三重県の南部、尾鷲市にあるカフェ、scale-158での日常をお伝えします
by scale-158
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
cafe
sweets
cold sweets
cookies
pasta
drink
flower&plant
food
bread
zakka
events
art & design
photo
other works
owase
ippin muse
ukulele club『Pu-ca』
未分類
PROFILE
cafe Scale

開業:2002年2月
形態:カフェ

営業時間 8:00〜19:00
定休日 水・木曜日
住所 三重県尾鷲市宮の上5-11
電話  0597−22−5258

掲載写真の無断使用はお断りします。
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
お気に入りブログ
青空藝術計画
うちの食卓 Non so...
ビバ!ゆるゆる生活
函箱ブログ
隠れ屋アロマサロンHAS...
ことりんご
へうげもの offici...
ロマン座シネマ倶楽部
色ではなく寸法です
Transparent
日菓のあれこれ
ようこそ尾鷲市国際交流協会へ
珈琲日和
シャッター切るのが楽しくて!!
coupe-feti
- PHOTO-SW!T...
Bokuのtempo l...
猫曜日。
東紀州コミュニティデザイ...
海山の材木屋さん
ずいぶん いいもの みつけたね
デザインのひきだし・制作日記
小石原さんの金継ぎ 繕い...
“しりトリオ”のしりとり...
尾鷲子育て情報局
Boku の monol...
映画『ひかりのおと』ブログ
最新のコメント
久し振りに拝見させて頂き..
by omura at 09:34
お疲れ様です。 確かに..
by omura at 18:18
muraさん、お越し頂き..
by scale-158 at 11:11
久しぶりの休日となったよ..
by omura at 17:46
omuraさん ありがと..
by scale-158 at 23:44
大地の揺れる感覚は何とも..
by omura at 11:57
とてもアクティブな方です..
by omura at 23:25
おむらさん。コメントあり..
by scale-158 at 12:23
もう少し暖かくなったら尾..
by omura at 17:42
SAKUさん 私がこの..
by scale-158 at 11:15
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧
地域と学校とデザインと
おはようございます。
良い天気です。


昨日の地元新聞のコラムによると10月1日より[公共建築物木材利用促進法]が施行されるそうです。

その内容は『国や県、市町村も含めた低層の公共建築物には原則としてすべて木造化を図るとしている』としています。

平屋と2階建ての公共建築物を木造とし、国や地方自治体が建築する学校や図書館、庁舎などがその対象として指定されているそうです。

国産の木材の利用を促進しよう、というものです。
尾鷲も有数のヒノキの産地ですので、衰退している尾鷲の林業、製材業に活路を見出すか、と期待されています。



時を同じくして、今日、友達から[尾鷲小学校・尾鷲幼稚園耐震整備に伴う基本計画・実施設計業務公募型プロポーザル]で選定されたデザイン会社のことを教えてもらいました。

尾鷲小学校、尾鷲幼稚園が耐震化にともなう改築で、その設計デザインのコンペを行い、正式に担当するデザイン会社が決定したそうです。


その会社のHPで、これまでも手がけた大きな施設や、学校などのデザインを見てみましたが、その業績とデザイン性の高さにびっくりしました。

まず思ったことは、『こんなデザインされた学校が尾鷲にできるの?』ということ。

尾鷲小学校と尾鷲幼稚園、どんな風になるんだろうと楽しみになりました。

学校という環境ですから、デザイン重視ばかりではいけません。
ちゃんとしっかりした目的や教育機能が果たせる空間でないといけないわけですが、その会社が今まで手がけてきた学校のデザインなんかを見ていると、『子どもをこんな環境で学ばせてみたいなあ』と思いました。
(私には子どもはいませんが甥っ子がいます)


小学校は何階建てになるのかはわかりませんので[公共建築物木材利用促進法]が適用されるかどうかは知る由もありませんが、(外観はともかくとして)国産の木材、とりわけ尾鷲ヒノキを使った内装になると良いのになあ、と密かに願っています。


デザイン性の高さもあって、でも地元の人が馴染みやすい、現場の教育者にとってやりがいのある環境、『こんな環境で子どもを学ばせてみたい』と思わせるような県内でも誇れるほどの学校になることを切に願っています。
(これは余談ですが、私は小学校の時、学校のトイレに行けない子でした。オバケが出ると思っていたので。子ども達が学校のトイレが気持ちよく使える、そんな学校になってほしいです)



