三重県の南部、尾鷲市にあるカフェ、scale-158での日常をお伝えします
by scale-158
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
カテゴリ
全体
cafe
sweets
cold sweets
cookies
pasta
drink
flower&plant
food
bread
zakka
events
art & design
photo
other works
owase
ippin muse
ukulele club『Pu-ca』
未分類
PROFILE
cafe scale-158

開業:2002年2月
形態:カフェ

自慢:ネルドリップの珈   琲
   リーフの紅茶
   手作りのスイーツ

sweets factory & zakka shop kadenz

開業:2007年2月
形態:テイクアウトの焼き菓販売 雑貨の販売


営業時間 8:00〜20:00
定休日 木曜日
住所 三重県尾鷲市宮の上5-11
電話  0597−22−5258

掲載写真の無断使用はお断りします。
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
お気に入りブログ
青空藝術計画
うちの食卓 Non so...
ビバ!ゆるゆる生活
函箱ブログ
隠れ屋アロマサロンHAS...
ことりんご
へうげもの offici...
ロマン座シネマ倶楽部
色ではなく寸法です
Transparent
日菓のあれこれ
ようこそ尾鷲市国際交流協会へ
珈琲日和
シャッター切るのが楽しくて!!
coupe-feti
- PHOTO-SW!T...
Bokuのtempo l...
猫曜日。
東紀州コミュニティデザイ...
海山の材木屋さん
ずいぶん いいもの みつけたね
デザインのひきだし・制作日記
小石原さんの金継ぎ 繕い...
“しりトリオ”のしりとり...
尾鷲子育て情報局
Boku の monol...
映画『ひかりのおと』ブログ
最新のコメント
久し振りに拝見させて頂き..
by omura at 09:34
お疲れ様です。 確かに..
by omura at 18:18
muraさん、お越し頂き..
by scale-158 at 11:11
久しぶりの休日となったよ..
by omura at 17:46
omuraさん ありがと..
by scale-158 at 23:44
大地の揺れる感覚は何とも..
by omura at 11:57
とてもアクティブな方です..
by omura at 23:25
おむらさん。コメントあり..
by scale-158 at 12:23
もう少し暖かくなったら尾..
by omura at 17:42
SAKUさん 私がこの..
by scale-158 at 11:15
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧
今週の[いっぴんミュゼ]vol.3
[いっぴんミュゼ]、滞りなく、3作品目の展示となりました。





c0092610_933364.jpg




タイトル名:迎春
作者:樋口珠美
展示期間:2011年12月21日〜2012年1月3日

展示時期を考えて、今回の作品はウサギと龍が描かれた年賀状風の作品です。

龍がいわゆる中国風のドラゴンではなく、西洋風のワイバーンなところが、なんとも若々しいなと思います。

かわいい龍ですよね。

大きな作品から小さな作品まで、テーマも自由に選べて展示できるところが[いっぴんミュゼ]の特徴でもあります。

ぜひ、感想用紙に感想を書いてあげてください。








.
[PR]
by scale-158 | 2011-12-30 09:34 | ippin muse | Comments(0)
東紀州花まるの店 2012
『東紀州版ミシュランガイド』の異名をとる(?)[東紀州花まるの店]の2012年版が出ました。

紀北町、尾鷲市、熊野市、御浜町、紀宝町にある飲食店38店舗を紹介しています。




c0092610_13435919.jpg




この[東紀州花まるの店]は今年で3年目の出版になります。
(たぶん、今年で最後じゃないかな……)


私、この[東紀州花まるの店]大好きです。
県の[東紀州まちづくり公社]というところが出版していて、無料で配布しています。

[スケール]にも置いていますが、毎年すぐに無くなっちゃうくらい人気ですし、何より「役に立つ」という点において、私は高評価です。


[スケール]は、朝と昼しか食事を提供していませんし、基本、パスタとかカレーとか、そういうメニューなので、お刺身とか懐石料理を食べることはできません(カフェですからね…)。

よくお客さんに、夜の食事処で良い店は無いか?と聞かれるのですが、私自身他店のことをあまりよく知らないのです。

そういう時は、この[東紀州花まるの店]を見てもらって参考にしてもらいます。

写真もキレイだし、何より、尾鷲市だけじゃなく、紀北、熊野までカバーしているので助かります。
私自身行ったことのない店、知らない店もいっぱい載ってます。


この時期、帰省される方も多いと思います。

外食の際はこの[東紀州花まるの店]を参考にしてみてはいかがでしょうか……………と、言いたいところですが、年末年始はイレギュラーな休みがあるかもしれませんので、先にお店に問い合わせすることをおすすめします。

