三重県の南部、尾鷲市にあるカフェ、scale-158での日常をお伝えします
by scale-158
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
全体
cafe
sweets
cold sweets
cookies
pasta
drink
flower&plant
food
bread
zakka
events
art & design
photo
other works
owase
ippin muse
ukulele club『Pu-ca』
未分類
PROFILE
cafe Scale

開業:2002年2月
形態:カフェ

営業時間 8:00〜19:00
定休日 水・木曜日
住所 三重県尾鷲市宮の上5-11
電話  0597−22−5258

掲載写真の無断使用はお断りします。
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
お気に入りブログ
青空藝術計画
うちの食卓 Non so...
ビバ!ゆるゆる生活
函箱ブログ
隠れ屋アロマサロンHAS...
ことりんご
へうげもの offici...
ロマン座シネマ倶楽部
色ではなく寸法です
Transparent
日菓のあれこれ
ようこそ尾鷲市国際交流協会へ
珈琲日和
シャッター切るのが楽しくて!!
coupe-feti
- PHOTO-SW!T...
Bokuのtempo l...
猫曜日。
東紀州コミュニティデザイ...
海山の材木屋さん
ずいぶん いいもの みつけたね
デザインのひきだし・制作日記
小石原さんの金継ぎ 繕い...
“しりトリオ”のしりとり...
尾鷲子育て情報局
Boku の monol...
映画『ひかりのおと』ブログ
最新のコメント
久し振りに拝見させて頂き..
by omura at 09:34
お疲れ様です。 確かに..
by omura at 18:18
muraさん、お越し頂き..
by scale-158 at 11:11
久しぶりの休日となったよ..
by omura at 17:46
omuraさん ありがと..
by scale-158 at 23:44
大地の揺れる感覚は何とも..
by omura at 11:57
とてもアクティブな方です..
by omura at 23:25
おむらさん。コメントあり..
by scale-158 at 12:23
もう少し暖かくなったら尾..
by omura at 17:42
SAKUさん 私がこの..
by scale-158 at 11:15
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2014年 06月 24日 ( 1 )
お土産物のデザインを考える
今日の尾鷲地方はくもり時々雨。
ジメジメとした天気です。

先日、尾鷲中央公民館の図書室で、[地域発 ヒット商品のデザイン](@パイインターナショナル)という本を借りました。
(こういう本が図書館に置いてあるととても助かります。助かる?いや、嬉しいです。暇な時間とかにパラパラと見るのにちょうどいいです。かといって買うにはちょっとお高い本なので…。デザイン系とかアート系って、やっぱ高いよね…)

c0092610_16202828.jpg

日本各地のお土産物業界のヒット商品のパッケージデザインや商品コンセプトを紹介している本です。

解説には、ネーミングやキャラクターについて、どのような効果が望めるのか、その構造や商品そのものとの関連を解説していました。

この場合の『デザイン』とは、いわゆるビジュアル的なものだけではなく、その商品のコンセプトや、パッケージのデザイン、ネーミング、商品開発や、販売戦略までを包括的にとらえた意味でのデザインです。

箱の大きさや、商品の用途、持ち運びや運搬、保存期間、在庫管理、陳列方法など…

『お土産物』というものを(ビジュアル面だけではない)『デザイン』という部分から見つめ直し、ヒットの法則やロングセラーや定番化について考えるというものです。

詳しい内容についてや、この本そのものの魅力はさておくとして、お土産物業界にとって、ヒット商品を生み出し、それが地域のお土産として定番化することは、一つの目標であり、夢であると思います。

私は、いわゆるお土産物屋さんではありませんが、お土産物やお使いものに使えるものを作っています。

昨年、クッキーを買い上げの方の為の包装の紙袋に押すスタンプを作ったり、贈答用の箱に貼るシールをつくったりしましたが、もし、今後、本気で、自分が作っているものが『地域のお土産物の定番化』を目指すのであれば、まだまだ試行錯誤しなければならないことがあります。

例えば、web使っての通販。

もし本気でお土産ものを売ろうとするなら、これは必須でしょう。

例えば、ネーミング。
私が作っている焼き菓子は、例えば『チョコチップクッキー』とか『ヘーゼルナッツのビスコッティ』とかの名前を付けて売っていますが、それは『説明』であって、『ネーミング』ではありません。

『赤福餅』とか『平治煎餅』みたいな名前を付けられればいんでしょうけど、でもなかなかオリジナルのネーミングが出てこないのもまた事実ですし、売っている商品が一つではないので、一つ一つに名前を付けるのもひと苦労です。。

