三重県の南部、尾鷲市にあるカフェ、scale-158での日常をお伝えします
by scale-158
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
カテゴリ
全体
cafe
sweets
cold sweets
cookies
pasta
drink
flower&plant
food
bread
zakka
events
art & design
photo
other works
owase
ippin muse
ukulele club『Pu-ca』
未分類
PROFILE
cafe Scale

開業:2002年2月
形態:カフェ

営業時間 8:00〜19:00
定休日 水・木曜日
住所 三重県尾鷲市宮の上5-11
電話  0597−22−5258

掲載写真の無断使用はお断りします。
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
お気に入りブログ
青空藝術計画
うちの食卓 Non so...
ビバ!ゆるゆる生活
函箱ブログ
隠れ屋アロマサロンHAS...
ことりんご
へうげもの offici...
ロマン座シネマ倶楽部
色ではなく寸法です
Transparent
日菓のあれこれ
ようこそ尾鷲市国際交流協会へ
珈琲日和
シャッター切るのが楽しくて!!
coupe-feti
- PHOTO-SW!T...
Bokuのtempo l...
猫曜日。
東紀州コミュニティデザイ...
海山の材木屋さん
ずいぶん いいもの みつけたね
デザインのひきだし・制作日記
小石原さんの金継ぎ 繕い...
“しりトリオ”のしりとり...
尾鷲子育て情報局
Boku の monol...
映画『ひかりのおと』ブログ
最新のコメント
久し振りに拝見させて頂き..
by omura at 09:34
お疲れ様です。 確かに..
by omura at 18:18
muraさん、お越し頂き..
by scale-158 at 11:11
久しぶりの休日となったよ..
by omura at 17:46
omuraさん ありがと..
by scale-158 at 23:44
大地の揺れる感覚は何とも..
by omura at 11:57
とてもアクティブな方です..
by omura at 23:25
おむらさん。コメントあり..
by scale-158 at 12:23
もう少し暖かくなったら尾..
by omura at 17:42
SAKUさん 私がこの..
by scale-158 at 11:15
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧
『緊張感』によって結ばれる『連帯感』
今日の尾鷲地方、風が吹いていますが、温かい気温です。


この間、NHKの[プロフェッショナル〜仕事の流儀〜]を見ました(再放送で)。

出演はデザイナーの[石岡瑛子]さん。

実は名前を聞いて全然ピンとこなかったのですが、もともとはアートディレクターで、有名な広告をいくつも手がけています。

過去の[石岡瑛子]さんの仕事として[パルコ]の広告が出ていて、「あ!知ってる!」って思いました。

[パルコ]の広告も手がけているのなら、[資生堂]も手がけているのかな?と思って調べてみたら、ビンゴ。[資生堂]は[パルコ]の前の仕事でした。

40歳にして、広告業界と日本を出て、単身ニューヨークへ。

そこで今までした事の無い衣装のデザインの仕事を始めたそうです。
(始めた、というより、ひょんなことから仕事が舞い込み、手がけることになったみたいですが)

衣装のデザインをしたことのない[石岡瑛子]さんが、いきなり衣装の仕事を手探りで40歳で始め、今やハリウッドの映画、舞台などの衣装を数多く手がけています。

これまた気になって調べてみたら、衣装が気になっていた映画[落下の王国]の衣装を手がけていました。(あと北京オリンピックの開会式の衣装なども)


番組の内容の話を。

番組では1mmの細部までこだわりを見せる様子が写されていました。

1mm…。

1mmを修正すればいい、というのはではなく、修正した結果納得のいく修正が1mmだった、ということでしょう。

「1mmって…」って思いません?
私は思います。

たかが1mmって。


でもそれって(結果的には)、衣装が1mm修正された、という事実だけが残るのではなく、それに関わる人の緊張感を高めることにもなる、と番組を見て思いました。

逆に、「見えない部分はいい」というような妥協を担当者が許すと、それのほころび(まさにほころび)が増殖し、全体的な緊張感を欠くことになあります。

舞台、映画は1人が関わるわけではありません。
どんな仕事だってそうです。

全体的にレヴェルの高い仕事をしようとするならば、個々が責任を持ち、緊張感を持続させることなんだなあ、と思いました。

その仕事が終われば、その緊張感から解放され、安堵の空気が生まれるでしょうが、それまでは、緊張感というものが、連帯感に繋がっているのだと、番組を見て思いました。

さて、尻切れとんぼな感じですが、今日はこの辺で。




今日紹介は[イチゴのクレームブリュレ]です。


c0092610_183946.jpg




文字通り、クレームブリュレにイチゴが入ったものです。

仕上げに三温糖を降って、バーナーでパリパリに焦がしてお出しします。











.
[PR]
by scale-158 | 2011-02-19 16:52 | sweets | Comments(4)
明日はバレンタインデーですね〜。
今日の尾鷲地方、とても温かいです。

