三重県の南部、尾鷲市にあるカフェ、scale-158での日常をお伝えします
by scale-158
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
cafe
sweets
cold sweets
cookies
pasta
drink
flower&plant
food
bread
zakka
events
art & design
photo
other works
owase
ippin muse
ukulele club『Pu-ca』
未分類
PROFILE
cafe Scale

開業:2002年2月
形態:カフェ

営業時間 8:00〜19:00
定休日 水・木曜日
住所 三重県尾鷲市宮の上5-11
電話  0597−22−5258

掲載写真の無断使用はお断りします。
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
お気に入りブログ
青空藝術計画
うちの食卓 Non so...
ビバ!ゆるゆる生活
函箱ブログ
隠れ屋アロマサロンHAS...
ことりんご
へうげもの offici...
ロマン座シネマ倶楽部
色ではなく寸法です
Transparent
日菓のあれこれ
ようこそ尾鷲市国際交流協会へ
珈琲日和
シャッター切るのが楽しくて!!
coupe-feti
- PHOTO-SW!T...
Bokuのtempo l...
猫曜日。
東紀州コミュニティデザイ...
海山の材木屋さん
ずいぶん いいもの みつけたね
デザインのひきだし・制作日記
小石原さんの金継ぎ 繕い...
“しりトリオ”のしりとり...
尾鷲子育て情報局
Boku の monol...
映画『ひかりのおと』ブログ
最新のコメント
久し振りに拝見させて頂き..
by omura at 09:34
お疲れ様です。 確かに..
by omura at 18:18
muraさん、お越し頂き..
by scale-158 at 11:11
久しぶりの休日となったよ..
by omura at 17:46
omuraさん ありがと..
by scale-158 at 23:44
大地の揺れる感覚は何とも..
by omura at 11:57
とてもアクティブな方です..
by omura at 23:25
おむらさん。コメントあり..
by scale-158 at 12:23
もう少し暖かくなったら尾..
by omura at 17:42
SAKUさん 私がこの..
by scale-158 at 11:15
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧
カルナヴァルの夜に
今日の尾鷲地方は、晴れのちくもり。
朝はものすごく寒かったです。

昨日のNHKの[プロフェッショナル〜仕事の流儀〜]を見てました。

昨日は、岐阜県は飛騨高山に店を構えるパン屋さんの回でした。

そのパン屋を営む[成瀬正]さんというパン職人さんの、「飛騨高山という地方でパン屋をやる意義とこだわり」について深く掘り下げていました。

その中でも特に印象的だったのは[成瀬正]さんがフランスに行った時、小さな田舎町に店を構えるパン屋を訪れた時のエピソードでした。

フランス国内でも屈指のパン職人さんが営むその田舎町のパン屋さん、、、、そのパン屋をみて成瀬さんは「この町に住む人はこんな美味しいパンが食べられて幸せだ」と思ったそうです。

そして成瀬さんも故郷の飛騨高山で、「美味しいパンを町の人に食べさせたい」、「この町にこのパン屋があって幸せだ、と思ってもらいたい」とう想い胸に精進に励んだそうです。

そしてその成瀬のさんの店は今や、全国のパン好きが集まる整地となったそうです。


私は自分のお店が「カフェ好きの整地」になってほしいとまでは思いませんが、「この町にこのカフェがあって良かった」と、たった1人でもそうやって思ってもらえる店であったなら、私が[スケール]で働く意味はそれだけで十分だと思っています。


自分の住む町に、誰でも一軒くらいはお気に入りのカフェや喫茶店があって欲しいと思うばかりです。


さて、今日ご紹介はパスタ。
写真は[バジルソースのフェットチーネ]です。


c0092610_9455972.jpg



昨日作った生パスタの生地が余ったので、バジルソースをからめて自分のランチにしました。

ジャガイモも茹でてつければ良かったな。
バジルとジャガイモは合うのです。





※タイトルは[THE BOOM]の曲から。特に意味はありません。








.
[PR]
by scale-158 | 2012-02-28 15:24 | pasta | Comments(0)
日々の食事を記録する。
今日の尾鷲地方は晴れ。
時折冷たい風が吹いています。

