人気ブログランキング |

三重県の南部、尾鷲市にあるカフェ、scale-158での日常をお伝えします
by scale-158
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
cafe
sweets
cold sweets
cookies
pasta
drink
flower&plant
food
bread
zakka
events
art & design
photo
other works
owase
ippin muse
ukulele club『Pu-ca』
未分類
PROFILE
cafe Scale

開業:2002年2月
形態:カフェ

営業時間 8:00〜19:00
定休日 水・木曜日
住所 三重県尾鷲市宮の上5-11
電話  0597−22−5258

掲載写真の無断使用はお断りします。
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
お気に入りブログ
青空藝術計画
うちの食卓 Non so...
ビバ!ゆるゆる生活
函箱ブログ
隠れ屋アロマサロンHAS...
ことりんご
へうげもの offici...
ロマン座シネマ倶楽部
色ではなく寸法です
Transparent
日菓のあれこれ
ようこそ尾鷲市国際交流協会へ
珈琲日和
シャッター切るのが楽しくて!!
coupe-feti
- PHOTO-SW!T...
Bokuのtempo l...
東紀州コミュニティデザイ...
海山の材木屋さん
ずいぶん いいもの みつけたね
デザインのひきだし・制作日記
小石原さんの金継ぎ 繕い...
“しりトリオ”のしりとり...
尾鷲子育て情報局
Boku の monol...
映画『ひかりのおと』ブログ
最新のコメント
ありがとうございます。 ..
by scale-158 at 23:20
お大事にしてね?しんどい..
by freedom715 at 15:04
久し振りに拝見させて頂き..
by omura at 09:34
お疲れ様です。 確かに..
by omura at 18:18
muraさん、お越し頂き..
by scale-158 at 11:11
久しぶりの休日となったよ..
by omura at 17:46
omuraさん ありがと..
by scale-158 at 23:44
大地の揺れる感覚は何とも..
by omura at 11:57
とてもアクティブな方です..
by omura at 23:25
おむらさん。コメントあり..
by scale-158 at 12:23
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2008年 05月 10日 ( 1 )
5月10日(コットンの日)
今日の尾鷲地方は雨。
少し肌寒い日です。

3連休をいただいていた[スケール]です。

5月7日、伊勢の[進富座]まで行って[潜水服は蝶の夢を見る]という映画を見てきました。

尾鷲から伊勢まで、車で約2時間かかります。
伊勢の[進富座]は三重県では珍しい『ミニシアター系』映画館で、映画マニアの心をくすぐるちょっとマニアックな(でも良質な)映画を上映しています。

三重県南部から新宮にかけて、ミニシアター系映画館があれば、個人的にはとてもうれしいのですが、、、。

『潜水服は蝶の夢を見る』という映画、ガイドには『20万回の瞬きで自伝を綴ったジャン=ドミニク・ボビー。驚異の実話を圧倒的な映像美で描いた、忘れ得ぬ感動作!』とありました。

実は見る前にかなり誤解していて、本当に潜水服を着て海に潜る、写真家か画家の話だと思っていたのです。

全然違いました。笑。

全身麻痺で、瞬きしかできなくなってしまった、元編集長が、自伝を書き上げる話でした。

『潜水服は蝶の夢を見る』とは、比喩なのですが、映画を見ればそのタイトルの付け方の妙に納得します。

どうやって全身麻痺で、コミュニケーションもとれなくなってしまった男が自叙伝を書き上げることができたのか。。。

『20万回の瞬き』がそのヒントです。

そこには途方も無い努力と執念と辛抱がありました。

この物語は実話で、ジャン=ドミニク・ボビーも実在した人物で、同名の自叙伝ももちろん出版されています。

それを映画化した半ドキュメンタリータッチの映画です。

自叙伝を書き上げる執念も凄いですが、それを映像化したことにも、同等の執念を感じさせる良作でした。
c0092610_12244496.jpg

パンフレットをスケールにしばらく置いておくので興味のあるかた手に取って見てください。
あと、進富座の5〜6月の上映スケジュール表も何冊かもらってきたので、どうぞご入用の方はご利用下さい。


5月8日、四日市の[四日市市立博物館]に[ル・コルビジェ 光の遺産]展、津の[県立美術館]に[金刀比羅宮 書院の美]展を見に行きました。

まずは[ル・コルビジェ 光の遺産]展。
最初に断っておきますが、私は別に建築学に明るいわけではありません(^^;)
でも『20世紀モダニズム建築の巨匠』と呼ばれるル・コルビジェの建築を扱った展覧会に行ってみたかったのです。
c0092610_1238133.jpg

はい、ただのミーハーです。
[ル・コルビジェ]というネームバリューに惹かれて行ってきたのです。

しかし、これがとっても面白かった。

もちろん展示場にコルビジェの建築を再現できるはずもないのですが、建築のミニチュア、写真、資料、デッサン、又、彼が描いてきたさまざまな絵画、タペストリー、彫刻なども見れました。

住宅建築や個人宅も面白ろかったですが、やっぱり素人目にもメインである
『ロンシャンの礼拝堂』と『ラ・トゥーレッの修道院』は心うつものがありました。
c0092610_12383352.jpg

『光の遺産』と呼ばれるだけあって、特にこのメインの2つはまさに『光』(と影)でした。



そして津の[金刀比羅宮 書院の美]。
c0092610_12404787.jpg

去年名古屋で行われた[プライスコレクション 若冲と江戸絵画]展にも行って、最近江戸絵画にとても興味があるのでぜひこちらも行ってみたかったのです。
c0092610_12395738.jpg

母曰く「プライスコレクションを見てしまったら、こちらはあまり面白くない」とのことでしたが、いやいや、[書院の美]もとっても面白かったです。

『書院』というだけあって、ふすま絵などをメインに展示しているのですが、それをただ並べるのではなく、ちゃんと配置もしてあるのです。
(L字型であったりコの字型であったり、ちゃんと書院を再現しています)

『金刀比羅宮』に収められている実際のふすま絵を持ってきているものもあれば、持ち出しはできないので、レプリカで再現しているものもありました。

360度、ふすまで囲まれている間で描かれる絵は、まさにパノラマ。
リアルに動きだしそうな虎。ふすまからふすまにまたがって流れる滝 、湖面から飛び立ち、着地するまでを、ぐるっと描いた鳥など、そこに『動』や『時間』までが絵で再現されていました。

襖や障子を開ければまたそこには庭が広がっていて、そこにも実際に鳥がいたり、池があったり、滝が流れていたりしたのでしょう、、、、そんな想像も楽しかったです。

考えてみれば[光の遺産]展も[書院の美]展も『空間』や『建築』が共通テーマでした。
バラバラなものをチョイスしてしまった、、、と最初は思っていたのですが、意外に共通点が多く、時間や場所、思想、人種を越えた『空間』に対する『想い』を堪能することができました。

もちろんどちらも『図録』を買ってスケールに置いてあるので、興味ある方は見に来てください。(閲覧は無料です)

c0092610_12411269.jpg


5月9日(昨日)はダラダラと起き出して、次の日の仕込み。
夕方から[賀田公民館]で行われる[古本大市]の搬入作業をしました。

ぜひ、[古本大市]に足を運んでみてくださいね。
by scale-158 | 2008-05-10 12:45 | art & design | Comments(2)