人気ブログランキング |

三重県の南部、尾鷲市にあるカフェ、scale-158での日常をお伝えします
by scale-158
カテゴリ
全体
cafe
sweets
cold sweets
cookies
pasta
drink
flower&plant
food
bread
zakka
events
art & design
photo
other works
owase
ippin muse
ukulele club『Pu-ca』
未分類
PROFILE
cafe Scale

開業:2002年2月
形態:カフェ

営業時間 8:00〜19:00
定休日 水・木曜日
住所 三重県尾鷲市宮の上5-11
電話  0597−22−5258

掲載写真の無断使用はお断りします。
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
お気に入りブログ
青空藝術計画
うちの食卓 Non so...
ビバ!ゆるゆる生活
函箱ブログ
隠れ屋アロマサロンHAS...
ことりんご
へうげもの offici...
ロマン座シネマ倶楽部
色ではなく寸法です
Transparent
日菓のあれこれ
ようこそ尾鷲市国際交流協会へ
珈琲日和
シャッター切るのが楽しくて!!
coupe-feti
- PHOTO-SW!T...
Bokuのtempo l...
東紀州コミュニティデザイ...
海山の材木屋さん
ずいぶん いいもの みつけたね
デザインのひきだし・制作日記
小石原さんの金継ぎ 繕い...
“しりトリオ”のしりとり...
尾鷲子育て情報局
Boku の monol...
映画『ひかりのおと』ブログ
最新のコメント
ありがとうございます。 ..
by scale-158 at 23:20
お大事にしてね?しんどい..
by freedom715 at 15:04
久し振りに拝見させて頂き..
by omura at 09:34
お疲れ様です。 確かに..
by omura at 18:18
muraさん、お越し頂き..
by scale-158 at 11:11
久しぶりの休日となったよ..
by omura at 17:46
omuraさん ありがと..
by scale-158 at 23:44
大地の揺れる感覚は何とも..
by omura at 11:57
とてもアクティブな方です..
by omura at 23:25
おむらさん。コメントあり..
by scale-158 at 12:23
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
11月18日(土木の日)
今日の尾鷲地方は晴れ。

昨日は天気が悪かったですが(しかも寒かったですし)、今日はいい天気なので、冬用の布団や毛布を洗濯したり干したりしています。
こたつも出しましたし、着々と冬支度が進んでいます。

スーパーにイチゴが並んでいました。
紀北町の農家もイチゴの出荷を始めたという記事が地元新聞にも出ていました。

まだ値段は高いのですが、イチゴが出てくると、なんとなく嬉しくなります。
やっぱあれでしょうね。イチゴはスイーツの“顔”ですからね。


さて、先日NHKの[プロフェッショナル〜仕事の流儀〜]を見ていました。

[大久保恒夫]。 「小売り再建人」として紹介されていました。

一見『経営コンサルタント』という肩書きを連想してしまいそうですが…
実際、経営コンサルタントの会社を経営していたそうですが、しばらくは赤字続きだったそうです。

しかし、今現在はそのコンサルタントの知識を「小売り」に特化しているのが特徴です。

有名な仕事では「ユニクロ」や「無印良品」の小売り再建に取り組んだそうです。

番組ではとあるスーパーの再建に取り組んでいる様子に密着していました。


その大久保さんの考え、、というか、「小売りに特化」という部分に興味がひかれ、見ていました。


「小売り」って意味は、私は「現場」とか「最先端」、「末端」という意味でとらえていますし(いい意味でね)、「消費者と一番近い距離にある人」という職業だと思っています。

