三重県の南部、尾鷲市にあるカフェ、scale-158での日常をお伝えします
by scale-158
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
cafe
sweets
cold sweets
cookies
pasta
drink
flower&plant
food
bread
zakka
events
art & design
photo
other works
owase
ippin muse
ukulele club『Pu-ca』
未分類
PROFILE
cafe Scale

開業:2002年2月
形態:カフェ

営業時間 8:00〜19:00
定休日 水・木曜日
住所 三重県尾鷲市宮の上5-11
電話  0597−22−5258

掲載写真の無断使用はお断りします。
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
お気に入りブログ
青空藝術計画
うちの食卓 Non so...
ビバ!ゆるゆる生活
函箱ブログ
隠れ屋アロマサロンHAS...
ことりんご
へうげもの offici...
ロマン座シネマ倶楽部
色ではなく寸法です
Transparent
日菓のあれこれ
ようこそ尾鷲市国際交流協会へ
珈琲日和
シャッター切るのが楽しくて!!
coupe-feti
- PHOTO-SW!T...
Bokuのtempo l...
東紀州コミュニティデザイ...
海山の材木屋さん
ずいぶん いいもの みつけたね
デザインのひきだし・制作日記
小石原さんの金継ぎ 繕い...
“しりトリオ”のしりとり...
尾鷲子育て情報局
Boku の monol...
映画『ひかりのおと』ブログ
最新のコメント
ありがとうございます。 ..
by scale-158 at 23:20
お大事にしてね?しんどい..
by freedom715 at 15:04
久し振りに拝見させて頂き..
by omura at 09:34
お疲れ様です。 確かに..
by omura at 18:18
muraさん、お越し頂き..
by scale-158 at 11:11
久しぶりの休日となったよ..
by omura at 17:46
omuraさん ありがと..
by scale-158 at 23:44
大地の揺れる感覚は何とも..
by omura at 11:57
とてもアクティブな方です..
by omura at 23:25
おむらさん。コメントあり..
by scale-158 at 12:23
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
本日、11月26日のメニュー
○朝のごあいさつ

おはようございます。
今日の尾鷲地方はくもり。
ちょっとはっきりしない天気です。

先日、このブログでも書いた『下北山BIYORI』。
奈良県は下北山村にある施設で、尾鷲からなら車で1時間ちょっとの所にあります。

『下北山BIYORI』は、主に、コワーキングスペース、シェアオフィス、イベントスペースとして機能しています。

最近、私の周りでこの『コワーキングスペース』『シェアオフィス』というワードが飛び交っていてよく耳にするのですが、私自身は、あまりそのイメージがつかめていなかったので、この『下北山BIYORI』さんにお邪魔しました。

行った理由は他にもあります。
私の周りの友達がこぞってこの『下北山BIYORI』に行っていること、そしてこの施設運営の代表である藤本さんと繋がっていること、です。
さらに、なぜか、その代表の藤本さん、なぜかカフェスケールのフェイスブックページをフォローしてくれているので、もしかしたら記憶にないだけで会ったことあるのかな?とずっと思っていたのでした。

私が『下北山BIYORI』に行った時は、残念ながら藤本さんは不在でしたが、その代わりに違う方に施設や取り組みの案内をしていただきました。


代表の藤本さんには会えなかったのですが、まあ、そのうちまた行けばいいや、と思っていたのですが、なんと藤本さん、昨日、スケールに来てくれたのでした。
(『夢古道おわせ』の伊東さんが連れて来てくれました)

ありがたいことに、ここのところ、そういう縁が縁を結んで、いろいろな人に会わせてもらっています。
この仕事のいわゆる『役得』な部分です。

今日は今日で、実は、前から注目していたある若者グループと会食することになりました。
それも私の友達が私を誘ってくれたからなのですが、本当にありがたいです。

面白い人が面白い人を連れてくる。
面白い人が面白い人を紹介してくれる。
そうやっていろんな人と繋がっていけるのが、今、とても嬉しく思っています。






では、本日のメニューです。



○本日のメニュー



○本日のランチ(11:30〜14:00)   ※電話での予約をお勧めしています

・エビドリア



○本日のケーキ(11:00〜)