同業者としては、営業時間を問い合わせの上、来店の時間や人数などを伝えてあげると助かると思います。
この時期、本当に飲食店はお休みをとっているかどこも満席の状態が続きますので。


ぜひ、[東紀州花まるの店]2012年版をご利用ください。









.
[PR]
by scale-158 | 2011-12-28 14:06 | owase | Comments(2)
激痛の走るクリスマス。
クリスマスが終わりそうな時間帯の更新です(^^;)


今日は朝から背中が痛くて、午後にはもう立っていられなくなって、寝ていました。

こういうこと、確か一昨年の5月、、、ゴールデンウィーク明けにもあって、確か入院しました。
CTやらMRIやらの検査をして、さしたる異常もなく「痛みの部位から言って結石でしょう」とのことで、大した対処療法も無く、無駄に入院して帰ってきたことがあります。

おそらくそれと同じですね…

入院するよりは、数日、ゆっくりと自宅療養したほうが回復すると思うので(この時期に入院は嫌だあ〜)ボチボチやります。


そういえば、甥っ子にクリスマスプレゼントを買ってあげました。
一緒に遊べるやつ。

今日は寝てたので、一緒にはあそべませんでしたが、甥っ子は喜んでくれて、「明日一緒に遊ぼ!」と言ってくれました。

明日には回復してるとはとても思いませんが…甥っ子と遊べるのを夢みて療養につとめたいと思います(←大袈裟)


さて、今日の写真は[イチゴのタルト]です。


c0092610_2356184.jpg



c0092610_2359875.jpg



やっぱりこれは美味しいですね。
見た目もゴージャスだし、作ってて楽しいし。
素材をそのまま楽しめる、という点でイチゴというのはやぱりスイーツの王様(女王?)だと思うのです。









.
[PR]
by scale-158 | 2011-12-25 23:44 | sweets | Comments(0)
今週の[いっぴんミュゼ]vol.2
先週から始まった『一品、逸品だけの美術館』、[いっぴんミュゼ]。

早くも1週間が経過し、2つ目の作品に入れ替えとなりました。




c0092610_12425811.jpg



タイトル名:心
作者:小椋紗宝
展示期間:2011年12月21日〜27日

鉛筆で描かれています。
モノクロのトーンが幻想的、というか、少女の不安定さをうまく表しているようにも見えます。

感想用紙がありますので、みなさん、感想を書いてあげてください。
きっと励みになると思います。

不安げな少女の瞳が力強くなってくと思います。







.
[PR]
by scale-158 | 2011-12-22 12:43 | ippin muse | Comments(0)
エレメンツ
そういえば、11月の末に(もうひと月も前の話ですなあ)好き勝手に作ってるフリーペーパー、[g[gram]](グラム)の9号目を作ったのに、お知らせするのを忘れてました。


c0092610_13343231.jpg



c0092610_13365626.jpg




まあ、発行部数も極端に少ないし、楽しみにしている、と言う人も少ないので、告知をしなかったところでどうということはないのですが…

でも作ったからには告知しないと9号目が可哀想なので、一応。


勝手に作ってるフリペ[g[gram]]には役に立つ情報は一切載っていません。
個人的な趣味で作っているだけです。


[g[gram]]の副題にはこう書いてあります。

…the most basic unit of weight and most basic elements of Life

これは[g[gram]]の説明です。

c0092610_1341443.jpg


前半部分を訳すと、「最も基本的な重さの単位」になります。
これは本当に「グラム」というものの意味を書きました。
私はスイーツを作る仕事をしていますが、私が使う重さの基本単位はグラムです。
(キログラムではありません)

後半部分を訳すと、「最も基本的な人生の要素」となります。
ちょっと文法的にも訳としてもおかしいかもしれませんが…
これは重さとしてのグラムとは関係なく、このフリペ[g[gram]]の説明です。

[g[gram]]は、私が思うこと、私が好きなことを書いています。
私が読んだ本の感想、見た映画の感想、好きな詩の紹介、行ってみたい国と、大好きな雑貨について、働いているカフェのことについて…………

つまり、[g[gram]]の内容は、今の(そしてこれまで)私の形作っている要素でできています。


人は働いて、食べて、呼吸して、寝るだけで生きているわけではありません。

映画を見たり、本を読んだり、アートに触れたり、スポーツをしたり、趣味に没頭したり、恋をしたりして生きています。

むしろ、「それら」が目的であり、仕事はその手段に過ぎない場合もあります。

「それら」のことを私は「elements」(要素)と名付け、[g[gram]]の副題にしています。


みなさんの「人生の要素」とはなんですか?