先月、肺がん検診をはじめとする健康診断を受けました。
(肺がんだけの検診ではありませんが)

自営業なので、健康診断の義務が無く、またその機会もなかなか無いのですが、市の健康増進推進課かなんかが推奨している自営業者向けの健康診断を受けてきました。

先日、その結果が返ってきました。
特別に異常な数値は発見されず、問題無い、とのことでした。

メタボリックシンドロームも無し、血圧も血糖値も問題なし、とのこと。

若干体重が平均体重を上回っているのが、個人的には気になりますが、そのことも特に指摘はされませんでした。


しかし、やはり体重は落としたいと思い、1週間ほど前から[レコーディングダイエット]というのを実施しています。
[レコーディングダイエット]とは、その日に食べたものをすべて記録することを習慣づける方法のダイエットです。

1週間分見てみると、、、朝食、昼食、夕食はバランスがとれているのだけど、やっぱり間食やあとは夜食が多すぎることがわかります。

コーヒーは一日に平均5杯飲んでいることがわかりました。


とりあえず、間食と夜食をできるだけ減らすこと、そしてコーヒーは砂糖を入れずに飲むことから始めています。


こうやって見て見ると、経済的にも栄養的にも余分なもの、無駄なものが見えてきます。

すぐに全てを辞められるわけではないけれど、意識するのとしないのでは違ってくると自分に言い聞かせ、できるだけ続けていこうと思います。

あとはあれ、「よく噛んで食べる」というのも意識してするようにしています。

少しでも、無理なく、リバウンド無く体重が減らせればいいなあ、と思っています。




さて、今日ご紹介は[イチゴのクレープ]です。


c0092610_1025035.jpg


c0092610_10251274.jpg



中には生クリームとカスタードクリームを合わせたクリームと、イチゴとバナナが入っています。

フォークとナイフで食べると、なんだかリッチな気分になるんですよね。








.
[PR]
by scale-158 | 2012-02-27 14:31 | sweets | Comments(0)
今週の[いっぴんミュゼ]vol.11
尾鷲高校美術部による毎週いっぴん(一品・逸品)による作品展示、[いっぴんミュゼ]。

11作品目の展示となりました。


c0092610_13161194.jpg




作品名:夏の日々
作者:土肥健矢
展示期間:2012年2月22日〜2月28日


作者コメントによると『ジョージア・オキーフを模写しました』とのことです。


偶然、うちに[ジョージア・オキーフ]について書かれた[オキーフの家]という本があったので、参考までに置いておきます。

と言っても、模写の元ネタになるような絵は一切載っていない本で、[ジョージア・オキーフ]の住んでいた環境や家、生活や人間関係について書かれている本です。

模写の元ネタが載っていれば、それはそれで作者に対して失礼な気もするのですが、オキーフ本人について書かれた本なので、その人となりを知るには良い本だと思います。

気になる方はぜひ。


しっかし、高校生で[ジョージア・オキーフ]なんて知ってるもんですかね?
感心してしまいます。









.
[PR]
by scale-158 | 2012-02-24 13:22 | ippin muse | Comments(0)
10th Anniversary
2002年2月22日に開店した[スケール]。
本日2012年2月22日でめでたく10歳を迎えることができました。

この10年のことを書き出すと長い長い日記になりそうなので、今はやめておきます。


今はとにかく、この10年間[スケール]を贔屓にしていただいたお客様方、いつも助けてくれた友人達、家族に感謝の気持ちでいっぱいです。


カフェという仕事を10年やってこれたことを、とても幸せに思っています。


本当に本当にありがとうございました。




c0092610_1022112.jpg



この日は甥っ子のじろうくんの誕生日でもありました。
[スケール]の10歳の誕生日とじろうくんの2歳の誕生日をかねて、イチゴたっぷりのタルトをつくりました。

いつもの2倍の量のイチゴでささやかなお祝いをしました。













.