・シフォンケーキ
・クレームブリュレ
・ブルーベリーチーズタルト
・洋梨のタルト



○今週のホットサンド(11:00〜)


・コンビーフのホットサンド


○今月のおすすめコーヒー


・スマトラ
   ¥450


○今月のおすすめの紅茶

・YUME(ゆめ) ¥450


○季節のおすすめメニュー

◯カプチーノ
・キャラメル ¥450
・ヘーゼルナッツ ¥450
・モカチーノ ¥450
・モカキャラ ¥450

◯チャイ
・キャラメル
・シナモン
・ジャスミン
・ジンジャーラム




【カフェスケールからのお知らせ】



○cafe Scaleの『部活動』



・cafe Scaleのブックトーククラブ『本夜茶會』(ほんやちゃかい)

月イチで開催しているブックトーククラブ『本夜茶會』。
夜な夜な本の虫たちが集まり、とことんマニアックに、エキサイティングにトークを展開していきます。

縦横無尽、予測不可能な展開のトークイベントは毎回熱気に満ちています。

回を追うごとに尾鷲のディープな人間が集まるようになってきました。



c0092610_09133828.jpg

『本夜茶會 第十七夜』

十七回目の今回のテーマは『装幀・装丁』
はたして本の虫たちはどんな装丁について語るのでしょうか。


・日時:2018年11月20日(火) 19:00〜
・会場:cafe Scale (尾鷲市宮ノ上町5-11)
・料金:無料(ドリンクをオーダーの際はドリンク代がかかります)
・テーマ:『装丁・装幀』




・cafe Scaleの映画上映クラブ 『Cinema Shoveling』(シネマシャベリング)


c0092610_09244407.jpg

カフェスケールで月イチで開催している映画上映会、『Cinema Shoveling』(シネマシャベリング)。
新しい映画上映システム、『popcorn』を利用した上映会です。




『Cinema Shoveling vol.11 「CuーBop」』(11/28

c0092610_09170633.jpg



〜作品解説〜(popcornサイトより転載)

二人の天才ミュージシャン。 一人はキューバへ残り、一人は国交の無いニューヨークへと去っていった。 家族と仲間が待つ故郷へ放蕩息子が帰ってくるとき、一回だけの感動のセッションがはじまる。
「ニューヨークから禁断の祖国・キューバへ。国籍が、肌の色が違っても、音楽があれば俺たちは手を取り合える」

 映画『Cu-Bop』は、困難に直面しながらも、それをものともせずに、自分の音楽を演奏し続けるキューバのミュージシャンたちを記録したドキュメンタリー作品だ。キューバに残り音楽活動を続ける者、ジャズの本場であるアメリカ合衆国に移住する者...。その両者の元へ、監督自らカメラを持って自宅に泊まり込み、寝食を共にしながら『音楽が生まれる瞬間』を記録する取材方式によってこの映画は撮影された。ハバナの片隅の古びた住宅地、ニューヨーク・ハーレ ムのディープなラテン人居住区、カメラは驚く程近距離でミュージシャンたちを記録し、生活と共にある本物のキュー バ音楽を活き活きと描き出してゆく。

 2015年に完成した本作は、同年米国・ロサンゼルスで行われた国際映画祭『PAN AFRICAN FILM FES』のオフィシャル・セレクション作品に選出。キューバが舞台となる自主制作映画でありながら、国交断絶中の米国・ロサンゼルスでワールドプレミア上映が行われる快挙を達成した。続く6月には米国最大の映像団体 AFI(アメリカ ン・フィルム・インスティトュート)がワシントンD.C.で主催する『D.C.Caribbean film fest』で上映。同映画祭では、ラテンアメリカ各国が多数の大規模な製作体制の映画を送り込む中、オープニング上映作品“The Openig night”に選出。

 日本製作のドキュメンタリーの枠を越えて、ワールドワイドな注目を集める中、アーティストインタビュー等の再撮影を加え、2018年に『Cu-Bop across the border』として新バージョンが完成、現在各地で精力的な上映活動が行われている。



・日時:2018年11月28日(水) 19:00〜
・会場:cafe Scale (尾鷲市宮ノ上町5-11)
・料金:1500円(ワンドリンク付き)