さて、今日は学校ネタ、ということもあって、ちょっと図工っぽい写真を。

写真は雑貨屋[カデンツ]で売ってる[封筒テンプレート]です。

c0092610_2225550.jpg



この型を紙の上に置いてペンで淵にそって線を書いていきます。
c0092610_22252860.jpg


c0092610_22254875.jpg


あとはのり付けするだけ。
c0092610_22261117.jpg


「ポチ袋」のサイズしかないのが残念ですが…
c0092610_22263758.jpg



今回はオシャレなワックスペーパーを使いましたが、これなら、ちょっとしたチラシとか印刷に失敗したプリント用紙でも封筒が作れますし、オシャレな包装紙を利用したらきっと面白い封筒ができると思います。

今、もっと大きいテンプレートを探しているところです。





※追記
尾鷲小学校・尾鷲幼稚園の改築に[公共建築物木材利用促進法]が適用されるそうです。










.
[PR]
by scale-158 | 2010-09-28 12:50 | zakka | Comments(2)
文化展に向けて
今日もいい天気です。

朝、とても涼しくて気持ちよいです。



先日、遠くから友人が訪ねて来てくれました。

あれこれを話をしていて、ふいに今年の[尾鷲市民文化展]の話になりました。

[尾鷲市民文化展]は、毎年11月に行われているもので、写真、絵画、工芸、陶芸などで活動している尾鷲市民による作品展示の場です。

うちの父は毎年鉄を使った大作を出品していて、この文化展でもひときわ目を惹く作品を展示していますし、見に来てくれる人の中には少なからず、父の作品を楽しみにしている人もいます。
(先日の友人もその1人です)

以前は母も[アートフラワー]の部門で出品していて、時には父とコラボで作品展示をしていました。


身内をひいきするわけではありませんが、うちの両親はセンスもよく、なによりも、見に来てくれた人の目を楽しませたいというサービス精神が旺盛な人なので、他の展示作品よりも一皮むけた感があって、私自身も楽しみにしています。


実は去年、30歳を機に私も初めて文化展に出品しました。

出品した時は、なんだか力不足を痛感し、「来年も出そう。そして来年は今年よりももっといいものを出そう」と思ったものでした。

あれから早くも1年が経とうとしています。



友人に文化展のことを問われるまで、意識していませんでした。

1年間撮りためた写真のデータがあるので、の中から適当に出そうと思ってはいたのですが、急に全然違ったアイデアが浮かんだので、それを実行することにしました。


どうなることか、結果はわかりませんが、頑張ります。







さて、今日はパスタを紹介します。

写真は[ゴルゴンゾーラ・チーズのフェットチーネ]です。


c0092610_9531164.jpg



[ゴルゴンゾーラ・チーズ]とは[ブルーチーズ]の一つで、青カビによって熟成を行う、非常にクセのあるチーズです。

そもそもチーズが苦手、という人が多い中、さらにクセがあってさらに敬遠されるチーズです。

しかし人間、クセのあるものに限ってハマってしまうものなのです。

私もこの[ゴルゴンゾーラチーズ]を使ったパスタやリゾットが大好きなのですが、先述した通りクセが強く敬遠されがちなので、ランチのメニューにはできません([スケール]のランチは日替わりで1品のみなので)。

ですが、私は時々無性にこの[ゴルゴンゾーラ・チーズ]を使ったパスタを食べたくなるので、時々自分用に作ります。

よく見るレシピは、[ゴルゴンゾーラ・チーズ]には[ペンネ]を合わせているものが多いのですが、あいにく[ペンネ]を切らしており、しかし、手打ちのパスタを作ったので[フェットチーネ]という平麺にして、それをパスタとして使いました。