.
[PR]
by scale-158 | 2011-12-21 13:40 | other works | Comments(0)
雨を見たかい
今日の尾鷲地方は晴れ。

雨は降っていません。

今日の朝、ラジオを聞いてると[C.C.R](Creedence Clearwater Revival/クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル)の[雨を見たかい](Have you ever seen the rain?)が流れてきました。

この歌詞に出てくる『雨』はナパーム弾を表し、反戦歌であることが俗説ですが、違うという説もあります。

[You Tube]で検索すると聞くことができます。
きっとどこかで聞いたことあると思います。

私、この曲を最初に聞いた時は[ロッド・スチュワート]の曲だと思ってました(笑)
似てません?似てないか。


さて、今日の写真は[イチゴのロールケーキ]です。


c0092610_13415.jpg



クリスマスが近いのでスーパーにイチゴが並んでいます。
スイーツを作る者としてはテンションが上がる時期です。

c0092610_135371.jpg



この時期はイチゴ、栗、イモなど、使える季節の食材があって楽しいです。





○近況

関係ないですが、最近、大学の部活の同窓会の会報を作っています。
意外や意外、作ってみるととっても面白いものです。


先日、伊勢の[伊勢進冨座]という映画館に行って[エンディングノート]という映画を見ました。
とってもいい映画でした。
号泣、というわけではありませんでしたが、熱い涙が頬をツツーっと伝って、その涙はなぜか映画を見終わるまでは拭ってはいけないと思い、そのまま、最後まで見ました。

[伊勢進冨座]、パンフレットによると『来年度のもちまして、従来の進冨座の活動を終了させていただくことになりました』と書いてありました。

『従来の進富座の活動』って、私は映画館としての[進富座]しか知りませんが、きっと映画館としての活動を終了、ということなのでしょう。


[エンディングノート]の上映時間を間違えてしまい、2時間の時間を持て余してしまうはめに。
前から気になっていた[モナリザ]という石蔵を改装したカフェに行きました。
とってもいい雰囲気でした。お土産に[サトナカ]というクッキーを買ってきました。
美味しかったです。









.
[PR]
by scale-158 | 2011-12-20 13:05 | sweets | Comments(0)
今週の[いっぴんミュゼ]vol.1
いよいよ14日からスタートを切った尾鷲高校美術部とのコラボ企画[いっぴんミュゼ]。
(「コラボ企画」って言っても私はほとんど何もしてませんが…)


記念すべき第1回目の『いっぴん』は、[大川志保]さんの作品です。


c0092610_23271890.jpg


タイトル名:紅猿子
作者:大川志保
展示期間:2011年12月14日〜20日


『ベニマシコ』と読むそうです。

[紅猿子]がどういう鳥か気になって画像検索をかけてみましたが、本当にキレイな鳥で、本物そっくりな描写はさることながら、よくこんな鳥を知ってるもんだなあ、と感心しました。

この作品を最初に見た時、額装されているにもかかわらず、なんだか立体作品のように見えて、横から見てしまいました。

もちろん絵なので、立体作品ではないのですが、なぜか不思議に[紅猿子]の部分だけ立体に見えるのです。
ぷっくりとした[紅猿子]が本当に枝にとまっているように見えたのです。

単純に『すごいなあ』と思ってしまいました。
写真ではその『立体感』はわからないと思うので、実際に見ていただきたくあります。

また、制作者による作品解説も、作品の脇に置いてあります。
また、一般のお客さんからも感想が本人に伝わるよう、横に感想用紙と感想用紙入れが置いてありますので、観賞なされた際にはぜひ、ひとこと、感想やメッセージを書いてあげてください。

本人の励みにもなると思います。
みなさんで応援してあげてください。
よろしくお願いします。







.
[PR]
by scale-158 | 2011-12-15 07:00 | ippin muse | Comments(0)
『いっぴんミュゼ』開催前夜
今日の尾鷲地方はくもり。

いよいよ[カフェスケール]と尾鷲高校美術部のコラボ企画がスタートします。

その名も[いっぴんミュゼ]。


〜『いっぴんミュゼ』とは?〜

尾鷲高校美術部の部員の作品を週1回、入れ替えで展示する『1品(逸品)だけの美術館』です。
高校生の美術作品の発表の場を、年中行事の限られた中だけでなく、地域社会に日常の中に求める活動です。

