610_15303131.jpg


冬になったらメニューにしよう…。
[PR]
by scale-158 | 2009-08-28 15:32 | pasta | Comments(0)
8月25日(即席ラーメンの日)
今日の尾鷲地方は晴れ。

朝晩と涼しくなりました。


さて、先日から書いている[天然酵母]について。

昨晩、[天然酵母]を使って食パンを作ってみたのですが、どうも発酵力が弱くてふくらみがいまいちでした。

続けて[ベーグル]も作ってみました。こちらはは見た目にはまあまあの出来なのですが、やっぱり発酵力が弱い為か、独特のモッチリ感が出ませんでした。

もう一度[天然酵母]作りからやり直してみたいと思います。

何事も一日してならず、ですね。


しばらく[天然酵母]と[イースト]で作ったパンの研究が続きそうです。


さて、写真は[べーグル]です。
さっきも書いた通り、[天然酵母]を使って作ってみたのですが、モッチリ感が出ず、なぜかパリパリとした仕上がりになってしまいました。

c0092610_1191787.jpg

[ベーグル]は最近になって登場してきたニューフェイスです。
焼く前に一度、『茹でる』という作業を挟む珍しい作業工程です。

その作業工程を踏むことによって、独特のプリッとした見た目になるわけです。

ま、失敗とはいえ、食べれないことはないので、サニーレタスとクリームチーズ、生ハムをサンドしていただきました。
c0092610_1118246.jpg


c0092610_1442623.jpg

(↑イラレとか使うと色が褪せてしまう。なぜでせう?)

最近パンの試食ばっかしてるので、常にお腹がいっぱいです。
[PR]
by scale-158 | 2009-08-25 11:10 | bread | Comments(2)
8月23日(ウクレレの日)
今日の尾鷲地方は晴れ。

今日は[ウクレレの日]だそうです。

先日[amazon]で注文した[つじあやの]さんのCD。
[つじあやの]さんは、ウクレレとメガネが特徴のミュージシャンです。

そういえば、神戸のカフェに行ったとき、ちょうどその時間が『ウクレレ教室』の時間帯だったらしく、カフェの一角でウクレレの練習している一団がありました。

カフェを使ってウクレレ教室ってたまにあるんですよね。

いつか、[スケール]でもウクレレ一本で歌うミニライブなんかできたら、楽しいだろうな、と思っています。


ところで今月の雑誌[ダ・ヴィンチ]の表紙は私の大好きな[深津絵里]さんです。
インタビューの中で[深津絵里]さんは、[池波正太郎]さんの[食べ物日記 鬼平誕生のころ]という本をおすすめしています。

[池波正太郎]さん、食べ物に対するこだわりは相当なもので、自身の小説でも食事の場面は事細かく書かれますし、自身もかなりの食い道楽のようです。

私は、小説や映画の中で、食事に対するこだわりを見せる作品を高く評価するほうです。

映画でいうと、[山田洋次]の映画なんかが、丁寧に食事を描いていると思います。
アニメなら、[宮崎駿]の作品に食に対する強いこだわりを見ることができます。
小説なら([池波正太郎]さん以外では)、[村上春樹]の作品で、料理や家事に対する細かい描写を見ることができます。([村上春樹]作品に登場する『僕』がしばしばパスタを作るシーンが好きです)


あるバイオリニストがラジオで語っていた話です。

そのバイオリニストの祖母が入院した時の話。
その祖母は最初は口からちゃんと食物を摂っていたのですが、月日と共にだんだん筋力も衰え、やがて食事が流動食になり、脳もしっかりしなくなって、ついには点滴による栄養の摂取になっていったそうです。

そこでバイオリニストは痛感したそうです。

『人間は命をいただいて、自分の生命力を維持している。口から食物を取れなくなったその時から、人間は精気を失っていく』

と。


これは事実だと思います。

要するに、人間は口から食べ物を摂取できなくなると、咀嚼しなくなるから、あごが弱り、脳が活性化しないとか、内臓器官が弱っていくとか、そういうことで説明は出来ると思うのですが、このバイオリニストはそういう科学的な納得の仕方ではなく、『生命力』や『精気』というものは『命をいただくことによって』維持できる、というちょっと宗教的な観点でこのことをとらえています。