お年寄りが多い地域で食べ物屋さんをやるにあたり、少々の悩みは「自分が美味しいと思っているものが、その地域では受け入れられない」ということがあります。

少しかわったメニューを加えるだけで、かなり警戒されますし、年齢によっては、健康上、食事制限されている場合もあります。


私としてはパスタのみのランチメニューでやっていきたいところですが、ご飯でないとダメ、という人が多いのが現状です。

私としては変わったものが食べたい方なのですが…。
















.
[PR]
by scale-158 | 2010-09-21 10:11 | pasta | Comments(2)
ハーフビルドで出来上がったカデンツ
今日は朝起きてびっくり。
めちゃめちゃ涼しくて。
こりゃ、来ないと思っていた秋ももうすぐそこですね。

先日[まんてん市]で出会った[enici]さんに触発されて(?)昨日、[スコーン]を作りました。


c0092610_9354059.jpg



プレーン、チョコチップが入ったのと、シナモンとレーズンが入ったのと3種類です。
カフェ[スケール]の横のスペース、[カデンツ]で売ってます。

他にも定番のクッキーがいつも通り並んでます。

c0092610_940191.jpg


c0092610_9412041.jpg




さて、今日はよくある質問にいくつか答えていきたいと思います。


「[カデンツ]ってどういう意味ですか?」


これは結構多い質問。

でもこれを答える為には[カデンツ]が出来た経緯から説明せねばなりません…




元々、カフェの横にあったスペース(現在のカデンツ)は、姉が仕事場で使っていたスペースなのです。

姉の職業は音楽講師で、エレクトーンとピアノを教えています。
ですので、今の[カデンツ]にはかつて、エレクトーンとピアノがドーンと置いてありました。


数年前、姉が結婚を機に市内で引っ越しをし、エレクトーンもピアノもその引っ越し先へ持って行きました。


と、いうことで、姉が仕事場としていたカフェの隣のスペースがガランと空いたので、私がもらったのです。


もともと、カフェ[スケール]は飲食業としての許可をもらって営業していたのですが、テイクアウトの許可はもらっていなかったのです。
(イートインとテイクアウトは違う許可が必要なのです…。それを知ったのはテイクアウトをしたい、と思った実にその時でした)



保健所からは「テイクアウトをするにはそれを作る専用の厨房を作ってください」とのお達しでした。

つまり、カフェでコーヒーやランチを提供している厨房と兼用で、テイクアウトの商品を作ってはいけない、ということだったのです。


そういうことだったので、空いたスペースにテイクアウト専用の厨房を作ろう、ということになったのです。

空いたスペースの全体の半分を厨房に、残りの半分を売り場にしたのです。


ところで『ハーフビルド』という言葉をご存知でしょうか?

直訳すると『半分建てる』という意味です。
難しいことやややこしいことは専門家に任せて、楽しい作業は自分でやってしまう。
簡単に言うとそれを『ハーフビルド』と言います。

[カデンツ]は、改装をする際に、仲の良い大工さんに「ドアはこのドアを使ってください」「ここは耐水性の壁にしてください」「ここはアクリル板を入れて下さい」と細かく注文し、後はできる限り自分で作りました。

おかげで安い費用で済みましたし(仲の良い大工さんなのでかなり勉強してくれたのかもしれませんが)、なにより自分好みのスペースになりました。



売り場と厨房の間は透明のアクリルで仕切っています。
売り場から厨房が見えるようになっています。
(だからいつも厨房は見た目にもキレイにしておかなかればなりません)

c0092610_942884.jpg


c0092610_9422983.jpg



売り場と厨房の出入り口は古いドアを取り付けています。

c0092610_9451768.jpg


このドアのサイズに合わせて入り口を作ってもらいました。



壁の一部に「黒板スプレー」を拭いて、色々と書けるようにしています。
壁の白や黒板スプレーなどの作業は自分でやりました。
こればなかなか楽しく、『ハーフビルド』の醍醐味です。

c0092610_946465.jpg



これを見たお客さんは「お菓子教室もやっているんですか?」と聞いてきます。
お菓子教室はやっていません…。


このスチールの棚の上は、熱い天板もそのまま乗せられます。

c0092610_9492928.jpg



ケーキの専門店なんかだと、このスチールの棚が、間隔を狭く作って、何十枚も何百枚もタルト盤やケーキ型が置けるようになってますよね。


さらに売り場の半分を雑貨を売るスペースにしました。

c0092610_9542999.jpg


c0092610_955977.jpg


これにて[sweets factory & zakka kadenz]の完成です。




さて、名前の由来に戻りましょう。

同じ敷地内だし、経営者も同じなので、もちろん[スケール]でもいいし、多くの人は[スケール]と思っていると思います。


でもなんとなく、呼び名、というか愛称のようなものが欲しくて色々と考えていたのです。


[スケール]には色々な意味があります。

例えば、「寸法・ものさし」。これが一番知られている意味です。
あと「音階」なんてのもあります(ドレミファソラシ…の音階です)


