三重県の南部、尾鷲市にあるカフェ、scale-158での日常をお伝えします
by scale-158
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
cafe
sweets
cold sweets
cookies
pasta
drink
flower&plant
food
bread
zakka
events
art & design
photo
other works
owase
ippin muse
ukulele club『Pu-ca』
未分類
PROFILE
cafe scale-158

開業:2002年2月
形態:カフェ

自慢:ネルドリップの珈   琲
   リーフの紅茶
   手作りのスイーツ

sweets factory & zakka shop kadenz

開業:2007年2月
形態:テイクアウトの焼き菓販売 雑貨の販売


営業時間 8:00〜20:00
定休日 木曜日
住所 三重県尾鷲市宮の上5-11
電話  0597−22−5258

掲載写真の無断使用はお断りします。
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
お気に入りブログ
青空藝術計画
うちの食卓 Non so...
ビバ!ゆるゆる生活
函箱ブログ
隠れ屋アロマサロンHAS...
ことりんご
へうげもの offici...
ロマン座シネマ倶楽部
色ではなく寸法です
Transparent
日菓のあれこれ
ようこそ尾鷲市国際交流協会へ
珈琲日和
シャッター切るのが楽しくて!!
coupe-feti
- PHOTO-SW!T...
Bokuのtempo l...
猫曜日。
東紀州コミュニティデザイ...
海山の材木屋さん
ずいぶん いいもの みつけたね
デザインのひきだし・制作日記
小石原さんの金継ぎ 繕い...
“しりトリオ”のしりとり...
尾鷲子育て情報局
Boku の monol...
映画『ひかりのおと』ブログ
最新のコメント
久し振りに拝見させて頂き..
by omura at 09:34
お疲れ様です。 確かに..
by omura at 18:18
muraさん、お越し頂き..
by scale-158 at 11:11
久しぶりの休日となったよ..
by omura at 17:46
omuraさん ありがと..
by scale-158 at 23:44
大地の揺れる感覚は何とも..
by omura at 11:57
とてもアクティブな方です..
by omura at 23:25
おむらさん。コメントあり..
by scale-158 at 12:23
もう少し暖かくなったら尾..
by omura at 17:42
SAKUさん 私がこの..
by scale-158 at 11:15
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2014年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧
最悪も最高もワンプレートでやってくる
今日の尾鷲地方は……曇って雨が降ってきたり、雲が切れて晴れてきたり。
変な天気です。

今日は春分の日で、世間は3連休なんですね。


ところで、遅ればせながらショップカードを作成しました。


表面↓

c0092610_15361312.jpg

裏面↓

c0092610_15370187.jpg

もともと、ショップカードは10周年の記念に作り始めたのですが、使い勝手が良いというか、よくもらっていってくれるので、宣伝効果が高いこともわかり、それから毎年作っています。

特に、焼き菓子を贈り物に使ってくれるお客様がお買い上げしていただいた袋にショップカードを入れておくと、今度は贈られたその方からのアクセスがあったりします。

本当はもっと早くに作成して、ホワイトデーのお菓子に全て封入しようと思っていたのですが、思うように作れず、今になってしまいました…。

こういう宣伝方法って、とても大事だと思うんですけど、ちょっと時期を外してしまい。大変反省しております…。


10周年と11周年はイチゴのケーキをメインにアニバーサリー的な感じで作りましたが、今年はアニバーサリー感を控えめにして作りました。

これまでのショップカード↓




c0092610_15394663.jpg


新しく作ったショップカード、お友達や知り合いのお店に協力してもらって、ちょっとずつ置かせてもらおうと思います…
見かけたらぜひ、お持ち帰りください(^^)


もちろんスケールにも置いております。
ぜひ、ご利用ください。





※今日の日記のタイトルは[チャットモンチー]の歌の歌詞から抜粋。特に意味はありません!(笑)



.

[PR]
by scale-158 | 2014-03-21 15:43 | cafe | Comments(0)
カフェの一瞬の表情
今日の尾鷲地方は晴れ。

久しぶりの投稿のような気がしますね(笑)

まずは写真を…

c0092610_10474673.jpg
c0092610_10475662.jpg
2枚ともiPhoneを使って撮影したものです…

1枚目は朝のスケール。
2枚目は夕方のスケール。

あわただしくも、カフェの一瞬の表情に癒されたりしています…。


さて。

ホワイトデーの注文が毎年毎年、生産が追いつかないほどの数になって嬉しい悲鳴を上げています。

毎年毎年、段取りもよくなってるし手際もよくなってきているし、予約もしてもらえるようになったのですが、それでも追いつかないのは、年々注文の数が上がってきているからです。