これは重要なことだと思います。

世の中には、サプリや薬があまた出回っていますが、そんなものでは人間は生きていけないと思うのです。


やはり思うのは、食にこだわりを見せている人ほど、その生命力がすさまじく、活動量も半端無いということです。
(池波正太郎しかり、宮崎駿しかり、村上春樹しかり)

私のまわりにもすごいモチベーションの持ち主がいますが、やはり強い食へのこだわりを見せています。


そして私が思うのは、『健康』について考えるのではなく、『元気』について考えたほうがいいと思うのです。

『これを食べれば、健康になれるから』とか、そういう考えもいいですが、『これを食べれば、元気になれる』と考えたほうが楽しい気がしませんか?(あんまり大差ないじゃん、と思うかもしれませんが、そこはわかってくれる人はわかってくれると思うのです)


あ、あと、『ながら食い』もあまり良くないと思います。
『新聞見ながら』とか『テレビを見ながら』とか『メールをしながら』とか。

ま、私もやってしまうんですが、やっぱり、ちゃんと料理を見て、ひとくちひとくちしっかりと呼吸をして味わって食べたほうが、その生命力をちゃんといただけると思うのです。

『いつ食べたか食べてないのかわからない』という食べ方は、やっぱり心の栄養にならない気がするんですよね。


最近は、新型のインフルエンザの流行がとりだたされていますが、その予防には手洗いやマスクではなく普段からの生活の中で、病気に対する抵抗力を高めていくよう心がけたいと思います。


さて、脱線しまくりの今日の日記ですが、このへんで。

今日ご紹介は『あんのパイ包み』です。

c0092610_15445496.jpg

冷凍庫を掃除していたら、古いめのパイシートが出てきました。
商品にするにはアレだけど、捨てるのももったいないし…

と、いうことで、母が、そのパイシートにあんを包んで焼きました。

いっぱい並べて写真を撮ったら、なんだか[天然生活]の表紙風に撮れました。
[PR]
by scale-158 | 2009-08-23 15:45 | sweets | Comments(0)
8月22日(チンチン電車の日)
今日の尾鷲地方はくもりです。



さて、最近、[発酵]の話を書いているのでその続きを。


アルコールは、基本的に、原材料に糖分が含まれていれば、菌がアルコールに変えてくれます。

ワインは葡萄に含まれる糖分を[酵母]が[アルコール発酵]させます。
ビールは[麦汁]に糖分が含まれており、それを[酵母]が[アルコール発酵]させます。

日本酒の場合、蒸した米に[麹菌]というコウジカビの胞子をふりかけ、米のデンプンをブドウ糖に[糖化]する過程を経ます。

米はそのままでは、糖分が無いため、一度[糖化]という過程を経るというわけです。
そしてその[麹菌]によって[糖化]された米([米麹]といいます)を今度は酵母がアルコールに変質させます。

要するに(かなり平たく言えば)、[酵母]は、糖を食べて、排泄物として、アルコールを出す、ということです。
(基本的に糖が含まれていれば何でも可能だそうです)


日本酒においてもこの[酵母]がアルコール生成の主役ですが、[酵母]を添加する際、色々な特徴をもった[協会系酵母]というものを使うそうです。
この[協会系酵母]は番号によって呼ばれ、お酒のラベルなどに、何番の[協会系酵母]が使われているかが表示されているそうです。

[酵母]にはその他、
・[地方自治体開発の酵母]…秋田酵母、岩手酵母、青森酵母など。三重もあり
・[企業・民間開発の酵母]…オーストラリアMAURI社の輸入乾燥酵母など。
・[大学開発の酵母]…花酵母など
などがあるそうです。

もし、お酒のラベルに『酵母無添加』と書かれていれば、それは、酵母を人工的に添加していない、という意味です。

それはどういうことかというと、長い間、古い木造の酒蔵なので酒造りをしていると、その酒蔵自体に酵母菌が住み着いていて、その天然の酵母に、[アルコール発酵]をしてもらうのです。

そういう酒蔵に住み着いた天然の酵母のことを[蔵付き]と言うそうで、その[蔵付き]のいる蔵ではわざわざ、[協会系酵母]などを人工的に添加する必要がない、ということです。

それが[酵母無添加]の意味です。
(酵母が入っていない、という意味ではありません。酵母がないとお酒はできませんから)