そうなると、今度は『キャラクター』というものが効果的なんじゃないかと思います。


去年、[直島]を旅行した時、岡山にホテルをとりました。
で、岡山駅で、地元のお友達に配るためにお土産を買うことにしました。

で、お土産売り場で一番見た目的に気に入った[ももたん]というお土産を買って帰って、お友達をカフェに呼んで渡しました。
その[ももたん]、[地域発 ヒット商品のデザイン]の方でも紹介されていました。

c0092610_16215334.jpeg

岡山県は桃太郎のお話の発祥の地で、この[ももたん]は桃太郎がモチーフです。
桃太郎や、赤鬼、青鬼がキャラクターとなっていて、それぞれの味に合わせて、キャラクターを充てています。
c0092610_16121960.jpg

『フルーツパフェ味』なるもには、桃をかぶったももたん。
『バターミルク味』には、桃太郎になったももたん。
『黒蜜きなこ味』には、赤鬼になったももたん。
『みたらし味』には、青鬼になったももたん。

c0092610_16122333.jpg
c0092610_16121294.jpg

と、言う風に、全ての商品の名前は[ももたん]に統一しておいて、一個一個に『ネーミングで差別化』するのではなくて、『キャラクターの色で差別化』してるんですよね。


ももたんみたいに、変幻自在なキャラクターで見た目で味を差別化できれば、いいですよね。
一つだけでなく、色んなキャラクターが小分けにして売られてると、全部集めたくもなったりしますしね。

現在では、岡山県だけでなく、色々なものを[ももたん]にしてしまう『にっぽんももたんプロジェクト』なるものがあるそうです。
(私が学生の時、個人的に[groovisions](グルーヴィジョンズ)というデザイングループが作った[チャッピー]という「着せ替えキャラ」がツボだったことがありますが、なんかちょっとそれに似ている気もします)



さて、だいぶ前の話なのですが…

尾鷲でお菓子のお土産で有名なものとしては、九鬼にある[虎巻き]か、尾鷲の福助堂さんで売っている[尾鷲節]が挙げられると思います。

名古屋で働く友達が、職場のお土産に、福助堂さんの[尾鷲節]を大量に買っていました。
私は冗談で友達に

「うちのクッキーをお土産に使ってよ」

と言ったら

「あんたとこのクッキーは美味しいけど、職場に持って行っても「尾鷲のお土産」としてわかりにくい」

と言われたことがあります。

確かに!

[尾鷲節]は美味しいですし、何せネーミングに「尾鷲」が入っていますから、一見してすぐに「尾鷲のお土産だな」ということがわかりますし、喜ばれると思います。

だから、お土産にしやすいんだな、と。
(一応、スケールで売るクッキーの贈答用の箱のシールや、紙袋に押すスタンプには、『cafe Scale』と『Owase』という文字が入っているのですが、横文字ではちょっと「尾鷲のお土産だよ」ていうアピールには弱いですよね。)

福助堂さんの尾鷲節は、長年築き上げてきたネームバリューやブランド価値が、お土産物として揺るぎない地位を確立しているのだと思います。

私が作っているクッキーが売れるスピードは、私一人が作るにはちょうどいいので(カフェの営業もあるし)、今のままでもいいのですが、ちょっとキャラクターを使ったお土産戦略なんかもしてみたいな、とも思います。


あと、もし考えうるお土産戦略があるとしたら……ものすごくベタですが……『ギフトセット』ですかね。
例えば、『スコーンとコンフィチュールのセット』とか『クッキーの詰め合わせ+紅茶の茶葉 or コーヒーの豆』とか。


[地域発 ヒット商品のデザイン]でも、こういうお土産物が紹介されていました。

c0092610_16225585.jpeg
そうそう、こんな感じで商品を作っていきたいんだよなー、とか思ったりして。



[地域発 ヒット商品のデザイン]を見ていると、色々と刺激になって楽しいです。



さて、もし、自分でキャラクターを作るならどんなキャラクターがいいかな?
動物がモチーフかな。植物がモチーフかな。

幸い、尾鷲には公認のゆるキャラもいないことですし、個人的に非公認の尾鷲ゆるキャラを作って、お菓子のPRに活用してもいいかもしれません。
(シールとかを作って袋に貼る、とか)


ところで、紀北町には[きーほくん]という観光PRキャラクターがいます。


c0092610_16302359.jpg


私、この[きーほくん]、結構好きなんですよね。
ちなみに紀北町はゆるキャラだけでなく、[紀北戦隊アババイン]というご当地ヒーローもいます。

ちょっとうらやましいです。


ちなみに熊本県の[クマもん]は基本的に著作権フリーで、熊本県のPRになるなら、そのデザインを自由に使ってもOKなんだそうです。

例えば、尾鷲も(公認キャラでも非公認キャラでもいいんですけど)、PR用のキャラクターを作って、販促用にであれば著作権フリーにして、自由に使える、なんてどうでしょう?


どうでしょう?って言われても困るか。






.

[PR]
by scale-158 | 2014-06-24 16:39 | art & design | Comments(0)