これからもよろしくお願いします。








.
[PR]
by scale-158 | 2012-02-22 08:54 | cafe | Comments(2)
デザインとツーリズム
定期購読している[d design travel]の最新刊は山梨県特集でした。
([d design travel]は毎号一つの県を取り上げています。現在7号目まで出ています)

今回の[d desgin travel]の山梨県特集では特にワインに重点を置いての内容でした。
その中でも、山梨県にあるワイナリーを回る[ワインツーリズムやまなし]について掘り下げています。

山梨県には約80のワイナリーがあるそうです。
(日本には約200のワイナリーがあるそうなので、半数近くのワイナリーが山梨県にあるということになります)


[ワインツーリズムやまなし]は、2007年に始まった活動で、巡回バスや徒歩で、山梨県内のワイナリーを回るというもので、行く先々のワイナリーでは作り手のこだわりを聞いたり、おすすめのワインを試飲したりできるという企画です。


インターネットで申し込みすると、イラストで描かれた地図と、巡回バスのフリーパスと、参加ワイナリーが紹介された小冊子([br])が付いてくるそうです。

小冊子[br](ビーアール)は山梨のワインを紹介するもので、

・大量生産と思われたくないから手作り感のあるデザインを採用
・質が悪い、安物、と思われたくないから表紙に使うような上質紙を全ページにわたって使用する
・単なる宣伝と思われたくないから800円で販売する

というこだわりがあるそうです。


ワインツーリズムと小冊子の発行の目的は全て『山梨のワインの良さを知ってもらう』ためのもの。

安価でネガティブなイメージを覆すには、まず「知ってもらう」こと。
「知ってもらう」には現地に来てもらうのが一番いい。
ならば現地に来てもらう仕組みを作ろう。

そういう流れだと思います。

この[ワインツーリズムやまなし]の企画は、民間の1人の人が発起人。
ワインツーリズムの時期には特別運行のダイヤが組まれるほど、[甲州ワイン]への関心づけに成功させたそうです。
本気で変えようと思えば1人で変えられるものです。

企画し、人の輪を活かし、情報を整理し発信していく。


私の友達は数年前、このワインツーリズムに参加し、私に小冊子[br]を見せてくれました。

山梨出身のデザイナーやイラストレーターが参加したこともあって、とてもあか抜けたものでした。

[d design travel]でも、ツーリズムとデザインの関係性について触れています。

つまり、デザインとは新たに何かを作るという行為以外にも、既にそこにあるものを『編集して』、改めて世に発信する、という意味合いも含まれます。

特に近年、デジタルカメラの普及とブログやツイッターなどの発展によって、すぐに、広範囲に情報が発信できる時代です。

逆に「情報が多すぎて、欲しい情報を手に入れることができない」「個々に発信された情報によって逆にわかりづらくなっている」という状況も生んでいるいるはずです。

[ワインツーリズムやまなし]はウェブサイトもとってもキレイです。
個々に活動しているワイナリーが個々にPRするよりも、個々の努力を「編集して」(読んで文字のごとく、“収集し”、“編む”。)デザインのフィルターを通して発信するほうが、広く、遠く、多くの人に届きます。

そしてそれらを「編み上げる」人、つまり発起人の行動力と熱意と人徳がモノを言うだと実感しています。


誌内では発起人のことを「1人観光局」と形容していますが、「1人観光局」の才能の一つに、デザイナーとしての能力が必要なんだろうなあ、と思います。





イチゴを食べるじろうくん
c0092610_13103898.jpg


髪を切るたろうくん
c0092610_13102090.jpg


同じく髪を切るじろうくん
c0092610_13121195.jpg



じろうくん、明日で2歳になります。









.
[PR]
by scale-158 | 2012-02-20 13:09 | photo | Comments(0)
今週の[いっぴんミュゼ]vol.10
尾鷲高校美術部の部員による作品展示[いっぴんミュゼ]。