さて、長々と書いてきましたが、もちろん上記のことはスルーしていただいてけっこうです。


私が興味を持つのは[酵母]をもとに、色々なものを生成できますが、その[酵母]自身も育てたり、純粋培養できたりするところが面白いな、と思うわけです。

また、[酵母]でなくても、食物の中に[菌]が存在していれば、その[菌]の力を借りてさらに食物を作ることができるのも面白いな、と思うのです。

例えば、[カスピ海ヨーグルト]。
[スケール]でも実は7年以上も[カスピ海ヨーグルト]を作り続けています。

[カスピ海ヨーグルト]は、その元になる[種菌]が存在していれば、あとは牛乳を足してやれば培養できるのです。

作った[カスピ海ヨーグルト]を少しずつ残しておけば、簡単に作れて大変便利です。


あと、同じように(?)[納豆]も作れるそうです。
[納豆]の中には[納豆菌]が存在していますが、食べ残しの[納豆]に、蒸した(もしくは茹でた)大豆を足してやることで、数日後にはちゃんと菌糸の貼った[納豆]ができるのだそうです。


そういう風にして培養したりするのって、面白いと思います。


と、いうことで!やっとこさ今日の日記!

以前から紹介してる[発酵エキス]作り。
その中でも[レーズンの発酵エキス]を元に[酵母]を作っています。

c0092610_15275159.jpg

写真は、[発酵エキス]に水と全粒粉を足したもの。

c0092610_15282139.jpg

↑それをビン詰め。


数時間常温で放置し、今度は冷蔵庫で保存。
これが初日。


2日目。
冷蔵庫から取り出して、今度は水と準強力粉を足して、再びビンへ。
常温で放置し、冷蔵庫へ。

c0092610_15284421.jpg

↑2日目の様子。

3日目。
2日目と同じ作業を繰り返す(水と準強力粉を足して常温で放置、後に冷蔵庫へ)。

c0092610_15291491.jpg


↑3日目の様子。
下の方に気泡が出来ているのは、酵母菌が発酵、増殖している証拠。

4日目。
2、3日目と同じ作業の繰り返し。

c0092610_15293249.jpg

↑4日目の様子。2ℓ入りのビンの半分くらいまできました。

c0092610_15315562.jpg

あと一日、同じ作業をして酵母の出来上がり。

毎日観察するのが楽しくて仕方ありませんでした。
まさに小学生の観察日記の気分です。

出来上がった酵母をちぎっては生地に練り込んで使います。
残った酵母に同じような作業を繰り返していけば、酵母を培養し続けることができます。


酵母が出来上がったらいよいよ天然酵母によるパン作りのスタートです。
[PR]
by scale-158 | 2009-08-22 15:32 | bread | Comments(0)
8月20日(交通信号の日)
今日の尾鷲地方は…くもり。

今日は[スケール]はお休みです。
お盆が過ぎて初めての休みです。

お盆は何かと忙しく、この1週間は疲れがたまる1週間でした。
今日はのんびり……といきたいところですが、仕事は色々あるので、そうもしてられません。

遊びに行こうかとも思いましたが、お金もあんまりないので、今度の連休が車でお預けすることとします(次の[スケール]の連休は9月の第一周目の水、木です)。



最近、[天然酵母]や[発酵エキス]についての日記が続きますが、ところで皆さんは[発酵]と[腐敗]の違いをご存知でしょうか?

漫画[もやしもん](@石川雅之)によると、ざっくりと言うと『人間が食べられるものが[発酵]、人間が食べると有害なものが[腐敗]』に分かれるそうです。

つまり、[発酵]も[腐敗]も同じ、菌による作用なのですが、それが人間にとって有益か無益かによって勝手に[発酵]と[腐敗]に分けられているのです。

ちなみにヨーグルトも、漬け物も、キムチも、納豆も、鰹節も、お酒もビールもワインも、[発酵]を利用したものです。
(ヨーグルトや漬け物は[乳酸発酵]です)