本当にありがとうございます。
感謝感謝です。

目標は、できれば今後10年くらいをかけてでブランドイメージが付けばいいな、と思っています。

クラブハリエのバウムクーヘンとか、ケーニヒスクローネのショコラとか、伊勢の赤福とか、そこまでにはならないにせよ、お土産・贈り物としての一定の評価を得るのが目標です。

『地域のお土産の定番化』は、この仕事をしている人にとっては夢のような目標ですが、いつか、『尾鷲のお土産といえばスケールのクッキー』とか、『スケールのクッキーを贈り物にすれば間違いない』くらいになれば、本当に嬉しいなあ、と思っています。
(自分で言うのもなんですが、クッキーは日持ちがするので、もらう側も賞味期限を気にしなくていいというのが、贈り物としては優れている点だと思います)

そのために専用のパッケージを作った訳ですが、もっと、ギフトとして丁寧なラッピング、安定した生産体制を確立したいものですね…。

課題はいっぱいです…。




さて、だいぶ前の話ですが、BSプレミアムで、[リトルダンサー]という映画を観ました。
学生時代に映画館で観たきり、もう一度観たいなあと思っていたのですが、地元のTSUTAYAにはDVDのレンタルが無く、ずっと観れずにいました。


[リトルダンサー]の舞台は、いわゆる『サッチャリズム』が背景にあるイギリスで、同じような背景のイギリス映画に[ブラス!]という映画と、[フルモンティ]という映画があります。

国営の炭坑や銅山の閉鎖、不況の嵐によって、職を追われる町や村。
閉鎖の反対運動をする住民や労働組合に参加する大人達と、それを鎮圧する政府。
揺らぐ経済基盤。大人達の不安と苛立ち、子供達の夢と希望。

同じような内容で日本を舞台にした映画を挙げるなら[フラガール]がそれに当たると思います。


[リトルダンサー]は、炭坑閉鎖に反対する厳格な父と、その元に育った少年が、ふとしたきっかけでバレエに目覚めていく、親子の成長映画です。
[ブラス!]は同じく炭坑閉鎖の決まった町の、炭坑夫で作るブラスバンドの話。
[フルモンティ]は失業中の大人達が、男達だけでストリップショーをやり、一攫千金をもくろむという話。


[リトルダンサー]で、圧巻なのは、どうしてもバレエ学校への進学を許可してもらえなかった少年が父に向かって、言葉ではなく、ダンスだけで訴えるシーン。

思春期の親への反抗にも似た怒りをダンスに込めて……でもだんだん怒りから解放されて自由になって羽ばたいていくターンとジャンプとステップが、厳格な父の心を揺り動かするシーンは感動ものです。


不況下や危機的状況に置いて、芸術文化ってどういう意味を持つんでしょうね?
(芸術活動に携わっているいる人は必ずこのジレンマと対峙しているとは思いますが…)


最近読んだ本では、[新しい広場をつくる ー 市民芸術概論綱要](@平田オリザ)という本がその解を出しているように思います。
(この本は、格差社会とか貧困とか教育とか家族間の問題なども網羅的に扱っていて、芸術文化の(絵空事ではない)可能性を提示している本です。教育者や文化行政を担っている人は必読の書だと思います)


そしてカフェの存在意義は?
不況下や危機的状況において、何かの役に立つの?

そういうこともまた、芸術文化可能性に通ずるものがあると思います。

[リトルダンサー]という映画と[新しい広場をつくる ー 市民芸術概論綱要]という本、2つともおすすめです。










.

[PR]
by scale-158 | 2014-03-15 14:18 | cafe | Comments(0)
メニューが変わります(値段は変わりません)
コーヒー豆を仕入れている業者さんの都合により、一部の商品が取り扱い不可になりました。

取り扱い不可になった商品の対象は全てストレートコーヒーのメニューです。


これまではストレートコーヒーは

・トアルコトラジャ
・エチオピアモカ
・ブルーマウンテン
・ニカラグア
・ブラジル
・コロンビアスプレモ(カフェインレス)
・タンザニア(キリマンジェロ)
・グァテマラ
・マンデリン
・ハワイコナ

の、10種類のラインナップを取り揃えておりましたが、

このうち

・タンザニア(キリマンジェロ)
・グァテマラ
・マンデリン
・ハワイコナ

の4商品が、在庫が無くなり次第終了となります。

その一方で

・ケニア

という商品が新たに追加されます。


と、いうことでメニュー改訂以降、ストレートコーヒーの取り扱いは、

・トアルコトラジャ
・エチオピアモカ
・ブルーマウンテン
・ニカラグア
・ブラジル
・コロンビアスプレモ(カフェインレス)
・ケニア

の、7種類に変更になります。


平素からカフェスケールをご利用いただいているお客様の中で、いつもマンデリンやハワイコナを愛飲していただいたお客様がいらっしゃいますが、マンデリンとハワイコナはメニュー改訂以降、取り扱いが無くなってしまい、大変残念に思うと同時に、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

取り扱いの無くなる商品に関しまして、申し訳在りませんが、どうぞご理解のほどよろしくお願いいたします。



また、4月以降、その他のメニューに関しましては、値段の改訂などはございません。
どうそこれからも変わらぬご愛顧・ご贔屓のほど、よろしくお願いいたします。






.