予告編






・cafe Scaleのウクレレクラブ 『Pu-ca』(プーカ)


c0092610_14212057.png



カフェスケールでは、趣味で弾くウクレレクラブ『Pu-ca』の活動を行っております。
活動、と言っても毎週1回、金曜日の夜にカフェにウクレレを持ち寄って練習をするだけのクラブです。
お茶を飲みながら、ゆっくりとウクレレの練習をしています。参加費などは無料です。お気軽にご参加ください。

2ヶ月に1回、プロの講師の方をお招きしてグループレッスンも行っております。
こちらはワンドリンク付きの有料レッスンとなっております。

たのしいグループレッスンです。見学だけでもけっこうですので興味ある方はぜひ来店ください。


c0092610_14284289.jpg



↑グループレッスンの様子



 〜ウクレレ自主練習〜
  日時:毎週金曜日 19:00〜
  会場:cafe scale
  料金:参加費は無料。但しドリンクを注文する場合はドリンク代がかかります。
  内容:各自ウクレレを持ち込んでの自主練習。
  備考:貸し出し用のウクレレあります





○cafe Scale出店のイベント


・『OWASE MARCHE おわせマルシェ』(12月2日)


c0092610_09202005.jpg

・日時:2018年12月2日(日)10:00〜15:00
・会場:三重県立熊野古道センター 芝生広場(三重県尾鷲市大字向井12-4)

昨年も行われた『おわせマルシェ』の第二回が開催されます。
雑貨、クラフト、パン、コーヒー、フード、農産物、ワークショップなどが並びます。

どうぞご来場ください。








.


[PR]
# by scale-158 | 2018-11-26 09:39 | Comments(0)
本日、11月25日のメニュー
○朝のごあいさつ

おはようございます。
今日の尾鷲地方は晴れ。
寒い朝です。

来週の日曜は、県立熊野古道センターにて『おわせマルシェ』とううイベントが開催されます。
カフェスケールも出店いたします。
(その日、お店はお休みになります。ご注意ください)


昨日、その『おわせマルシェ』の配置図が手元に届きました。

カフェスケールは、県立熊野古道センターの『展示棟』(向かって右手の大きな建物)のすぐ正面に位置しています。
よろしくお願いします。

配置図でカフェスケールは2ブース分の表記担っていますが、実はお隣の『トンガ坂文庫』さんと、ブースを一部シェアしての出店となります。

つまり2店舗(スケールとトンガ坂文庫)で3ブース分(横幅9m)を共同で出店します。
初の『ブックカフェ』での出店です。

カフェと本屋さんの間には、座ってコーヒーを飲みながら本を読めるスペースを作るつもりです。
ぜひ、ご来場ください。

c0092610_09043621.jpg


c0092610_09045323.jpg



c0092610_09050958.jpg







では、本日のメニューです。



○本日のメニュー



○本日のランチ(11:30〜14:00)   ※電話での予約をお勧めしています

・オムライス



○本日のケーキ(11:00〜)

・シフォンケーキ
・マロンのガトーショコラ
・ブルーベリーチーズタルト
・洋梨のタルト



○今週のホットサンド(11:00〜)


・コンビーフのホットサンド


○今月のおすすめコーヒー


・スマトラ
   ¥450


○今月のおすすめの紅茶

・YUME(ゆめ) ¥450


○季節のおすすめメニュー

◯カプチーノ
・キャラメル ¥450
・ヘーゼルナッツ ¥450
・モカチーノ ¥450
・モカキャラ ¥450

◯チャイ
・キャラメル
・シナモン
・ジャスミン
・ジンジャーラム




【カフェスケールからのお知らせ】



○cafe Scaleの『部活動』



・cafe Scaleのブックトーククラブ『本夜茶會』(ほんやちゃかい)

月イチで開催しているブックトーククラブ『本夜茶會』。
夜な夜な本の虫たちが集まり、とことんマニアックに、エキサイティングにトークを展開していきます。

縦横無尽、予測不可能な展開のトークイベントは毎回熱気に満ちています。

回を追うごとに尾鷲のディープな人間が集まるようになってきました。



c0092610_09133828.jpg

『本夜茶會 第十七夜』

十七回目の今回のテーマは『装幀・装丁』
はたして本の虫たちはどんな装丁について語るのでしょうか。


・日時:2018年11月20日(火) 19:00〜
・会場:cafe Scale (尾鷲市宮ノ上町5-11)
・料金:無料(ドリンクをオーダーの際はドリンク代がかかります)
・テーマ:『装丁・装幀』