私が行っている[発酵エキス]作りは、別に私が色々と手を加えるのではなく、菌が食物を栄養源にして培養していくのを待っているだけなのです。

パンに利用するものは、出来上がった[発酵エキス]に小麦粉や水と合わせることによって、今度はその小麦粉や水を栄養源に、菌が育っていきます。

そうやってできたものが[酵母]となります。


[発酵]については色々と興味もあって書きたいこともいっぱいあるのですが、おいおい書いていくとします。


さて、今日も手作りパンの話題を。

写真は[ライ麦パン]です。

c0092610_1147575.jpg


[バジルの発酵エキス]と[トマトの発酵エキス]を使って作ったものです。

本来なら[発酵エキス]をさらに培養していくことで安定した[酵母]を作るのが普通(?)のパターンなのですが、別に、直接パン生地に[発酵エキス]を入れても作ることができるので、今回はその作り方を採用して作ってみました。

大量生産するパン屋さんでは、おそらくこの『[発酵エキス]を直接入れる』というやり方はしないと思います。

本やHPなどにも書かれていることなのですが、そのまま[発酵エキス]を使うのは発酵が不安定なので、大量生産には向かない、ということなのです。

でも、ま、大量生産するわけもなく、自分で食べる用だから、ということで、試しに作ってみました。

バジルとトマトの[発酵エキス]を混ぜて作ってみたのですが、けっこうバジルとトマトの香りが残っていました。

それはそれでこのやり方でのパン作りの特徴でもあるし、料理と合わせて食べると美味しいだろうな、という感想でした。

私は朝食がわりにそのままカットしたパンをトーストして、コーヒーと一緒に食しました。
母はオレンジジュースと一緒に食していました。

とても美味しかったです。



○[発酵エキス]の観察日記

↓3日目の[トマトの発酵エキス]の様子。
もう随分と泡がポコポコ、シュワシュワ〜っと出てきました。

c0092610_11482991.jpg


これにて常温での[発酵エキス]作りは終了。
冷蔵保存します。


↓同じく3日目の[バジルの発酵エキス]の様子。
こちらはトマトに比べると発酵の力が弱いようですが、これにて終了。
同じく冷蔵保存。


c0092610_11501349.jpg



ちなみに小さいトマトは自家栽培のトマトです。
バジルも自家栽培です。

この[発酵エキス]作りは[自家栽培発酵エキス]でもあるのです!

まさにハマノ家オリジナルの[発酵エキス]です。

あ〜なんだか楽しい。
[PR]
by scale-158 | 2009-08-20 11:54 | bread | Comments(0)
8月19日(俳句の日)
今日の尾鷲地方は晴れ。
少し湿気のある空気です。

昨日、ラジオを聞いていると[チャットモンチー]がパーソナリティを勤めているコーナーに、ゲストで[the pillows]の[山中さわお]さんが出ていました。

[チャットモンチー]も[the pillows]も好きなので、とても嬉しかったです。

[the pillows]、結成からもう20年です。

音楽だけをやり続けて20年。
それだけでもすごいことだと思います。

歌の歌詞も大好きです。
20年音楽をやり続けている人の、諦めない、そして真摯でストイックな内容にいつも励まされます。




さて、昨日はパン特集を組んでいる雑誌のバックナンバーを取り出して、色んなパン屋さんの製法やお店の事情やディスプレイを見ていました。

わからない言葉や、やったことのない技術、持っていない機材、使ったことのない材料の名前がいっぱい出てきました。

誰かに教わったわけでもないし、聞く相手もいないし、やりはじめたばかりなので、わからないことも多いですが、始めから全部知っていたり、教わっているよりも、そのほうが楽しくて自分向きではないかと思いました。

なにせすぐに教えられてもすぐに頭の中から消えてしまいますし、時間をかければそのぶん、しっかりと覚えることができるし、急いでやらなければならない環境ではないので、じっくりと研究しています。

何事も“一日にしてならず”です。

ですので、一度買った雑誌、特に料理やカフェの雑誌は捨てずに置いておきます。
その時は理解できなくてもあとで見直すと、すんなり自分の中で消化できたりするからです。

雑誌は、買ったその時に全てを理解するよりも、「あの時のあの雑誌に、ああいうことが書かれてたな」と覚えておくと良いと思うのです。

そうすると、後で取り出しやすくなります。



さて、16日に仕込んだ[レーズンの発酵エキス]、3日目の今日、朝にビンを振ってみて、フタを開けると“プッシュ〜”と勢いよく泡がたちました。
c0092610_13101259.jpg