[PR]
by scale-158 | 2014-03-05 20:35 | Comments(0)
お菓子と雑貨屋
今日の尾鷲地方は晴れ。
朝は寒かったですが、午後からは温かい陽気です。

さて、先日、ムーミンのマスキングテープが数種類入荷しました。
以前から仕入れているものと合わせると、売っているマスキングテープのほがとんどがムーミン柄になってきました(^^;)

マスキングテープ、女性には人気で、値段も手頃なので、よく売れるのですが、男性からは「こんなの買ってどうするん?」って言う人もいます。

今日はマスキングテープの使用例とちょっとだけ紹介したいと思います。

c0092610_13353056.jpg

c0092610_13364252.jpg


こんな風にラベルに貼ったり、鉛筆にクルクルと巻いたり…


c0092610_13360061.jpg

密封瓶に貼ったりするのは良いアイデアだと思います。
あと、封筒に貼ったり。
缶とか貼るのもいいですね。






また今週末にはムーミンの(またムーミン…)新しい柄のマスキングテープが入荷しますので、よかったら覗きに来てください…


あ、そういえば、知り合いの雑貨屋さんと話していた時に聞いたのですが……スケールは、『雑貨のスペースに売ってる雑貨やお菓子はカフェを利用したお客さんしか買う事ができない』と思ってらっしゃる方がけっこういるそうで…

もちろんそんなことはありませんので!

お菓子だけを買うとか雑貨だけを買うとかだけでも全然OKですので!(^^)
必ずカフェでコーヒーを注文しなければならない、とかそういう事はありませんんので、お気軽にお越し下さい。

カフェを利用してそのついでに雑貨を見ていただくことも出来ますし、カフェだけの利用、雑貨屋だけの利用だけでも全然かまりませんし、雑貨屋を見に来たけど、気に入ったものもないので何も買わずに帰る、カフェも利用せずに帰る、とかでも全然かまいませんのでぜひお越しください。






ここからはちょっと裏話…というか余談。

歴史を遡ること12年前(笑)、[スケール]はカフェとしてオープンしました。
そのうち、カフェでお出ししている手作りケーキを持ち帰りたい、というお客様からリクエストをいただけるようになったのですが、[スケール]で作る手作りケーキは基本的には持ち帰りができないので、残念ながらそれはお断りしていました。

ですが、それでもどうしても、カフェの余韻を家でも楽しみたい、カフェに来た記念(?)に何か買って帰りたい、お友達にお土産に出来るものがあれば買って帰りたいというリクエストがとても多く、ならば、と思って常温で長期間保存できる焼き菓子をテイクアウト用に作ることにしました。

法律関係に疎かった私は当初、カフェ専用の厨房を、テイクアウト用のお菓子を作るのに併用してもいいものだと思っていました。

しかしそれはいけないことを後で知りました。

お店(カフェ)は「そのお店で消費する(食べる)ものを提供する」という前提で営業許可をおろしてもらっていたのですが、「店外に持ち出して飲食するものを製造する」という許可はまた別だというのです。

その為(テイクアウトの商品を作って売る為)には、専用の厨房を作って下さいという通達があったのですがちょうどその頃、グッドタイミングで、今の雑貨屋のスペースが空きスペースになるという時期だったので(それまでは姉の仕事場でした)、そのスペースを厨房と売り場に改装しました。

それで晴れて焼き菓子のテイクアウト専用の売り場と、それを作るための専用の厨房が出来、テイクアウトのお菓子を売る許可がおりました。
今は、さらに余裕のあるスペースに雑貨を並べて売っています。


たぶんもうそれから7、8年くらい経つと思いますが、今は焼き菓子だけの注文もいただけるようになりました。

本当にありがとうございます。









.










