三重県の南部、尾鷲市にあるカフェ、scale-158での日常をお伝えします
by scale-158
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
cafe
sweets
cold sweets
cookies
pasta
drink
flower&plant
food
bread
zakka
events
art & design
photo
other works
owase
ippin muse
ukulele club『Pu-ca』
未分類
PROFILE
cafe Scale

開業:2002年2月
形態:カフェ

営業時間 8:00〜19:00
定休日 水・木曜日
住所 三重県尾鷲市宮の上5-11
電話  0597−22−5258

掲載写真の無断使用はお断りします。
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
お気に入りブログ
青空藝術計画
うちの食卓 Non so...
ビバ!ゆるゆる生活
函箱ブログ
隠れ屋アロマサロンHAS...
ことりんご
へうげもの offici...
ロマン座シネマ倶楽部
色ではなく寸法です
Transparent
日菓のあれこれ
ようこそ尾鷲市国際交流協会へ
珈琲日和
シャッター切るのが楽しくて!!
coupe-feti
- PHOTO-SW!T...
Bokuのtempo l...
東紀州コミュニティデザイ...
海山の材木屋さん
ずいぶん いいもの みつけたね
デザインのひきだし・制作日記
小石原さんの金継ぎ 繕い...
“しりトリオ”のしりとり...
尾鷲子育て情報局
Boku の monol...
映画『ひかりのおと』ブログ
最新のコメント
ありがとうございます。 ..
by scale-158 at 23:20
お大事にしてね?しんどい..
by freedom715 at 15:04
久し振りに拝見させて頂き..
by omura at 09:34
お疲れ様です。 確かに..
by omura at 18:18
muraさん、お越し頂き..
by scale-158 at 11:11
久しぶりの休日となったよ..
by omura at 17:46
omuraさん ありがと..
by scale-158 at 23:44
大地の揺れる感覚は何とも..
by omura at 11:57
とてもアクティブな方です..
by omura at 23:25
おむらさん。コメントあり..
by scale-158 at 12:23
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カフェのエプロン
今日の尾鷲地方はくもり。

さて、今日は先に写真の紹介を。

写真は[むらさきいものモンブラン]です。
c0092610_12285593.jpg


いつも、上に乗っている栗は、渋皮煮(茶色いのね)を使うのですが、今回は甘露煮を使いました。

パッと明るい色になって見た目に可愛いスイーツになりました。



さて、最近、立て続けに私がしているエプロンについて質問がありました。

女性はやっぱり、エプロンに使われている生地や素材が気になるみたいで、

「使ってる生地はなんですか?」「どこで買えますか?」

という質問がとても多いです。


私が最近よくしているエプロンの生地はリネン(亜麻)です。
(♪亜麻色の〜 長い髪の〜、の亜麻です)

買ったのは東京の日暮里という所です。
(東京の日暮里には『繊維問屋街』という一角があるのです)

わざわざリネンの生地を買いにいくためだけに東京の日暮里に行ったわけではありません。
東京には別の用事で行った時に、ついでに寄ってきたのです。


尾鷲にも手芸屋さんが無いことは無いのですが、年々、その数は減ってきています。
うちの姉なんかもよく子供の服を手作りしているので材料の工面には苦労しているようです。

最近はネットでも生地を注文できますが、やっぱり郵送代がかかっちゃいますし、実際に手で触って感触を確かめたり、色を自分の目で見てみたいですよね…。

布や生地って見ていると面白いですよね。

私は個人的には、シルクやフェルトよりも、帆布とかデニム素材とかジュート(黄麻)とか、丈夫な素材が気になってしまいます。

そうそう、日暮里に行って面白かったのは、革。
大きな四角い革が売っているのですが、革を四角くカットする時にでる『革の端切れ』。
そんなのも安く売ってるんですよね。
革の端切れとかも、リネンのエプロンのワンポイントに使っても可愛いんじゃないかと思いました。

考えてみれば、エプロンって男用ってバリエーションが少ないんですよね。
(服全体に言えることかもしれませんが)

私はギャルソンエプロンが好きなのですが、それで働いていると威圧的というか、高級感が漂ってしまって、カフェとはちょっとイメージが違ったりするんですよね(個人的には好きなんですけど…)


そんな時、映画[しあわせのパン]を見ていると、、、それはパン屋さんのお話なのですが、、、そのパン屋さんで働いている主人([大泉洋]さん)がしているエプロンがとっても良くて。

でもそのエプロンってその映画のための衣装らしくて一般には売っていないようで、母に頼んで(母にも映画を見てもらって)、「こういうエプロンを作ってくれ」と頼んで作ってもらったのでした。

c0092610_11282830.jpg


c0092610_11313613.jpg


[しあわせのパン]で使用された衣装は展示もされたそうです。

母は「作ってあげるから、生地を用意して」と言われ、私はリネンの生地が良かったので、東京に行く用事のついでに買ってきたのでした。


世の女性方にはぜひ、旦那さん、もしくは彼氏に男前なエプロンを作ってあげてください。
そうしたら、その気になってパンの一つも焼いてくれるかもしれませんよ(笑)








.
[PR]
by scale-158 | 2013-01-13 13:20 | sweets | Comments(0)
<< スケールの焼き菓子とこれからのこと。 新しいこと >>