もうこれで[レーズンの発酵エキス]を使って、酵母を作れそうです。

17日に仕込んだ[バジルの発酵エキス]も[トマトの発酵エキス]も2日目にしていい感じに出来てきたので、直接パン生地に練り込んでパンを作ってみたいと思います。


あ、そうそう昨日仕込んだ[パン・ド・セーグル](ライ麦を使ったハード系のパン)、今朝焼いてみました。

↓[オーバーナイト発酵]を経て発酵した生地。
昨日より膨らんでます。
c0092610_13105148.jpg


本には『とじ目を上にして焼く』と書いてあったのでその通りにして焼いてみたのですが、やっぱり形が崩れてしまいました。
c0092610_131114100.jpg

次からは本に逆らってとじ目を下にして焼いてみようと思います。

おっと、その前に試食じゃ!
[PR]
by scale-158 | 2009-08-19 13:11 | bread | Comments(0)
8月18日(ハイパーの日)
今日の尾鷲地方は晴れ。
お盆が過ぎて、夜が少し過ごしやすくなった気がします。

さて、今日は[amazon]から注文していた[つじあやの]さんと[bonobs]のCDが届きました。

[つじあやの]さんのCDはベスト盤です。

実は[つじあやの]さん、インディーズの頃からCDを持ってまして、そのインディーズ時代の楽曲が入っていて、懐かしくもあり、嬉しくなりました。

考えてみれば、インディーズ時代からCDを持っているアーティストさんて他にいません…。

[bonobos]は友達に貸してもらって初めて聞いたのですが、初めて聞いた時は高校生の時から好きだった[Fishmans]にとても似ていてびっくりしました。

それでとても気に入って、今回、新しいアルバムを買いました(それでもだいぶ遅れて買ったわけですが)。


今日はその2枚を聞きながら仕事をしました。


さて、昨日日記に書いた[発酵エキス]の観察日記です。
(小学校の夏休みの宿題の観察日記みたいですが)

[発酵エキス]は一日に一回、ビンを降って、フタを開ける作業が必要です。

16日に仕込んだ[レーズンの発酵エキス]は、少し泡が出て、発酵が進んだようですが、レーズン自体がだいぶ水を吸ってしまい、膨張しました。レーズンが水から出てしまいそうだったので、水を足しました。

17日に仕込んだ[バジルの発酵エキス]も少し泡立ってきました。
c0092610_23344433.jpg

↑[レーズンの発酵エキス]

同じく17日に仕込んだ[トマトの発酵エキス]はフタを開けた瞬間に“プシュッ”っという音とともにビン底から泡が出てきました。
参考にした本には『トマトは発酵のパワーが強いので一日目で発酵が進みます』と書いてありましたが、本当にその通りでした。
c0092610_23352849.jpg

↑[トマトの発酵エキス]

明日くらい、様子を見ては[レーズンの発酵エキス]をもとに“酵母を起こし”をし、[トマトの発酵エキス]をもとにパンを作ってみたいと思います。

観察日記、明日をお楽しみに。


あ、もう一つ。
写真は、[パン・ド・セーグル]の生地です。
c0092610_23365545.jpg


これは[ドライイースト]を使って発酵させます。
この生地を今日一晩冷蔵庫に入れて、明日の朝に成形して焼きます。

一晩寝かせておくことを[オーバーナイト]というのですが、寝かせておくあいだにも少しずつ発酵は進みます。

それもどうなるかお楽しみに。
[PR]
by scale-158 | 2009-08-18 23:33 | bread | Comments(0)
8月17日(パイナップルの日)
今日の尾鷲地方は晴れ。
気持ちの良い天気です。

今日は[熊野大花火]の開催日です。

[熊野花火]はこの周辺の地域ではもっとも大きな花火大会で、他府県からも多くの見物客がやってくる一大イベントです。
いつもは雨は台風のために延期が危惧されるのですが、今年は何の問題もなく開催できそうです。