さて、明日はバレンタインデーですね。

と、いうことで、只今菓子工房[カデンツ]ではチョコレート菓子が並んでいます。


写真は[マシュマロチョコバー]です。


マシュマロを手鍋に入れて火をかけます。
マシュマロが溶けたら、ビスケット、スライスアーモンド、チョコレートを入れて溶かし込みます。

あとはバットに移して固まるのを待って出来上がりです。

c0092610_1527641.jpg

スイートチョコで作った[マシュマロチョコバー]↑


c0092610_1527372.jpg

ホワイトチョコバージョンはラムレーズン入り。


一袋250円。
c0092610_15305049.jpg


バレンタインのチョコを買い忘れた方、まだ間に合いますよ(^^)









.
[PR]
by scale-158 | 2011-02-13 15:31 | sweets | Comments(0)
尾鷲にも雪が積もる
昨日のことですが、温かいここ尾鷲でも雪が降り、なんと積もりました。

やっぱ普段雪を見慣れてないだけあって、雪を見るとちょっと興奮します。





c0092610_2149232.jpg



c0092610_21492318.jpg



c0092610_21494028.jpg



c0092610_2150775.jpg



c0092610_21503166.jpg






甥っ子にとっては積もる雪は初めてです…。









.
[PR]
by scale-158 | 2011-02-12 21:51 | photo | Comments(0)
茶の湯とインスタレーション
今日の尾鷲地方、晴れです。
温かい日が続きます。
記録的な小雨じゃないでしょうか…。

雨が降ったら降ったでそれを利用して掃除したいので、やっぱり時々は降って欲しいですね…。

尾鷲は今日は[ヤーヤ祭り]の最終日。

これが終われば冬の寒さも峠を超え、春がやってきます。

東大寺でいうところのお水取りみたいなもんでしょうか。




さて、最近、美術館とか行って、気になるワードがあります。

それは[インスタレーション]という言葉。

『今更インスタレーション?』と思われてしまいそうですが、以下[Wikipedia]からの[インスタレーション]の引用です。


インスタレーション(Installation art)とは、1970年代以降一般化した、絵画・彫刻・映像・写真などと並ぶ現代美術における表現手法・ジャンルの一つ。ある特定の室内や屋外などにオブジェや装置を置いて、作家の意向に沿って空間を構成し変化させ、場所や空間全体を作品として体験させる芸術。ビデオ映像を上映して空間を構成することもあれば(ビデオ・インスタレーション)、音響などを用いて空間を構成する(サウンド・インスタレーション)こともある。
空間全体が作品であるため、鑑賞者は一点一点の作品を「鑑賞」するというより、作品に全身を囲まれて空間全体を「体験」することになる。鑑賞者がその空間を体験(見たり、聞いたり、感じたり、考えたり)する方法をどのように変化させるかを要点とする芸術手法である。最初はおもに彫刻作品の展示方法の工夫や、ランドアート・環境芸術の制作、パフォーマンスアートの演出に対する試行錯誤から誕生したが、次第に彫刻などの枠組みから離れ、独自の傾向を見せるようになったため独立した表現手法として扱われるようになった。