実際、私の仕事も「小売り」です。

カフェは、材料を仕入れて、コーヒーやスイーツやフードを出す場所。
お客さんに提供される最終的な場所です。

雑貨屋さんも卸売り業者から仕入れて売ります。

そういう仕事が小売りです。

服屋さん、花屋さん、本屋さん、スーパー、カフェ、、、「○○屋さん」と呼ばれるものは小売り業が多いです。

もしくはそこで製造して販売する「製造業」と「販売業」をミックスされている場合もありますが、それも小売りとしてカウントします。


小売りの仕事に行き着くまでに、輸送業、製造業、営業、卸売りなどの色々な仕事や行程や人が関わっていきますが、「商品の行き着く先」が小売業です。


私も小売りにこだわっているところがあります。

しかも対面式の小売りにこだわっています。

ですので、「ネット販売」は私の中で「小売り」の意味ではカウントしませんし(あくまで私の中で、なので、世間的には当然ネット販売も小売りにカウントします)、ネット販売などはしない方向です。

別にネット販売を否定しているわけではないのですが、私の仕事で優先すべき業態ではありません。

ですので、もし「経営コンサルタント」の講演があったとして、その内容が「ネットを活用した経営戦略」というのなら、そのお話は私にとっては必要のないものです。

そういう意味での「経営コンサルタント」の話は必要のないことですが、「小売り」に特化し、小売業の再建をしている人に密着する番組があるのなら、話は別です。

まあ、テレビはその人の良い部分しか編集しないと思うので、かなり偏った知識になってしまうのは承知の上ですけど。


面白い、と思ったのは、その会社の経営や構図全体から何とかしていこうというマクロな視点から入るのではなく、、、そういうのは「社内改革」とか「構図改革」とか「経営改革」というのかもしれませんが、、、、まず、現場に入って、問題点を把握する。

それが仕入れの形態に問題があるのであれば、上に報告して改善していく。
ミクロな視点からマクロな視点への以降です。

ですので、まかされた会社に、その人の部屋や部署はなく、常に現場、です。


スーパーならスーパーの現場に。

そして、なにより、「目先の売り上げに束縛されない」、「数字上で善し悪しを判断しない」というのが新鮮でした。

こういう「コンサル系」の仕事はてっきり、そういうクールな部分からデータで示して、それを説得材料にして改善を進めていくのだと思っていましたが、全然違っていました。


まず、「目先の売り上げに束縛されない」というのは「数字上で売り上げが上がっていることが、必ずしも、消費者とお店の両方にとって良い関係が築けている状態というわけではない」ということ。

ま、説明するとキリがないので割愛しますが(^^;)


そして「数字上で善し悪しを判断しない」ということは「ノルマを課さない」ということです。

特定の人にノルマを課すと、その人だけが頑張るだけになってしまうし、特定の部門において(つまり部門別に見て)のノルマを課した場合、人間は必ず、「その部門のみの売り上げに終止するようになり、例え隣りの部門がどうなっても自分には関係ない」ということに陥るそうです。

ノルマこそ、「目の前の売り上げを伸ばす」ための格好の動機になるとは思うのですが、確かに人間って「自分に課せられたノルマを一生懸命達成しようとする」はずです。

それは悪いことではないかもしれませんが、それが通用するのはもしかしたら「営業職」かもしれません。

「小売り」に関しては、「そのお店全体のことを、そのお店のスタッフ全員で取り組む」という姿勢でなければ、絶対に良いお店にはなり得ないと思います。

自分にも悪い部分がいっぱいあることを思い知らされました。


私は以前から『ノルマは個性を消す』というのが持論でしたが、小売りについてはさらに『成果主義(ノルマ)は成果を上げない』というのも新たに加えておきたいと思います。

そして、[大久保恒夫]氏は『小売りは面白い』と語っていました。
私もそう思います。

良い番組でした。


さて、今日は[ココア]を作りました。

c0092610_1471820.jpg

ココアをお湯に溶いて濃いめに作り、あとはスチームドミルクをかけて作りました。
ふんわりと美味しいココアに仕上がりました。
by scale-158 | 2009-11-18 14:07 | drink | Comments(0)
<< owasebon vol.28 11月17日(将棋の日) >>