滞りなく10回目を迎えました。



c0092610_914176.jpg



作品名:友人 : yms
作者:黒綾香
展示期間:2012年2月15日〜2月21日



意外にも[いっぴんミュゼ]が始まって以来、初の油絵での作品です。

解説には「友人のキメ顔を描きました」とのことです。

「キメ顔」って比較的最近の言葉ですよね。
そういう、なんか、新しい言葉や流行語を発想の源にするのも面白いな、と思いました。

最近の言葉では他にも「ドヤ顔」とか「ヘン顔」とかありますよね。あと「テヘペロ」というのもありますね。
そういう最近の言葉をテーマやモチーフに作品作りするのも楽しいだろうなあ、と思いました。

そういう遊びは高校生の方が得意だと思います。
社会人になると、なにかと批評や評価がつきまとうものなので、若いうちに色々なアイデアで色々と遊んでみてほしいですね。










.
[PR]
by scale-158 | 2012-02-17 09:16 | ippin muse | Comments(0)
ラジオを聞く朝と本を読む休日。
今日の尾鷲地方はくもり。

さて、今日はまず写真をアップします。

以前から「あると便利だなあ」と思っていた『スコーンの食べ方』を作りました。

c0092610_2349331.jpg


作りました、っていうか作ってもらいました。
イラストを描いてくださったのは知り合いのデザイナーのEMIさん。

三つ折りのミニ冊子で、スコーンの美味しい食べ方がイラスト付きで解説されてます。
な、なんとキュートな!

c0092610_23504329.jpg


c0092610_2351681.jpg


c0092610_23512463.jpg


つい先日の日記でも[kadenz]のパンフを作ったことを紹介しました。
そのパンフも三つ折りで、このミニ冊子も三つ折り。

三つ折りブームが来ております。

今のところ、[スコーン]が売り切れてて、店頭には並んでいないのですが、また[スコーン]を焼いた際にはこのミニ冊子も横に置いておきますので、お持ち帰りください。

c0092610_23523127.jpg




さて。

11日、12日と連休をいただいていた[スケール]です。

この2日間は母の用事でお休みとなりました。
しかも母と私が共用している車も、この2日間は母が使いたい、ということで、私は遠出することも叶わず、大した用事もない休日を尾鷲で過ごすこととなりました。

休日は朝早くに起きなくてもよい、となれば大抵昼前まで寝てしまいがちでしたが、最近はきちんと起きるようにしています。

月曜〜金曜の朝、私は仕事場の厨房で[αステーション](FM京都)を聞いています。

[佐藤弘樹]さんという方が7時から11時までパーソナリティを勤めている番組で、内容はワールドワイドニュースや国内の主要なニュース、ワンポイントイングリッシュなど、朝らしいビジネスマン向けの内容となっています。

低いトーンの声で、主要ニュースを解りやすく噛み砕いて解説してくれたり、映画やアートの情報も興味がそそられる解釈で伝えてくれるので、朝から脳が活性化する思いがします。

私は木曜が休みなのですが、木曜日もこの番組があるので、この番組を聞きたくて起きます。

ラジオなので、ベッドで寝ながらでも聞けるのですが、ちゃんと起きて、ラジオを聞きながらコーヒーをいれて飲むのが休日の朝の過ごし方となっています。

この土日も休みでしたが、朝からラジオを聞くために起きてきました。
が、いつも聞いている[佐藤弘樹]さんの番組は平日のみだったことを思い出し、他のFM局をザッピングしながらコーヒーを飲みました。

何も用事がない土日だったので(あ、みやちくんの写真ワークショップがあったんだ)、しかも車が使えなかったので、自宅で(っていうかカフェで)図書館で借りてきた本、[アレグリアとは仕事はできない](@津村記久子)、[はじめての編集](@菅付雅信)、[考えの整頓](@佐藤雅彦)の3冊を頑張って読み終えました。