インスタレーションは基本的には一時的(テンポラリー)なものであり、展覧会期が終われば撤去されてしまい人々の記憶の中にしか残らない。写真や映像記録だけが後から追体験する方法であるが、写真を見るだけではその作品を体験したとはいえない。ただしその写真自体がインスタレーション作品とは異なった魅力を発揮する作品になることもある。
また、インスタレーションは設置場所に固有(サイトスペシフィック)のものである。近代以降の西洋の芸術作品は、額に入った絵画や台座に乗った彫刻などのスタイルになり教会などの建築物から自立し、世界中のどこに置いても同じように成立すると考えられるようになった。しかしこれに対して、インスタレーション作品は設置場所の形状や周囲の壁面・建築・地形との関係、その場所にかかわる歴史や記憶などから発想して制作され、これらと密接に結びついている。それゆえ、他の場所への移転や再現は、作品として成立しなくなるため困難である。
一時的でしかも場所固有なので、そこに恒久設置された作品ではない限り会期後は消えうせることになる。また、売買は基本的に困難である。売買にあたっては、美術館などが作家に制作を依頼して制作費を払い恒久設置あるいは一時設置の方法をとるか、またはコレクターや美術館が詳細な設計図とともにパーツすべてを買い取り、再設置に当たっては作家が監修してその場所に合わせて展示方法を変えることなどの方法がとられる。作家や美術商がインスタレーション制作前に習作として描いたドローイングや試作模型、インスタレーション制作後の記録写真などを販売することもある。


以上、[Wikipedia]から[インスタレーション]に関する、一部抜粋でした。



つまり、展示して観賞する、というだけでなく、観賞する側が『見る』という以外の感覚を使って、アートを体験する、体感する、ということです。


伝統的な展示は、その作品の由来や制作の意図を細かく説明し、観賞のポイントを優しくレクチュアしてくれますが、[インスタレーション]はそれがありません。

アーティスト、というのは、ただ単に作品を作ってお金を得る、というのではなく、大抵、社会に対するアンチテーゼ、提唱や疑問を作品の中にメッセージとして込めます。

そしてその作品が『何かに対する自分なりの問いかけ』なのだとするとそれとセットで『自分なりの解』もメッセージとして込められているはずです。

観賞する側が何かのアクションや体験を通して、制作者の意図を探ろうとします。

何を言いたいのか、何を問いたいのか、そしてその解とは何なのか。

しかし、えてしてアーティスト側はそれを明確に文字化したり、ましてや『これが解である』という見識を披露することはありません。

全ては観賞する側に委ねられています。
観賞する側は読み取らなければりません。

[インスタレーション]は、提示する側だけでなく観賞する側の感性を問われます。
[インスタレーション]とは、『記号の応酬』です。
[インスタレーション]とは、『勝負の場』です。

これは現代・近代の話です。


では、その昔はそのような試みはなかったのか、というと、そうではありません。


最近は[利休にたずねよ](@山本兼一)という本を読みましたが、昔の『茶の湯』の席は今で言うところの[インスタレーション]であったと思います。


茶室、という空間自体が空間芸術そのものですし、そこに用いられる茶器、花器、掛け軸も演出ですし、所作そのものも演出ですし、そう考えると総合芸術です。

[茶の湯]の本質とは『くつろぎ』ではなく『快楽』なのではないかと思います。

記号を読み解く快楽、芸術を共有する快楽。

不自由の中の自由、有限の中の無限、死の中の生
侘び寂びの美、所作の美
おもてなしと一期一会のの精神

それらを含めて快楽であり、幸福なのだと思います。



『もてなし』を一つの[インスタレーション]として、もてなす側ももてなされる側も理解すれば、違った楽しみ方ができるものだと思っています。


カフェももちろんもてなしの仕事ですから、その空間をただ『お金をもらってサービスを提供する』『お金を払ってサービスの提供を受ける』という関係に、[インスタレーション]の考え方を(一つのスパイスとして)導入することによって、より『劇場型』の空間になっていき、提供する側と受ける側の間に『貨幣の交換』以外にも『記号の交換』が始まるはずです。

…などと、自分で書いてみて、初めて気付いたことがありました。

私の私の家族は、『そういうこと』に価値を見出してこの仕事を始め、今も続けていることに。

『貨幣の交換』以外のこと。

そう、これです。

これにたどり着くまでに10年近くかかりましたが、これが一つの答えだと思いますし、本来カフェとはそういう成り立ちだったのかもしれません。


[インスタレーション]から思わぬ方向に話が進みましたが、長くなりましたのでこの辺で。



さて、写真は[抹茶のビスコッティ]です。

写真ではわかりづらいのですが、クルミと、小豆が入っています。


c0092610_10215922.jpg



生地が出来てから小豆を入れて、手で混ぜれば良かったのですが、全部スタンドミキサーに入れて混ぜてしまいました。

結果、柔らかい小豆が原型をとどめることなく、ペースト状になって生地に練り込まれていきました。

しまった。

本当は小豆はそのままの形を保持したまま焼きたかったのに。

次からは手でちゃんと混ぜます(反省)。











.
[PR]
by scale-158 | 2011-02-06 15:52 | cookies | Comments(4)
owasebon vol.35 (と、ヤーヤ祭り)
「尾鷲暮らしをたのしむためのクチコミ情報誌」のキャッチコピーでおなじみ、尾鷲発フリーペーパー[owasebon](尾鷲本)の最新号、第35号が発行されました。


