三重県の南部、尾鷲市にあるカフェ、scale-158での日常をお伝えします
by scale-158
カテゴリ
全体
cafe
sweets
cold sweets
cookies
pasta
drink
flower&plant
food
bread
zakka
events
art & design
photo
other works
owase
ippin muse
ukulele club『Pu-ca』
未分類
PROFILE
cafe Scale

開業:2002年2月
形態:カフェ

営業時間 8:00〜19:00
定休日 水・木曜日
住所 三重県尾鷲市宮の上5-11
電話  0597−22−5258

掲載写真の無断使用はお断りします。
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
お気に入りブログ
青空藝術計画
うちの食卓 Non so...
ビバ!ゆるゆる生活
函箱ブログ
隠れ屋アロマサロンHAS...
ことりんご
へうげもの offici...
ロマン座シネマ倶楽部
色ではなく寸法です
Transparent
日菓のあれこれ
ようこそ尾鷲市国際交流協会へ
珈琲日和
シャッター切るのが楽しくて!!
coupe-feti
- PHOTO-SW!T...
Bokuのtempo l...
東紀州コミュニティデザイ...
海山の材木屋さん
ずいぶん いいもの みつけたね
デザインのひきだし・制作日記
小石原さんの金継ぎ 繕い...
“しりトリオ”のしりとり...
尾鷲子育て情報局
Boku の monol...
映画『ひかりのおと』ブログ
最新のコメント
久し振りに拝見させて頂き..
by omura at 09:34
お疲れ様です。 確かに..
by omura at 18:18
muraさん、お越し頂き..
by scale-158 at 11:11
久しぶりの休日となったよ..
by omura at 17:46
omuraさん ありがと..
by scale-158 at 23:44
大地の揺れる感覚は何とも..
by omura at 11:57
とてもアクティブな方です..
by omura at 23:25
おむらさん。コメントあり..
by scale-158 at 12:23
もう少し暖かくなったら尾..
by omura at 17:42
SAKUさん 私がこの..
by scale-158 at 11:15
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
コーヒー講座を開きました。
もうずいぶん前の話で恐縮ですが(またこの書き出し…)、無事に『cafe Scaleのコーヒー講座』が終了いたしました。

そのご報告です…。

お料理ユニット[smile](スミレ)のお二人の力を借りてなんとか開催することができました。
まずは[smile]のお二人(小森さん、三鬼さん)にお礼を申し上げます。

ありがとうございました。

結果から言うと、あっという間に定員の20名を超してしまい、追加で講座を開講し、こちらも10名ほどの申し込みがあったので、合計約30名の方に講座を受講していただけました。

アンケートもとりましたが、おおむね好評で、中には次回を望む声、違うテーマでの開講を希望してくれる人もいれ嬉しかったです。

雑誌では[コーヒーサードウェーブ]という言葉がおどっていますが、コーヒーのサードウェーブは私のような30代の比較的若いコーヒーショップのオーナーが起こしているムーブメントでもあります。

本来『自宅でも簡単においしくコーヒーをいれるコツ』を教えるのはコーヒーショップにとってマイナスなのでは?と思われる方もいるかとも思いますが、そもそもコーヒーとはどういう飲み物なのか、ということをわかっていただけると、もっとコーヒーを好きになりますし、自宅でも楽しむ事ができますし、また、コーヒーショップならではの楽しみ方もわかってきます。

私もカフェのオーナーの立場を活かして、『自宅で美味しいコーヒーをいれるコツ』と同時に『コーヒーショップ、またはカフェでコーヒーを楽しむということ』を十分にPRさせていただきました。

今、ひとくちにカフェといっても、色んな形態がありますし、色々な楽しみ方ができますし、それぞれのカフェが目指している『地域との関わり方』も千差万別です。

ですからコーヒーショップやカフェが開講している講座も、『ただいれかたを教える』というだけでなく、そのコーヒーショップやカフェのこだわりや方向性が十分に内包された内容になっているはずです。

[スケール]で開講したコーヒー講座は[スケール]なりの“想い”が込められた内容になっていたと思います。


こういう講座を通して、

『コーヒーを飲む時間をとることの大切さ』

のようなもの……つまり人生において、ホッと一息いれることや、『贅沢』とか『道楽』というものは自分自身で演出することが出来るとか…偉そうなことを言うと『人生を楽しむためのちょっとしたコツ』のようなものを講座を通して伝えることが出来るといいなあ、と思ってやりました。

コーヒーってね、『嗜好品』なんですよ。

コーヒーの何の成分が身体の何に良いとか、何杯飲めば健康にいいとか、そういう薬理的な話ではなく、『コーヒーを飲む』という行為そのものが、贅沢な時間であり、人生とか仕事とか、そういうことを上手くまわしていくためのスパイスや潤滑油のようなものなんだと、私は思うわけです。

コーヒーを飲めば血圧にいいとか、ガンにいいとか、そういうことを気にしつつ飲むよりも、じっくりとコーヒーの香りをかいで、一口飲んでは、ふ〜っと息を吐き出す。

そうやって心身をリラックス、リフレッシュさせてあげることのほうが健康によっぽどいいと思うわけです。

タバコとかお酒だって同じ嗜好品ですよね。

『喫する』という行為が大事なんだと思うのです。

c0092610_1781371.jpg


講座に参加されたみなさん、ありがとうございました。

ぜひコーヒーライフを楽しんでください♪














.
[PR]
by scale-158 | 2013-11-19 17:09 | events | Comments(0)
<< コーヒーの器具に関するあれこれ スウェーデンからの訪問者 >>