よかった、本借りておいて……


余談ですが、時々、尾鷲市の隣りの熊野市まで行って本を借りることがあります。

尾鷲の図書館にもだいぶお世話になっているのですが、熊野の図書館も面白いのでよく覗きにいきます。
ただし、貸し出し期限は2週間なので(だいたいどこでも2週間ですが)、借りたはいいとして2週間以内に読んで返却できるかどうかを勘定にいれて借りる必要があります。

なにせ開館時間に返却するとしたら木曜日しかないので。
一度、どうしても木曜日には返却できないので、水曜の夜に車を走らせて返却したことがあります。
(施設の外から返却できる返却ポストを利用すれば閉館時間でも返却できます)


今回読んだ3冊の本も熊野で借りてきたものです。
休みを利用して全部読むことができたので、無事に木曜日に返しに行けます。










.
[PR]
by scale-158 | 2012-02-13 23:57 | sweets | Comments(0)
東紀州の魅力を伝えるフリーペーパー
[東紀州観光まちづくり公社]というところから、東紀州をPRする色々な出版物が出ています。

前回も紹介した[東紀州はなまるの店]

c0092610_13312683.jpg



新聞のような作りの[東紀州の旬]

c0092610_13331193.jpg



そして先日発行された[東紀州のスイーツ]

c0092610_13351732.jpg



東紀州地域(紀北町、尾鷲市、熊野市、御浜町、紀宝町)の30店舗が紹介されています。


[東紀州はなまるの店]も[東紀州のスイーツ]も、公社が募集を行い、応募のあったお店を掲載しています([東紀州はなまるの店]はさらに審査があります)。

本来ならうち([cafe scale]と[kadenz])もこの[東紀州のスイーツ]に応募するべきだったのですが、ちょっと私の失念で応募し損ねました。

[東紀州はなまるの店]は地元の特産品を使った料理が食べられるお店の紹介をしているのですが、うちはカフェなので、ちょっとスタンスが違うかな、と思い、応募するのをためらっていた部分はあるのですが、[東紀州のスイーツ]はまさにうちが応募するに沿う内容だとは思っていたのですが、完全に私のボケで応募するのを忘れてました。反省しております。

しかしこの[東紀州のスイーツ]、いっぱいスイーツが買えるお店が載ってて、[東紀州はなまるの店]同様、「使える出版物」であることに違いはありません。

公社や尾鷲の主要な施設で手に入ると思うので(スケールにも数部もらってきました)、ぜひお手にとって参考にしてください。












.
[PR]
by scale-158 | 2012-02-12 13:43 | owase | Comments(0)
今週の[いっぴんミュゼ]vol.9
毎週1回の入れ替えで展示する[いっぴんミュゼ]、9回目の作品入れ替えとなりました。


c0092610_1151774.jpg



作品名:始まり
作者:別富大輔
展示期間:2012年2月8日〜2月14日


今回は初の写真の作品です。

ちょっと顧問の先生に製作の裏話をうかがいました。


この作品は朝日(太陽)を撮影していますが、その太陽は黒くなっています。

まるでネガポジのネガみたいになっています。

これはプリンターの特性を逆手にとって出力したそうなのです。

プリンターにはCMYKのインクが使われていて、白のインクというのはありません。
つまりプリンターは「紙の白」を白としてそのまま利用し、「紙は白である」ことが前提になっているわけです。

ですから、黒い紙を使うと白が全く無い状態で印刷されるので、太陽の光は「黒」になってしまうわけです。

わかりますかね?