c0092610_9333127.jpg



この[owasebon]は、2ヶ月に1回、2000部発行されます。
表紙、裏表紙合わせて全16ページ、サイズはA6サイズのポケットサイズです。

巻末には協力いただいているお店の広告や、尾鷲の地図が掲載されており、この小さなフリペを片手に尾鷲を散策できるようになっています。

尾鷲市内、市外(熊野市や紀北町、松阪市、津市など)、130カ所以上の公共施設、店舗などと交渉し、少しずつ置いていただいています(そこを利用する方には[owasebon]は無料で手に入ります)。

県外の方でどうしても読みたい、という方には年間定期購読、という形で対応させていただいています。


誌内には新規店舗の情報などを、広告、というかたちで掲載しています。

その場合、広告費として代金をいただいています。

巻末には16マス広告として、店舗さんからサポートをいただいております。


これらの資金は全て[owasebon]の制作費に充てられます。

それでも資金面では苦労している部分もあり、自己負担でお金を出したり、イベントなどに出店したり古本市などで資金を調達しています。


[owasebon]は、取材をして内容を考えることだけが作業ではありません。
製本作業、配布作業、資金調達のための活動も[owasebon]作りの一環です。

中には、製本作業を毎回手伝ってくれる人、配布作業を手伝ってくれる人、何もできないけど、と言って募金をしてくれる人もいます。

スタッフが年々不足している[owasebon制作委員会]にとって、そのような形でサポートしていただくことにより大変助かっている面があります。

そのような人達のサポート、読者の言葉に支えられ、6年間活動しています。

これからもどうぞ、みなさまの熱い、厚い応援とサポートをお願いいたします。


ちなみに[owasebon]の記事を書いている記者のほとんどは、普通に働いている一般市民で、行政職員はいません。

つまり『市民目線』で書かれており、観光ガイドには載らない四方山話なども充実しております。

長らくこの[owasebon]を収集していただいている方もいますし、私も過去の[owasebon]を読み返して思うことですが、このフリーペーパーは、地元の民俗的な資料としても結構面白いのではないかと個人的には思っています。

このフリーペーパーは基本的には特集を決めてますが、あとは記者それぞれの采配によって自由に書けるという自由なスタンスをとっており、それが結果的にバラエティに富んだ内容に繋がっているのだと思っています。

故に今昔が交差し、今を知るための雑誌、昔を知るための資料として、幅の広い使い方ができるのだと思います。


また、新聞広告や折り込みチラシと違って、[owasebon]に掲載された広告は長い期間にわたってその効力を発揮しています。

それは新聞や折り込みチラシとは違って、捨てずにとっておいてくれる読者が多く、またその読者が他の人におすすめしてくれている、という時間差と連鎖があるからです。





さて、最新号の特集は尾鷲の冬の風物詩[ヤーヤ祭り]の特集です。

[ヤーヤ祭り]は“天下の奇祭”とのキャッチコピーがついていて、特に『練り』が有名ですが、今回の[owasebon]では、そんな[ヤーヤ祭り]の楽しみ方、『練り』以外の祭りの側面などもフィーチャーしています。

ぜひ、手に取ってお読み下さい。



さて(まだ続くの?)、その[ヤーヤ祭り]ですが、昨日、その祭りの始まりを告げる[扉開き]が[尾鷲神社]にて開かれました。



c0092610_938941.jpg




c0092610_938416.jpg




c0092610_938536.jpg




c0092610_939748.jpg





c0092610_9392170.jpg





明日の夜から男衆による勇壮な『練り』がはじまります。



[owasebon]と合わせてお楽しみください。











.
[PR]
by scale-158 | 2011-02-01 09:40 | owase | Comments(0)