・cafe Scaleの映画上映クラブ 『Cinema Shoveling』(シネマシャベリング)


c0092610_09244407.jpg

カフェスケールで月イチで開催している映画上映会、『Cinema Shoveling』(シネマシャベリング)。
新しい映画上映システム、『popcorn』を利用した上映会です。




『Cinema Shoveling vol.11 「CuーBop」』(11/28

c0092610_09170633.jpg



〜作品解説〜(popcornサイトより転載)

二人の天才ミュージシャン。 一人はキューバへ残り、一人は国交の無いニューヨークへと去っていった。 家族と仲間が待つ故郷へ放蕩息子が帰ってくるとき、一回だけの感動のセッションがはじまる。
「ニューヨークから禁断の祖国・キューバへ。国籍が、肌の色が違っても、音楽があれば俺たちは手を取り合える」

 映画『Cu-Bop』は、困難に直面しながらも、それをものともせずに、自分の音楽を演奏し続けるキューバのミュージシャンたちを記録したドキュメンタリー作品だ。キューバに残り音楽活動を続ける者、ジャズの本場であるアメリカ合衆国に移住する者...。その両者の元へ、監督自らカメラを持って自宅に泊まり込み、寝食を共にしながら『音楽が生まれる瞬間』を記録する取材方式によってこの映画は撮影された。ハバナの片隅の古びた住宅地、ニューヨーク・ハーレ ムのディープなラテン人居住区、カメラは驚く程近距離でミュージシャンたちを記録し、生活と共にある本物のキュー バ音楽を活き活きと描き出してゆく。

 2015年に完成した本作は、同年米国・ロサンゼルスで行われた国際映画祭『PAN AFRICAN FILM FES』のオフィシャル・セレクション作品に選出。キューバが舞台となる自主制作映画でありながら、国交断絶中の米国・ロサンゼルスでワールドプレミア上映が行われる快挙を達成した。続く6月には米国最大の映像団体 AFI(アメリカ ン・フィルム・インスティトュート)がワシントンD.C.で主催する『D.C.Caribbean film fest』で上映。同映画祭では、ラテンアメリカ各国が多数の大規模な製作体制の映画を送り込む中、オープニング上映作品“The Openig night”に選出。

 日本製作のドキュメンタリーの枠を越えて、ワールドワイドな注目を集める中、アーティストインタビュー等の再撮影を加え、2018年に『Cu-Bop across the border』として新バージョンが完成、現在各地で精力的な上映活動が行われている。



・日時:2018年11月28日(水) 19:00〜
・会場:cafe Scale (尾鷲市宮ノ上町5-11)
・料金:1500円(ワンドリンク付き)

予告編






・cafe Scaleのウクレレクラブ 『Pu-ca』(プーカ)


c0092610_14212057.png



カフェスケールでは、趣味で弾くウクレレクラブ『Pu-ca』の活動を行っております。
活動、と言っても毎週1回、金曜日の夜にカフェにウクレレを持ち寄って練習をするだけのクラブです。
お茶を飲みながら、ゆっくりとウクレレの練習をしています。参加費などは無料です。お気軽にご参加ください。

2ヶ月に1回、プロの講師の方をお招きしてグループレッスンも行っております。
こちらはワンドリンク付きの有料レッスンとなっております。

たのしいグループレッスンです。見学だけでもけっこうですので興味ある方はぜひ来店ください。


c0092610_14284289.jpg



↑グループレッスンの様子



 〜ウクレレ自主練習〜
  日時:毎週金曜日 19:00〜
  会場:cafe scale
  料金:参加費は無料。但しドリンクを注文する場合はドリンク代がかかります。
  内容:各自ウクレレを持ち込んでの自主練習。
  備考:貸し出し用のウクレレあります





○cafe Scale出店のイベント


・『OWASE MARCHE おわせマルシェ』(12月2日)


c0092610_09202005.jpg

・日時:2018年12月2日(日)10:00〜15:00
・会場:三重県立熊野古道センター 芝生広場(三重県尾鷲市大字向井12-4)

昨年も行われた『おわせマルシェ』の第二回が開催されます。
雑貨、クラフト、パン、コーヒー、フード、農産物、ワークショップなどが並びます。

どうぞご来場ください。








.