『いっぴんミュセ』という名前自体も高校生が考えだした言葉です。

この言葉の『いっぴん』とは、『1品』『逸品』の意味を込めた言葉で、『ミュゼ』とは『ミュージアム』の意味です。

つまりこのカフェの一角に『1品(逸品)だけの美術館』が高校生の手によって作られます。

[カフェスケール]は高校生のこの『いっぴんミュゼ』の構想に賛同し、カフェの一角を提供することになりました。

普段は見られない若い感性の美術作品をどうぞお楽しみください。

                           cafe ScaLe 店主




以上は、[スケール]のほうで用意した[いっぴんミュゼ]を紹介する文章です。


[いっぴんミュゼ]ついに始動しました。

晴れて今日からのお披露目となりますが、昨日は高校生らがカフェに来てセッティング作業をしました。


↓夜遅くまで作業してくれました
c0092610_10495093.jpg



↓手作りの表題
c0092610_10501578.jpg



↓雑貨屋さんぽいテイストの演出で、カフェの一角としても全く違和感がありません
c0092610_10502843.jpg



↓感想用紙と感想用紙入れ。細かいところまで気が行き届いています。
c0092610_10504063.jpg




肝心の作品ですが、それは日記を改めて紹介したいと思います。




※新たに[ippin muse]というカテゴリを追加しました。











.
[PR]
by scale-158 | 2011-12-14 10:55 | ippin muse | Comments(6)
止まっていた時間が動き出す…?
今日の尾鷲地方は晴れ。
寒い朝です。


先週の土日、友達が遠方から遊びに来てくれました。

1人は奈良から。1人はなんと兵庫から。

2人は大学時代の部活(弓道部)の先輩と同輩で、来年の幹事の引き継ぎの関係で、どうしても直接会わないと進行しない内容の事務作業があって、そのためにわざわざ尾鷲に来てくれたのです。

本当にありがたいことです。
私は当時の弓道部にとって重要な役職に当たっていたにも関わらず、尾鷲、というなんとも遠いところに住んでいるので、なかなか直接会うことができずにいるのです。

そんな尾鷲にわざわざご足労いただいたわけで、嬉しいやら申し訳ないやら…

列車の本数が少ないこともあって、尾鷲に宿泊していただくことになりました。

が、事務作業は夜に行う予定だったので、ホテル等はとらずに、カフェに2階に泊まっていただくことにし、事務作業は夜のカフェで行うことにしました。

こういう時、自分んちがカフェであると便利ですよね(^^)

カフェの2階にある私の部屋も結構広いので、2人分ならお布団を敷いて十分に寝ることができます。(もっと言うとソファベッドもあるしベッドもあるので、遠方からのお客様4人分ならなんとかできそうです。)

仕事中ということもあって、色々と案内するまでには至りませんでしたが、[熊野古道センター]と[夢古道おわせ]にだけ行ってきました。


自分の故郷と仕事場に大学時代の先輩と同輩をお迎えするというのはなんだか恥ずかしい気もありましたが、楽しんでくれたようですし、事務仕事以外にも色々と話ができて良かったです。

今度は皆で福井に行こう、という話になっていますが、果たして実現するのか……?

ま、これからもきっと長い付き合いなので、スローテンポで事は進めていこうと思います。
(来年の幹事の仕事についてはファストテンポで進めていかねばならぬ)

大学を卒業して10年の間、なかなか連絡がついていなくて、なかば大学時代のことは過去のことになりつつありましたが、今年の下半期に入ってからは……弓道部も映画研究会も含め……なんだか止まっていた大学時代の時間が再び動き始めている気がします。

なんか、最近大学関係のことばっか書いててすみません。
カフェに関係無いことばっかりで。




今日ご紹介は[紫イモのモンブラン]です。

c0092610_2338711.jpg


残念ながら、タイミング悪くこのケーキを遠方から来てくれた友達にふるまうことはできませんでしたが(もう売り切れていたので)、別の自信作を食べてもらいました。

一応、「こんなのも作れるようになったよ!」と成長の証をちょっとは見せることができました。
(大学の時はダメ人間でしたので………いや、今も本質的には変わってませんが)


しばらくは紫イモを使ったスイーツがメニューに上ると思いますので、一度ご賞味ください。









.
[PR]
by scale-158 | 2011-12-12 11:25 | sweets | Comments(0)
サンタさんにお願いするもの
今日ラジオを聞いていると、「サンタさんにお願いしたいもの」というテーマでメールを募っていましたが、聞いているリスナーが社会人ばかりだったがためか、かなり現実的なものが多かった気がしました。