昨日は京都では[五山送り火]が行われました。

これも夏の風物詩ですね。
と、言っても私、4年間の京都での学生生活の中で一度も見た事がありません。

一度は生でみておけば良かったなあ、と今頃悔やまれます。


ところで昨夜はとても涼しく、眠りにつきやすい夜でした。
今朝も比較的涼しい朝でした。

お盆が終わったらもう秋の気配?な感じでした。

いや、でもまだまだ残暑は続くでしょうね。


[スガシカオ]の曲に[夏祭り]という曲があり、その曲の一節に次のような歌詞があります。


境内に続く道に夜店のあかりがみえる
昔父さんの手をひっぱって
あの道を歩いた

宮入りがはじまる頃
たくさんの願いは
星のように輝きを増すんだ

今日僕の街では
長い夏の日々が
ゆっくりと見送られていった


夏の終わりを告げ、秋を迎える夏の祭りの風景を切り取った一場面、私はこの曲のこの歌詞が大好きです。


先日は尾鷲でも[精霊流し]が行われました。
今年は泳ぎに行っていないので、過ぎ去る夏を惜しむばかりです。



さて、先日、パンを作ってみて、その出来の良さに気を良くし(調子に乗り)、[イースト]でパンを作るとともに、[天然酵母]でパンを作る為に、[発酵エキス]を仕込んでいます。

パンは、あのフワフワとした空気の含んだ生地にするためには、どうしてもイースト菌や酵母菌の力が必要となります。

イースト菌を使ったパンは[ドライイースト]を使えばできるのですが、[天然酵母]を使う場合、まずは元となる[発酵エキス]を作り、それをもとに培養させます(『酵母を起こす』と言います)。

今、3つの食材を使った[発酵エキス]を作っているところです。


c0092610_1191237.jpg

左から[レーズン]、[バジル]、[トマト]の[発酵エキス]。

c0092610_11101486.jpg

仕込んだ日付をマスキングテープに書き込んで貼っておきます。

今回参考にした本↓
c0092610_1112314.jpg


c0092610_11131061.jpg





[レーズン]、[バジル][トマト]を使っての[発酵エキス]作りは、平均3〜5日ほどかかります。(トマトは一番早くて2日ほどでできます)

[レーズン]はこのあと、小麦粉を入れて培養し、『酵母を起こし』ます。(この作業も4日ほどかかります)
[バジル]と[トマト]は培養せず、[発酵エキス]を直接パン生地に入れて使おうと思います。

どうなる事やら。

随時レポートしていきますので、のんびりとおつきあいください。。
お楽しみに。

※カテゴリに[bread]を追加しました。
[PR]
by scale-158 | 2009-08-17 11:09 | bread | Comments(4)
8月14日(特許の日)
昨日、[スケール]はお休みをいただいていました。(木曜定休なので)
次の木曜日までお休みはないので、お盆は休まず営業しております。

今日の尾鷲地方は晴れ。
とてもいい天気です。


とてもいい天気なので泳ぎに行きたいです。

私、運動全般苦手なのですが、小学校の時にスイミングスクールに通っていたので、泳ぐのだけは人並みにできるのです。

毎年夏になると川や海に行くのが楽しみなのですが、なかなか休みがとれなかったり、天候に恵まれなかったりして、今年はまだ一度も行っていません。

果たして行けるのかどうか…。



さて、昨日、市内の書店に売っていた[AQUA LIFE]という雑誌に目が止まりました。
[AQUA LIFE]は、熱帯魚などの観賞魚愛好者のための雑誌ですが、今回の特集は金魚でした。

私、金魚が大好きで、一時期かなり凝っていました。
[らんちゅう]や[土佐錦]などの飼うのが難しいとされる金魚も何年も飼っていたほどです。

その事を思い出し懐かしくなってその雑誌を買ってしまいました。

私は、金魚は水槽で飼うよりも、睡蓮鉢で飼うほうが好きです。

雑誌を読んで、色々な金魚を見ているとまた飼いたくなってしまいましたが、今は時間をかけて世話をする時間と、睡蓮鉢を置くスペースが無いので、やめておきます。

でもいつか、老後とかに、いっぱい金魚を飼いたいと思います。
老後の楽しみにとっておきます。

庭とかにいっぱい睡蓮鉢を並べて、金魚を飼ってみたいなあ…。


さて、新作メニューのご紹介。
c0092610_11403777.jpg


[カシスソーダ]
[カシスクリームソーダ]
[ストロベリーソーダ]
[ストロベリークリームソーダ]

が新たに夏のメニューに加わりました。
(写真右が[ストロベリークリームソーダ]、左が[カシスソーダ]です)

是非ご賞味ください。
[PR]
by scale-158 | 2009-08-14 11:41 | drink | Comments(0)