音楽講師をしている姉によると、最初、鍵盤の楽器は、[スケール](音階)とともに[カデンツ]という「文法」を用いて、練習をするそうです。

鍵盤の楽器の練習において、[スケール](音階)と[カデンツ](文法)は「セットで覚える」ものだそうです。

それを聞いて、[スケール]は既にあるから、それとセットになる[カデンツ]にしよう、と思ったのです。

一つの建物の中に[スケール]と[カデンツ]がセットである。

音楽を知っている人にとっては納得のできる名付け方だと思うのです。


カフェを始めて5年目で[カデンツ]がオープン。さらにその3年後に雑貨も始め、現在に至ります。


さて、もう一つよくある質問にお答えします。

「どこかで料理や製菓を勉強してきたのですか?」

これは最も多い質問です。


答えとしては「専門的に勉強したことはありません」です。


私は大学生だった4年間、京都で過ごしましたが、料理や製菓とは全然関係のない学校でしたし、一人暮らしだった割にほとんど自炊もしませんでした。(お菓子作りなんて一度もしかことがありません)


カフェで働きだしてなんとなく「自分で色々と作れるようにならなきゃな」と思い、本やネットで調べて、自分で作り始めました。

あとは外で食べ歩き、でしょうか。


だからキャリアとしては全然浅いですし、専門的な知識や技法を全く知りません。
お菓子作りの正攻法を全く知らずに現在に至る……というかなり乱暴な経歴です。

一応、カフェで働き始めて5年目、[カデンツ]をオープンする際に、調理師免許は取得しましたが、料理ができるといっても簡単な料理くらいです。
(そんな私でも調理師免許が取れてしまうという日本の制度もどうかと思いますが(^^;))


という感じです。

ですので、質問に答えるとしたら「独学です」ということです。
(「独学」って言えば聞こえがいいかもしれませんが、大したことありません…)













.
[PR]
by scale-158 | 2010-09-17 09:57 | other works | Comments(4)
パン屋「enici」のパン
先日の「まんてん市」に出店していたパン屋さん「enici」。

もともとは紀北町の紀伊長島出身で、長らく関西方面のパン屋さんやレストランで働いていたそうで、去年地元である紀北町に戻ってこられたとのこと。

「enici」のパンは天然酵母を使用し、石釜で焼き上げたもの。

石釜で焼く時の難しさや、天然酵母の酵母について、関西時代のお話や、材料のことなど、色々とお話させていただき、楽しい時間を過ごさせていただきました。


この地方にも天然酵母、石釜のパン屋さんができて嬉しい限りです。


「まんてん市」の様子↓以前からもこういうイベントに参加していたそうです。
c0092610_965729.jpg



「ちょっと大きいかな?」と思う方にはその場で半分にカットしていただけます。
c0092610_971426.jpg



実はライ麦パンとカンパーニュを買って帰ったのですが、ちょうど親戚のおばさんが来ていて、このパンが欲しいというので、全部あげちゃいました(^^;)

また直接買いに行ってこようと思います。



昨日はおやつにスコーンをいただきました。
[プレーンのスコーン]と[紅茶といちじくのスコーン]。
c0092610_972616.jpg




スコーンは、ベーキングパウダーを入れず(!)、その替わりに天然酵母を入れ、その力で膨らませるそうです。

どちらかというと、しっとりとした食感で、何も付けず、そのままでも充分に美味しいスコーンでした。

c0092610_974238.jpg





また買いに行ってこようと思います。













.
[PR]
by scale-158 | 2010-09-15 09:21 | bread | Comments(0)
「ゆきんこ硝子」、新作入荷
先日の「まんてん市」にも出店してくれた「ゆきんこ硝子」、「ゆきんこ」さんこと、中野由紀子さんの新作の硝子作品を入荷しました。