[PR]
# by scale-158 | 2018-11-25 09:07 | Comments(0)
本日、11月24日のメニュー
○朝のごあいさつ

おはようございます。
今日の尾鷲地方は晴れ。
とても寒い朝です。

先日、遅ればせながら(かなり遅ればせながら)、尾鷲でロケされたドラマ『それでも恋する』を観ました。

個人的には、40代独身女性が繰り広げる会話劇がとても面白い内容でした。

尾鷲でロケをした、というと、尾鷲に住んでいる者としては、尾鷲のどの場所で撮られたばかりに気を取られがちですが、それを排除しても、普通に楽しめる面白いドラマでした。

いい意味ですが、地域性と物語を無理矢理こじつけることなく、内容は内容で、風景は風景でいい感じに共存していたように思います。


例えば『ご当地もの』のドラマは映画などを作る場合、登場人物が無理にその土地の方言を使ったり、郷土料理が出てきたり、伝統行事が取り上げられたりしますが、それはそれとしていいものですが、それと物語を結びつけることは困難ですし、結びつけたところでそれを楽しめるのは実は地元の人だけだったりするものです。

そういう意味では『それでも恋する』は、まあ、だいたいどこの地域の人が見ても面白く、共感できる部分の多いドラマだったのではないかと思います。


先日も社会人向け大学のことをこのブログで書きました。
そこで『地域性』というものに囚われない方がいいのではないか、ということを書きました。

例えば、熊野古道とか、尾鷲ヒノキとか、漁業とか、伝統行事とか。
そういうことではなく、面白い『人』にフィーチャーした方がいいのでは、ということを書きました。

私は京都に行く時、『恵文社』という本屋さんに必ず行きますが、言ってもそれは『本屋』です。
京都なら寺社仏閣だろう、と思う方もいるかもしれませんし、私も寺社仏閣は好きですが、私は必ず、恵文社に行きます。

本屋さんに『地域性』はありません。
そこに伝統行事や景勝地は関係ありません。

が、なぜかそこでしか成立しない『何か』がありますし、そのお店があるおかげでその地域のアイデンティティのようなものが育っています。

私が思う社会人向け大学って、『そういうこと』だと思うのです。




では、本日のメニューです。



○本日のメニュー



○本日のランチ(11:30〜14:00)   ※電話での予約をお勧めしています

・エビとほうれん草のクリームパスタ



○本日のケーキ(11:00〜)

・マスカットのレアチーズ
・むらさきいものタルト
・マロンのガトーショコラ
・シフォンケーキ



○今週のホットサンド(11:00〜)


・コンビーフのホットサンド


○今月のおすすめコーヒー


・スマトラ
   ¥450


○今月のおすすめの紅茶

・YUME(ゆめ) ¥450


○季節のおすすめメニュー

◯カプチーノ
・キャラメル ¥450
・ヘーゼルナッツ ¥450
・モカチーノ ¥450
・モカキャラ ¥450

◯チャイ
・キャラメル
・シナモン
・ジャスミン
・ジンジャーラム




【カフェスケールからのお知らせ】



○cafe Scaleの『部活動』



・cafe Scaleのブックトーククラブ『本夜茶會』(ほんやちゃかい)

月イチで開催しているブックトーククラブ『本夜茶會』。
夜な夜な本の虫たちが集まり、とことんマニアックに、エキサイティングにトークを展開していきます。

縦横無尽、予測不可能な展開のトークイベントは毎回熱気に満ちています。

回を追うごとに尾鷲のディープな人間が集まるようになってきました。



c0092610_09133828.jpg

『本夜茶會 第十七夜』

十七回目の今回のテーマは『装幀・装丁』
はたして本の虫たちはどんな装丁について語るのでしょうか。


・日時:2018年11月20日(火) 19:00〜
・会場:cafe Scale (尾鷲市宮ノ上町5-11)
・料金:無料(ドリンクをオーダーの際はドリンク代がかかります)
・テーマ:『装丁・装幀』