[PR]
by scale-158 | 2014-03-04 21:23 | zakka | Comments(0)
一人しか食べないパスタ
今日の尾鷲地方はくもり。

今日から3月です。
少しずつ温かくなってくるのでしょうね…。


さて、まずは写真の紹介を。
写真は[ゴルゴンゾーラチーズのペンネ]です♪

c0092610_19125195.jpg
[ゴルゴンゾーラチーズ]は世界三大ブルーチーズの一つです。

[ブルーチーズ]とは、チーズに青カビを繁殖させたもので、チーズの中まで青カビが侵入して繁殖しています。
(いわゆる白カビのチーズは表面だけに繁殖し、中には繁殖していません。)

強い刺激臭や腐敗臭がするので、苦手な人がかなり多いことでも知られるチーズです。
多分、フランスやイタリア人の人は平気なんでしょうけど、時に日本人は苦手な匂いだと思います。

ハマノ家でもこのブルーチーズは私以外は食べません。
(クセのあるものが好きな姉でさえ食べません)

私はけっこうのブルーチーズ(…特に[ピカンデ]と言われる辛口のブルーチーズ)が大好きで、これをつまみにしてワインを飲むくらい好きです。(私は逆に白カビチーズの[カマンベールチーズ]が苦手です。何が「逆に」かよくわかんないですけど)

ブルーチーズに火を通して調理するとその匂いが拡散してしまうので、おちおち料理もできないのですが、たまにランチに使う[ペンネ]を茹で過ぎて余った次の日の休日なんかにこっそり作ってこそこそと食べます。

ですので、このチーズを使ったパスタはメニューには今後も上がらないと思います。


ところで、別のサイトで、あるパスタの本に関してのレビューをメモ代わりに書いていたのですが、その文章を一部改訂してコピペします。


中学校の頃、家庭科の教科書って、2冊あった。 
1つは裁縫とか料理とか、家庭科全般の本。 
もう一つは、食べ物と栄養に特化したカラーで大きなものだったと思う。 

中学校の、その時のカラーの大きな教科書の冒頭にパスタをたくさん紹介する頁があって、「パスタ」とは、主に小麦粉(セモリナ粉)で作られる生地の総称だということを知った。 

スパゲッティしか知らなかった僕は(てゆーか世間的にもそんなにイタリア料理ってまだ今ほどメジャーじゃなかったと思う)、他にもたくさんの種類があることを知って楽しかった。 

家庭科の授業でパスタに関しての授業は皆無だったけど、その教科書のパスタの頁が楽しくて、家庭科の授業がつまらない時はいつもその頁を開いて、パスタの種類を覚えていた。 

ファルファッレ(蝶の形をしたパスタ)とか、コンキリエ(貝の形のパスタ)とか、ペンネ(ペン先のような形)、マカロニとかラザニアとかフェットチーネとか、この仕事に就いてから覚えたのではなくて、中学校の時に覚えて(なんか知らんけどパスタの種類を覚えるのが楽しかった。テストには出ないけどなぜか頑張って覚えようとしてた)、大学生になってから、外のお店で食べたサラダの中に、マカロニじゃなくてファルファッレが入っていたり、ナポリタンがスパゲッティじゃなくてペンネで出てきたり、ファミレスのシチューの中に車輪の形をしたパスタが入っていて感動したり…。 

この仕事に就いてから覚えたのは、パッパルデッレとかビゴリとかリングイネとか。自分で作ったり外で食べたりして覚えた。 



以上、レビューからの一部抜粋でした。

レビューにも書いてますが、私が中学校の頃、[パスタ]と言えば[スパゲッティ]のことで、それもケチャップで味付けした[ナポリタン]か、[ミートソース]の2種類しか知りませんでした。

[パスタ]と[スパゲッティ]の違いもいまいちよくわかっていませんでしたが、家庭科の教科書に色々なパスタが紹介されていて……形もさまざまで、中には人参を練り込んでオレンジ色になっているパスタや、ホウレンソウを練り込んで緑色しているパスタなんかがあって、見た目にも楽しげでした。

最近は手打ちのパスタが楽しくて、スタンドミキサーとパスタマシンを使って色々と作ったりして生パスタを楽しんでいます。
先日の高校生インターンの時も、高校生と一緒に手打ちパスタを作って、お昼ご飯に食べました。
高校生も「生パスタってこんなに簡単に出来るんですねえ」って感動してました。

そうなんです。
生パスタって思ったより簡単に出来て、楽しいんですよ。

この楽しさをぜひ、分かち合いたいくらい楽しいんですよ。
(定年してから蕎麦を打ち始める男性がよくいますが、おそらくそういうことなんでしょう)

パスタマシン、私が買ったと時は3万円代でしたが、今はネット探すととても安くで売ってますので、ぜひ、購入をいすすめします。
一家に一台、パスタマシン。

本当にそれくらい普及すれば、『手打ちパスタ教室』とかやってみたいです!マジで。
[ラビオリ]とか[ラザニア]を自分で作る楽しさと、意外なまでの簡単さと、美味しさをわかち合いたいです…







.



[PR]
by scale-158 | 2014-03-01 19:14 | pasta | Comments(0)