「ゆきんこ」さんにしては珍しい濃い色を使ったピッチャー。

黒と緑の色使いに心惹かれて、置いていってもらいました。


c0092610_1321094.jpg




グラス↓白い模様は描いてあるのではなく削ってあるんです。
凹凸があって手や指にフィットします。

c0092610_13221042.jpg




ネックレス。
透明で、家の形をしています。

c0092610_13231639.jpg


光にかざすと、まるで氷のようです。(溶けてしまいそう…)


真正面から写そうとすると、光を透過してしてしまい、ピントが合ってくれないので、斜めから撮りました。

c0092610_13384345.jpg




ここに紹介した以外にも作品はありますので、ぜひ見に来てくださいね。














.
[PR]
by scale-158 | 2010-09-14 13:47 | zakka | Comments(0)
「永遠の夏休み」(@みやちとーる)、発売中
紀伊長島出身・写真と音楽をこよなく愛するフォトグラファー、みやちとーる氏が高校卒業までの少年時代を過ごした郷里の海や山や町を、かけずり回った小学校区内に限定して掘るがカメラと共に歩き、その原風景を追い求めた!自身初となる写真集、「永遠の夏休み」。


みやちとーる氏は大阪で活躍するフォトグラファーですが、尾鷲のキタガワノホトリに写真スタジオ「ステキ工房オワセ」を作って、東紀州地域でも活動しています。


先日の「まんてん市」でも大阪から駆けつけてくれました。


cafe ScaLeでは、氏の写真集「永遠の夏休み」を取り扱い、販売しております。


c0092610_123739.jpg




冊子「尾鷲にも戦争があった」も販売中です。

c0092610_1234966.jpg














.
[PR]
by scale-158 | 2010-09-14 12:04 | other works | Comments(0)
まんてん市、無事に終了致しました。
2日間にわたり行われた「まんてん市」と「古本大市」。

無事、盛況のうちに終了いたしました。


来ていただいたお客様、手伝ってくれたスタッフのみなさん。


本当に本当におつかれさまでした&ありがとうございました。
[PR]
by scale-158 | 2010-09-12 16:32 | Comments(0)
「まんてん市」、スナップ
c0092610_1214363.jpg




c0092610_12152714.jpg




c0092610_12155811.jpg




c0092610_12163135.jpg





c0092610_1218074.jpg




c0092610_121784.jpg




c0092610_12192159.jpg




c0092610_12195972.jpg




c0092610_12221711.jpg





c0092610_12232872.jpg

[PR]
by scale-158 | 2010-09-12 12:24 | events | Comments(0)
「まんてん市」2日目!
今日もいい天気です。

「まんてん市」、2日目開催中です!


今日から参加。


「アロマサロン HASU」(マッサージ体験、アロマグッズ販売)

c0092610_9573122.jpg


美白化粧水も自分で作成できます

c0092610_9585999.jpg



オーナーのHASUさんはアロマのプロフェッショナルで、資格もたくさん持ってます。

色々相談にも乗ってもらえます。
c0092610_1075974.jpg




「えびすや」(木工体験、木雑貨)

c0092610_1018858.jpg


c0092610_10183715.jpg


c0092610_1019990.jpg


c0092610_10203484.jpg


c0092610_10205657.jpg


c0092610_10211624.jpg




「enici」(手作りパン)

スコーンもあり
c0092610_1117225.jpg




カンパーニュやライ麦パン
c0092610_1118619.jpg


並べたそばからボンボン売れて行きます
c0092610_11183886.jpg











.
[PR]
by scale-158 | 2010-09-12 10:08 | events | Comments(0)
お店紹介、その2
まんてん市、お店紹介の続きです。


「ステキ工房オワセ」(写真スタジオ)

代表の「みやちとーる」氏、写真集を出しました。

c0092610_11313137.jpg


写真展もやってます
c0092610_11325387.jpg




「可成屋 和操」(手作りジャム)

c0092610_1135516.jpg




「カデンツ」(焼き菓子 雑貨)
c0092610_11395034.jpg




今日は以上の出店です。

明日はまだ増えます。












.
[PR]
by scale-158 | 2010-09-11 11:40 | events | Comments(2)