・cafe Scaleの映画上映クラブ 『Cinema Shoveling』(シネマシャベリング)


c0092610_09244407.jpg

カフェスケールで月イチで開催している映画上映会、『Cinema Shoveling』(シネマシャベリング)。
新しい映画上映システム、『popcorn』を利用した上映会です。




『Cinema Shoveling vol.11 「CuーBop」』(11/28

c0092610_09170633.jpg



〜作品解説〜(popcornサイトより転載)

二人の天才ミュージシャン。 一人はキューバへ残り、一人は国交の無いニューヨークへと去っていった。 家族と仲間が待つ故郷へ放蕩息子が帰ってくるとき、一回だけの感動のセッションがはじまる。
「ニューヨークから禁断の祖国・キューバへ。国籍が、肌の色が違っても、音楽があれば俺たちは手を取り合える」

 映画『Cu-Bop』は、困難に直面しながらも、それをものともせずに、自分の音楽を演奏し続けるキューバのミュージシャンたちを記録したドキュメンタリー作品だ。キューバに残り音楽活動を続ける者、ジャズの本場であるアメリカ合衆国に移住する者...。その両者の元へ、監督自らカメラを持って自宅に泊まり込み、寝食を共にしながら『音楽が生まれる瞬間』を記録する取材方式によってこの映画は撮影された。ハバナの片隅の古びた住宅地、ニューヨーク・ハーレ ムのディープなラテン人居住区、カメラは驚く程近距離でミュージシャンたちを記録し、生活と共にある本物のキュー バ音楽を活き活きと描き出してゆく。

 2015年に完成した本作は、同年米国・ロサンゼルスで行われた国際映画祭『PAN AFRICAN FILM FES』のオフィシャル・セレクション作品に選出。キューバが舞台となる自主制作映画でありながら、国交断絶中の米国・ロサンゼルスでワールドプレミア上映が行われる快挙を達成した。続く6月には米国最大の映像団体 AFI(アメリカ ン・フィルム・インスティトュート)がワシントンD.C.で主催する『D.C.Caribbean film fest』で上映。同映画祭では、ラテンアメリカ各国が多数の大規模な製作体制の映画を送り込む中、オープニング上映作品“The Openig night”に選出。

 日本製作のドキュメンタリーの枠を越えて、ワールドワイドな注目を集める中、アーティストインタビュー等の再撮影を加え、2018年に『Cu-Bop across the border』として新バージョンが完成、現在各地で精力的な上映活動が行われている。



・日時:2018年11月28日(水) 19:00〜
・会場:cafe Scale (尾鷲市宮ノ上町5-11)
・料金:1500円(ワンドリンク付き)

予告編






・cafe Scaleのウクレレクラブ 『Pu-ca』(プーカ)


c0092610_14212057.png



カフェスケールでは、趣味で弾くウクレレクラブ『Pu-ca』の活動を行っております。
活動、と言っても毎週1回、金曜日の夜にカフェにウクレレを持ち寄って練習をするだけのクラブです。
お茶を飲みながら、ゆっくりとウクレレの練習をしています。参加費などは無料です。お気軽にご参加ください。

2ヶ月に1回、プロの講師の方をお招きしてグループレッスンも行っております。
こちらはワンドリンク付きの有料レッスンとなっております。

たのしいグループレッスンです。見学だけでもけっこうですので興味ある方はぜひ来店ください。


c0092610_14284289.jpg



↑グループレッスンの様子



 〜ウクレレ自主練習〜
  日時:毎週金曜日 19:00〜
  会場:cafe scale
  料金:参加費は無料。但しドリンクを注文する場合はドリンク代がかかります。
  内容:各自ウクレレを持ち込んでの自主練習。
  備考:貸し出し用のウクレレあります





○cafe Scale出店のイベント


・『OWASE MARCHE おわせマルシェ』(12月2日)


c0092610_09202005.jpg

・日時:2018年12月2日(日)10:00〜15:00
・会場:三重県立熊野古道センター 芝生広場(三重県尾鷲市大字向井12-4)

昨年も行われた『おわせマルシェ』の第二回が開催されます。
雑貨、クラフト、パン、コーヒー、フード、農産物、ワークショップなどが並びます。

どうぞご来場ください。








.


[PR]
# by scale-158 | 2018-11-24 08:40 | Comments(0)