この作品は、「紙の特性」を噛み砕いて理解し、さらに拡大解釈して理解すると、プリンターや印刷の知識が広がり、その知識を逆手にとった作品制作が出来ることがわかる好例です。

今の時代、和紙を利用した写真プリントもあったり、紙の性質が色々と研究されていて、写真によって(ていうか被写体によって)、紙を変えてみると面白い風合いが出ると思います。



ぜひ、高校生の力作を生でご覧ください。





.
[PR]
by scale-158 | 2012-02-10 11:06 | ippin muse | Comments(0)
脳内で世界を構築する人
昨日、[情熱大陸]に[清川あさみ]さんが出てましたね。
([清川あさみ]さんが手がけた「銀河鉄道の夜」、持ってます)

印刷した写真に直接刺繍をしていく独特の方法が紹介されていました。

番組を見て、この人はつくづく「脳内の人」なんだなあ、と思いました。


写真に直接針を刺し、糸を通すのに、設計図はありません。
イメージボードもラフ画も無い。

ただの布切れをモデルに巻いて止めて割いてその場でドレスにしてしまう。

きっと脳内に明確なヴィジョンと手順が整っているのでしょう。

すごいのは、その脳内のヴィジョンを具現化する手法を自ら持っている、という点ですよね。

ひきこもりの時期があった、と紹介されていましたが、その時期に、自分の中の脳内に世界観のようなものが芽を出し始め、やがて、そのために必要な手法を獲得していったのかなあ、なんて思いました。



[情熱大陸]、面白い人選があるのでよく見てます。

先日は茶人の[千宗屋]さんでした。

茶の指導や空間演出にあたり、指し示す言葉や表現が的確で、きっと脳内に蓄積された「表現のボキャブラリー」の中からチョイスされた「ここぞ」という言葉選びなのでしょう。


先日、NHKの[プロフェッショナル〜仕事の流儀〜]で、デザイナーの[石岡瑛子]さんの追悼放送をしていました。

「1mmが世界を変える」という信念を放つ彼女の言葉には、彼女の脳内に構築された世界観を全くブレることなく具現化する情熱を感じさせるものでした。

映画[落下の王国]を見ました。そこで登場する[石岡瑛子]さんがデザインした衣装は、すごい世界観でした。


先々月、ちょっと松阪に行く用事があって、久しぶりに[ビレッジバンガード]に行きました。

そこで[池田学]さんという方の画集を立ち読みしました。
(すみません、立ち読みで)

なんか、圧倒的な精密さと独特のワールドが広がっていました。

花とか、動物とか、人とか、それぞれ一つずつ、とかそういうことではなくて、、「世界観」というより「世界そのもの」を描いていました。

ああいうのを描くのって、さぞや楽しいだろうなあ、と思いました。


脳内の世界とそれを表現出来る手段を持ち得ている。

手段を持つとまた世界が広がる。

世界と手法は螺旋状のようにからまり、その密度と高度を上げていくのだろうと思いました.




さて。

やっとこさ、クッキーのパンフレットを作りました。

c0092610_1002151.jpg


タイトルはお店の名前を冠して[kadenz]としてあります。

三つ折りになっていて、中には主に作っているクッキー12種類の写真と説明を書いています。

c0092610_1054952.jpg


c0092610_106843.jpg


それと、地図と電話番号や定休日も書き込みました。

これで、このパンフレット自体がお店のショップカードの役目も果たしますし、誰かにクッキーをプレゼントする時に同時にこのパンフレットを付けて渡してくれると、お菓子の説明がその誰かに伝わりますし、お店の宣伝にもなります。

こういうの、もっと早くに作っておくべきなのですが、、、、前の文章と続きみたいになっちゃいますが、、、、こういうアイデアはやっと自分にそういうものが作れるスキルを持って初めて生まれて来るものなので、ここまで時間がかかってしまったと言えるかもしれません(ただの言い訳かもしれませんが)。

パンフレットのフォーマットは[g[gram]]と同じ手法で作っています。

c0092610_108142.jpg


言い換えれば[g[gram]]を作ることができたので、こういうものが作れた、というか、さらに言うと[owasebon]に関わっていたから[g[gram]]が作れた、という経緯もあります。

関わってきたこと全てが、プラスに転じればいいなあ、と日々思っています。












.
[PR]
by scale-158 | 2012-02-06 22:58 | other works | Comments(0)