私も「欲しいもの」と言われると、、、、こまごましたものなら数限りなくありますし、大きなものなら度を超えた金額のものしか浮かばないという、、、なんともまあ、自分の「サンタさんにお願いするピュアな心」そのものを失ってしまったことを実感するばかりでした。(苦笑)


さて、サンタさんといえば、「子供がお願いするもの」であり、「子供がお願いするもの」といえばたいてい「おもちゃ」です。

私には子供がいませんが、甥っ子が二人いるので、甥っ子に何かおもちゃを買ってやることがあります。

でもいくつかの「条件付き」です。


「ユーモアのあるもの」「アイデア性のあるもの」
「想像力・創造力が養われるもの」
「電池をつかわないもの」
「コミュニケーションがとれるもの」
「ストーリーを自分で作ることができるもの」
「私自身が気に入ったもの」


です。
(かなり条件が多いですね)


だからゲーム(テレビゲームとか携帯ゲームね)を買ってあげたことはないですし、これからも買ってあげるつもりもありません。


ここ数年で私が買ったものは、[トミカ]の[ブーブ]というミニカーのシリーズと、[キュボロ]というビー玉が転がる積み木です。

この二つを買ってあげたのは、見た瞬間に、何より私自身が「面白い!」と思ったからです。

だから「買ってあげた」というよりは「子供をダシにして自分でも遊ぶために買った」という方が正しいです。

私が、そのおもちゃを通して、一緒に遊べるものが良かったのです。
そして、できるだけ長く使いたいと思ったのです。


先日も京都に行った際、帰り際に京都駅の伊勢丹のおもちゃ売り場に行って、何か買ってあげようと思って色々と見て回りました。

すごく面白いものもあるし、すごぐユーモアに溢れたものもある。
優れたデザイン性とゲーム性を兼ね備えたものもある。

私自身、木でできたおもちゃが好きなので、木で出来たおもちゃのコーナーを見ていました。

でも高いんですよねー(泣)

デザイン性に富んでいるのはいいのですが、なんせ高い。

ふと「自作できないだろうか」なんて思いました。
(自作できるものもあるんです…)


特に気になったのは[ギガミック社]というメーカーから出ている[SKYBRIDGE]と[PYLOS]というゲームです。

デザイン性も良く、コミュニケーションをはかることができるし、なにより木で出来ていて、電池も不要で、長持ちしそうだなあ、と思ったのです。

でもよくよく考えると、木で出来ているから尾鷲の木を使って、作れないこともないな、、、なんて思ったりもして。(デザインのクォリティが保たれるかどうかは別として)


なんて思っているうちに買う時間がなく、帰ってきてしまいましたが、未だに作るか買うか、で迷っていたりします。(ま、私はミーハーなので(正規品が好きなので)買ってしまうのかもしれませんが)


木のおもちゃを選ぶのは私の徹底した「貧乏性」がそうさせている部分もあります。

例えば、今持っている[キュボロ]という積み木、、、もし甥っ子がこの積み木に飽きてしまっても、もし私に子供が出来たら、私の子供にも同じもので遊ばせてあげることもできるしなあ、、、なんて思ったりしたもので(私には子供ができる予定はさらさらありませんが)。

それにこの[キュボロ]、意外に大人もハマるのです。
(実際、東京から帰省した兄と兄の嫁さんは私の部屋で、夢中になってこの[キュボロ]で遊んでいました)

きっと[ギガミック社]から出ている木でできたゲームも、大人もハマるのでしょう。
(対象年齢に6歳〜99歳と書いていましたから)


木のおもちゃって、そういう『何世代にもわたって使える飽きのなさと耐久性』が備わっているものだと思うのです。

そう思うと、高い値段もあまり気にならないのかな、って思ったりもします。



[ネフ社]のおもちゃも個人的には好きなのですが…どっちかって言うと『遊ぶ』というよりも『飾る』という要素が強いかな、と思います。
美しいおもちゃではあると思いますが、幼児と一緒に遊ぶおもちゃではないな、と思うのです。




既に長くなりましたが、今日の写真です。


今日のご紹介の写真は[バナナのタルト]です。

c0092610_15441.jpg



アーモンドクリームにバナナを練り込んで焼いたものです。

c0092610_1542898.jpg


熟れたバナナを使うほうが美味しいので、余ったバナナを使うことが多いです。

お皿は市内の雑貨屋さんで買ったものです。
















.
[PR]
by scale-158 | 2011-12-09 00:43 | sweets | Comments(0)